FC2ブログ

2007/02/10(土) 16:14:04 [本・雑誌]

2月号はかしげさんとるいちゃんのサヨナラ特集号
あたたかい送る言葉が多かったように思います。

座談会は黒蜥蜴
楽屋取材はパリ空

さて、水さんチェックです。

まずは、雪組中日劇場公演インタビュー
印象に残ったところを少し・・・

柴田先生
・汀と水とではキャラクターが異なる為、今度は水の個性に沖田を引き寄せていう創り方をしています。
・「物事に拘らない爽やかさ」は共通していますが、汀の明るい少年のような沖田に対し、水の沖田は、思慮の加わった少し陰のある青年という印象です。水の個性によって、沖田の男らしい面も随分と前に出てきていますね。
・白羽は、(中略)水が演じる沖田の相手役として非常によいなと思います。


柴田先生、水さんたちのこと、よくわかってくださってますね。
嬉しいです。


尾上先生
・日々生きて生活する、ただそれだけの事が大切だというところにスポットを当てており、宝塚にあっては異色の作品
・今回初めて一緒に仕事をする水さんは、とても快活でさっぱりとした人。
・沢山の人を斬ってきた彼の、自分の命があと僅かだと知ってからの命に対する考え方の変化も、是非ご覧いただきたいと思います。


次回観劇の際の見るポイントにしたいと思います。

藤井先生
・今回は新生雪組の披露ですので、水夏希のクールで都会的な格好良さが出せるよう、前回より少しアダルトな作品を目指して創っています。
・水は実力も経験も十分で、満を持しての主演。
・雪組生は良い意味で個性が様々で新鮮です。(中略)一人一人が魅力を伸ばし、それが集まれば非常に面白い組になるのではないでしょうか。


藤井先生ありがとう~という思いですね。水さんらしさが出たショーになってます。

水さん
・相手役の白羽ゆりとは学年も近いですし、いい意味でぶつかり合いながら、呼吸を大切に演っていきたいですね。
・上級生の力をお借りして、(中略)皆と一丸となり、雪組の日本物を受け継いでいけたらと思っております。
Joifull!!Ⅱについて
・お客様と一緒になって楽しめる作品になればと思いますね。



客席、熱いですよね。次に行ったときも手拍子で一緒になって楽しみたいと思います。(時には、オペラを覗かせていただきますが・・・)


となみちゃん
・水さんと初めて組ませて頂く今だからこそ感じる感覚を大切に、雪組の皆と一緒に舞台を創っていきたいなと・・・。


ゆみこさん
・水さんとご一緒するのは久しぶりで、台詞を交わした時は懐かしさや嬉しさがありましたね。
・土方は、(前略)水さんよりしっかりしたお兄さんに見えるよう、とにかく大きく、強い男でいたいです。
Joifull!!Ⅱについて
・明るい場面から大人っぽい場面まで、歌って踊って弾けるショーに仕上がっていると思います。



となみちゃんも、ゆみこさんも本当に素敵です。となみちゃんと水さんは新鮮であり、かつ、とてもいい雰囲気です。ゆみこさんの土方さん、しっかりした頼れるお兄さんに見えてます。

2007年7つの質問
これは、トップさんたちのコーナーですね。
水さん初登場

小道具、3種類あるのですが、5人のトップさんのうちお一人がハートクッション、お一人がマフラー、3人が鬼のお面。
まさに、それぞれの方らしいです。あててみてください。

水さんのアンケートの回答、2月と言えば節分。
ちょっと古風でしょうか?


彩那のおっと〆切りだぁ~

水さんがお洗濯のうっかりミスでセーターをだめにしちゃったエピソードが書かれてました。お稽古でお疲れだったのでしょうか。


来月はカラーポートがありますね。
星影、清くの舞台写真も。




小道具 水さんはお面です。あと、とうこさんとかしげさん。
    ハートはおささん。
    マフラーはあさこさんです。

Comment


こちらでははじめまして。
どきどきしつつ初めてコメントさせていただきますm(__)m

中日もまた行かれる予定なんですね~。
行った方がみんな「水さんよかったよ~」っていうので、ちょっと気になるところではあるんですが、スカステでの模様を楽しんでるところです。

最近歌劇はナナメ読みなので、れんげさんの
チェックを見て読み返してましたよ~。

mayu1974さん、こんばんは。
来て下さってありがとうございます。

中日劇場、明日また行ってきます。
お芝居もショーも水さんの魅力がよく出ていて、ファンとしては何度でも見たい!状態です。(笑)でも、ちょっと遠いのでそういうわけには行きませんが。

歌劇、今日、ようやく買いました。
まだ、水さん関連以外あまり読んでいません。ぼちぼち楽しみつつ読みたいと思っています。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら