FC2ブログ

2008/05/31(土) 21:14:06 [『外伝 ベルサイユのばら -ジェローデル編-』]

快晴の広島でした。
今日は雨と覚悟して行きましたが、雨傘は日傘に。


広島城や平和記念公園を散策して後、広島厚生年金会館へ。
劇場は、舞台はせまいのに客席は広いという印象でした。端の端まで客席があり、人が座っていました。
友の会で演目未定時に購入した今日のチケットには、「宝塚歌劇雪組 広島公演」と書かれています。1階センターの後ろのほうでした。地元の?ほとんどの方が持ってられるチケットは写真入りのチケットでした。いいなあ。

広島出身はゴマちゃん。組長さんが声をかけてというようなことをおっしゃって、客席から大きな拍手とかけ声がかかってました。
ミズさんのご挨拶では、私事ですが・・・と、広島が10年以上ぶりというお話と平和記念公園のことや、広島焼きのことにふれられてました。そして、ゴマちゃんの名前を出しての大劇場へのおさそいと。
広島に来たのが10年以上あいているというお話のとき、しゃべりながら、あれ?ってかんじで、初日に続き、またまたかわいい挨拶第二弾といったかんじでした。

公演に関してのメモは続きに


お芝居ははじめのほうはマイクの音量が低いように思いました。ややききとりにくかったと思います。
それとハウリングも多かったかも。やはり、広島での1回目ということで何かと難しいのでしょうね。

今日の気分はまず、いきなりショーです。
ミズさんのプロローグの髪型がおかしい。(笑)分け目がなくふんわりとしていて、あっちむいり、こっちむいたりといったイメージで見たことないタイプでした。中詰めではカッコよく決めてきましたが。

センター席はいいですね。このびらびらつきの衣装の歌っている時のいろっぽい目線を独り占めって思えちゃうほどです。

話は前後しますが、メデューサの客席登場。
予想通り、下手側から。だけど、スポットライトがすぐにつかず、ついても、光の量が少なかったのですぐに分からない人も多かったようです。センター横の下手側のたての通路まで来たときに明るくなりました。そのあたりで、拍手がわーっと起こってました。ミズさん、手をひろげて。でも、ミズさんの手にそっとタッチした人は3人ぐらいでしたね。みんな遠慮気味?前まで行って、最前列の前を通過し、上手から舞台へ。
たとえ、タッチしても、ものすごくクールに歩いていかれるのですね。そのさまになったカッコよさがなんともいえません。さすがです。

舞台上では、石にしてしまったときの表情は強く激しい怒りと嘆きのエネルギーようなものを感じました。

シルバーの衣装のデュエットダンスでは今日の髪型も大人っぽいイメージで素敵でした。その時のゆみこさんのオールバック風ちょっとよこわけヘアがなかなか素敵でした。

結局はどのシーンも本当に美しくて素敵なミズさんでしたが、周りを見れば、まわりのみなさんも本当にきれいで素敵で輝いてました。








Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら