FC2ブログ

2008/06/14(土) 21:44:09 [『外伝 ベルサイユのばら -ジェローデル編-』]

もう、明日が楽ということで、封印していた初見のときに思わず突っ込んで笑ったところを続きに。
最大の突っ込みどころは、
ラストの聖堂の美しいシーンでのこと。

マントを落としたジェローデルさまが倒れて最期の時を向かえようとしたところで、
歌!

一瞬、アンドレの絶命のシーンやら思い出して、笑いました。さすが、ベルばら。(いえ、植田先生)


他にも、いろいろありましたが、すぐ、気持ちは切り換えて観ました。

スウェーデンのフェルゼン邸へ行ったのが
ジェローデルとマロングラッセ
もともと、原作ではジェローデルも行ってないので、以前のベルばらでそこはつっこんでましたが、
今回、原作では行けるはずのないマロングラッセ。
そして、荷物を持つお年寄りのマロングラッセ。
その上、なぜか(ジェローデルとソフィアを二人きりにするため)、フェルゼンにお手伝いを頼まれるマロングラッセ。

思わず笑ってしまいました。

Comment

マロングラッセ~
お邪魔します。
梅田で観ただけでウッカリ忘れてました。
全く同じこと思ったことを。
高齢の彼女に荷物持たせるジェロさまって、
いくら貴族でもあんまりだわとか。
どーしてフェルゼンがマロングラッセの名をしってるの?・・名乗ってましたっけ?
で、なんで彼女に荷造りを手伝わせるのかな~お屋敷の使用人は?
突っ込んでたらきりがないですけど、なんともまあとても楽しかったです!!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

yuuさん、コメントありがとうございます。

マロングラッセに親しげなフェルゼンさま(かわいい)に惑わされてましたが、確かに(笑)
外伝ベルばら、観劇後も思い出してはいろいろ楽しませてくれます。




1:22分の方、
相模原公演の観劇報告ありがとうございました。私一人で見せていただくのが本当にもったいない長文の力作です。とても楽しく読ませていただきました。

一部引用させていただきますが、もし、都合が悪ければおっしゃってくださいね。その時は削除しますので。

>見所はたくさんあったのです、やっぱり冒頭の聖堂の「ソフィア・・・」で、これからの
切ない結末が分かっているだけに、いきなり涙腺を刺激されてしまいました。

そうですよね。初見は新鮮な感動、でも、2度目のほうが胸にぐっとくるという面もあるんですよね。読ませていただいただけで、あのシーンを思い出しぐっときてしまいます。

>そして、ジェローデルがフェルゼンの元を訪ねる場面ではこみ上げてくるものがありました。
マロングラッセの「オスカル様は死にました」という言葉の後、それまでぐっと堪えていた
ジェローデル@ミズさんの目からポロポロ・・・と涙がこぼれ、それでも泣くまいと堪えている
姿は、悲しくて切なくて美しくて。。
同時に、フェルゼン@ゆみこさんの目からも一筋の涙が光っていました。この場面、
れんげさんのおっしゃる通りとってもつっこみ甲斐のある場面なのですが、今日は
この場面で泣かされちゃいました。

この場面、一方でつっこみつつ、一方で涙した自分を思い出します。

>そのメドゥーサの登場シーンでは、袖から登場してゆっくり客席を歩きながら両手を
伸ばした時に一人がタッチするとそのあと2、3人が遠慮しがちにタッチしてました。
それでもクールに歌いながら歩くミズさんとのギャップがとってもおかしかったです。
でも、あれって・・「触れてもいいですよー」っていうサービスシーンですよね、間違いなく!
ミズさん、完全にお客さんの頭上まであえて手を伸ばしてましたから・・・!
でもミズさんが舞台に向かって歩いていくところでは、通路側に座っていた人たちはどうして いいのか分からなかったみたいで、通路側から内側に向かって身体をのけぞらせて わざわざミズさんの手をよけてました(^-^; 
後ろから見てるとミズさんの歩くところにまるでウェーブが出来てるみたいで、ここでも笑ってしまいました。

通路近く座ってられた方たちの気持ち、よく分かります。どきどきされたでしょうね。そのウェーブ、見たかったです。(笑)

今日も、ご観劇ですね。楽しんできてください。

きっとあとで「なんださわってよかったのか!」と残念がっている方たちがいることでしょう。
私は左側の通路側だったので遠くから眺めているだけでした。こちらにきてくれたら絶対さわったのに・・・
名前が分からないのですが若手の男役さんが客席降りの時、端の席の女の子の手をポンってさわってあげてました。その女の子はすごくびっくりしてでもとっても喜んでました。帰りに連れの人から「一生の思い出ね」って言われてました。
私もメデューサの手をさわりたかったなあ・・・

yumiさん こんばんは

>きっとあとで「なんださわってよかったのか!」と残念がっている方たちがいることでしょう。

本当ですね。初めてだと気がつかない、でも、他の人の様子を見て、残念!とか思ったりした人もいただろうなって思います。
女の子は一生のいい思い出でしょうね。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

1:17分の方、
お久しぶりです。

>いや、ひょっとしてジャルジェ将軍夫妻は既に他界してジェローデルが拾ってやった設定?とか…

>やや頼りなげな感じのたにやんラファイエットが戦いにくそうな貴族のド派手な格好で、戦いをダンスで表現している姿が微笑ましくて微笑ましくて。

突っ込みどころの数々に楽しく笑わせていただきました。

また、お待ちしております~。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら