FC2ブログ

2008/09/13(土) 21:31:11 [『ソロモンの指輪』『マリポーサの花』]

今日は、W観劇でした。
午前は、2階A席センターブロック
午後は、1階S席下手端

1週間ぶりに見て思うことは、
まずは、ミズさん、その舞台上のネロとしての居方がより、リラックスしたとでも申しましょうか、
タカラヅカの男役さんとしてのカッコをつけたカッコよさという感じの部分がほとんどなくなり、自然な男らしさが増したように思います。自然な男らしさがなんともかっこよく溜息がでます。

ゆみこさんとのお芝居の呼吸も本当にぴったりで舞台ということを忘れて、まさにネロとエスコバルという二人の人物がすぐそばにいるような気持ちにさせられます。

きたろうくんが、どっしりとした存在感が増して、よくなったように思います。

リナレスが捕まる場面は荒っぽく緊迫感が増したように思います。


少しづついろんな面で変化していますね。
変化といえば、ネロが襲われて、「かすっただけだ」の血のりの面積が増えてました。前は血が二筋ほど垂れているってかんじでしたが。

W観劇して思うのは、ショーのジャングルは2階センターで見るのが美しいです。
全体が見通せるのと、ミズさんがせり下がられるぎりぎりまで見えますし。
ここのダンスもいいですね。昨日は海のシーンがさらによいと書きましたが、オペラでミズさんを見たらずっとそのままオペラで見たくなります。ひとつひとつの振りがあやしく魅力的です。表情も。

1階下手端で見たとき、祝祭の場面で、視線の先、舞台の上手上方に赤い宝石のついた金の指輪がつるされているのが目に入りました。ゆみこさんと桂ちゃんのゴールドの衣装が指輪の輪の部分で、赤い石の部分がミズさんの衣装のようにも見えました。

そういえば、ショーでかなめちゃんの髪型がとても素敵でした。シルバーの粉が金髪の間できらきら輝いて。髪型といえば、ミズさんも髪の毛を少し切ってられました。上のほうが軽くなっていました。

かなめちゃんといえば、下手端から見たとき、ミズさんが踊っているのを指輪の上から見ているところがよく見えました。


今日の特記事項は・・・(笑)
グラシャスのきめポーズのところで、ウインクプラス音入り投げキッスでした。
私の周りの席の方々、その瞬間小さく声をもらしてみなさんなぎ倒されてました。

今日の午後、ネロとエスコバルのシーン、ちょっとぐじゅぐじゅが足りなかった?でしょうか?
でも、その分、熱く強く熱演?

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら