FC2ブログ

2008/08/23(土) 17:57:40 [『ソロモンの指輪』『マリポーサの花』]

「忠告だよ」の場面といい、
「脳天ぶっ飛ばすぞ」の場面といい、
サルデイバルとの場面といい、迫力満点カッコイイです。

今日は、宙組さんの並びの日でした。朝は4時おきで眠い~。
寝てしまうかも?と心配しましたが、なんとか大丈夫でした。

今日は、1階S席前方下手、来年からSS席になるあたり。
幸せなことに、よいお席でした。はじめはなんだか落ち着きませんでしたが。(笑)
さすがに視力の悪い私でもほとんどオペラなしで十分です。
オペラを使うと、半身しか見えず、踊っていたりするとすぐ視界から出てしまいます。
でも、お芝居は微妙な表情の変化がよく分かりますね。
これまで、センターと上手が多かったので、ミズさんが下手をむいたお芝居は表情が見れなかったのでそのあたりはオペラを使いました。

リナレスとネロとの会話のシーン。重苦しい雰囲気がミズさんの眉間のしわからより伝わってきました。
セリアを紹介される場面も下手向き。他にも多々ありましたが、忘れてしまいました。(その瞬間はいろいろ思ったのですが)

この作品の主題歌が好きです。歌詞から物語の全てが思い出され、メロディーもきれいですから。
幕開き、この歌の歌詞をちゃんと聞くと物語の流れが分かるはず?なのでしょうけど、初見でちゃんと歌詞にまで注意が及ぶ人はどの程度いるのでしょうね。1回目はやはり目に見えるものに注意がいくような気がします。

前にも書きましたが、ミズさんの銀橋の歌が好きです。この物語の登場人物たちのおかれている状況を思うと歌詞が強く胸に響きますが、現在の自分たちの周りにも状況は違っても同じように思う事があるように思います。

そして、エスコバルの歌の歌詞、考えさせられますね。これも、エスコバルのことを思うと強く心に響きますが、今の自分にも響いてきます。

戦闘シーンが2階から見てすごい!と思いましたが、今日、1階前方から見てみると、これもまたとても迫力があってすごい!って思いました。ここは、一切オペラを使わずに見るべきところですね。全体が素晴らしいです。それに、初見でオペラを使ってしまうと戦いの意味が分からなくなることが多いのでは?と思います。

私が必ずオペラを使いたいのは、幕開き、白いスーツでゆみこさんと戯れるところの笑顔。
こんなさわやかでかわいい笑顔はこの作品ではココのみなので。と言いつつ、今日はオペラを覗かなかったような気がします。明日は必ず覗こう(笑)

オペラを覗くといえば、ラストのとなみちゃんの表情とマリポーサの花。
(必ず涙をさそいます。)

私の3大涙ポイントは、
マリポーサの花が箱から見える瞬間と、
エスコバルの歌とチャムロの声とエスコバルのせり下がり、
ネロの、たった一人のともだち発言でしょうか。

なんだかとりとめもなく書きましたが、今日は、エスコバルのたった一人の友達発言を初めて聞いたような気がします。いったいこれまで私って何を見ていたのでしょうか(笑)
見る方の気持ちで?演じ方によって?その時によって心にとどく言葉が違うということでしょうか。

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら