FC2ブログ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/16(土) 20:14:57 [エリザベート]

2階A席後方センターでした。
とっても見やすいよいお席です。

まあ、初めのトートさまは一瞬上が切れますが。

霊魂たち、黒天使たち、彫像たちの勢ぞろいする幕開きは本当にぞくぞくしますね。
そして、そんな中に登場するプロローグのトートさま、何度見ても美しい。
ただ、立っているだけでも、剣を振り回したお姿もカッコいい。

シシィとの出会いのシーンではまた今日も幸せな気持ちになりました。
やさしい雰囲気のトートさま。

結婚式のシーンの始まりのところ今日のオケはの音がちょっとおかしく、はらはらしました。まあ、無事、進んでいったのですが。

「最後のダンス」 堪能しました。
ウィーンのカフェ「奇遇です」のいつもの声を楽しみ、
シシィの居室の怒りのトートさまに引き込まれ、扉の外に出た苦しみのトートさまを思い、
ミルクの「そう」の声とその瞬間の色っぽい動きを同時に楽しみました。

鏡の間では美しいエリザを見て、すぐに目は銀橋へ。
座ったトートの天を仰いだ、センターの上からという角度からしか見えない表情が一瞬見えました。

2幕の幕開きのルキーニのアドリブは「美女がいっぱい。本当ですよ。」というような言葉をいいなかがら、手ではゴマすりのしぐさを。みんなが笑うと「笑ってもらえてよかった」
面白かったです。

「私が踊る時」 いい歌ですね。銀橋から真正面を向いて歌うとき、目がこっちを向いているんです。幸せな席でした。

ドクター・ゼーブルガー  もちろん楽しみました。その拒絶されて怒っているしぐさがまたカッコいい。

トートとルドルフの「闇が広がる」 迫力があって本当に素敵です。お歌のハーモニーもよかったです。

ルドルフにフランツが言う
「これがハプスブルク家の皇太子のしたことか」
「皇位継承は難しい」

それを聞いたトートの表情がふん、といった感じにそっけなくなってました。(冷酷~)

トートがルドルフをあやつって、命を奪うところ。 大きな見所ですよね。2階はいいですね。視界をさえぎるものがなので。最近、1階の下手端やら、上手端がおおくて見えない瞬間があったりしたものですから。このシーンのミズさんのダンスは死が迫ってくる迫力があってちょっと怖く、でも、甘く心に響きます。

棺の後ろにせりあがって、「死は逃げ場ではない」から、銀橋の「愛と死の輪舞」 大きな見所、トートのエリザの愛を求める思いが胸に迫ってきます。

最終答弁 カッコいいです。これも見所って、ミズさん以外のシーンを書いてませんがぜーんぶ見所ですね。エリザって。

フランツや、ゾフィや重臣たちや、マダム・ヴォルフや、リヒテンシュタインの歌や、カフェのシーンや、親戚たちや、もう見所一杯なんです。

ラスト、スモークの中のトートとシシィ。
幸せをじんわりと感じます。

フィナーレは
白いコートのダンスの時はミズさん、笑顔でこっちを(2階センター)向いてくれるので幸せ感にひたれます。
黒燕尾に着替えると、同じ鬘、同じ化粧なのに、ちょっと怖い、きりりとしたトートさまの雰囲気。
タンゴはなーんと、待ちに待った地毛。
もう一度見たいと思い続けていたので本当に嬉しかったです。
妖しい雰囲気で素敵でした。

















気持ちのよい、晴れの天気の中、入り待ちをしました。
ひなたは暑いのですが、日陰は気持ちがいい気候です。

今日のミズさんの入りの服装のポイントはゴールド。
それでいて、さわやかミズさんでした。
朝から大興奮の美しさ、素敵さのミズさんでした。

襟に縁取りのある、テーラーカラーの白いジャケットの中はゴールドの文字のある黒いTシャツ。紫っぽいジーパンにベルトも上品な金。靴の先にもちょうつがいのような金のかざりが。

帽子はいつもの黒のハンチング、薄いサングラスをされていました。

Comment

こんにちわ。
れんげさん、ご無沙汰しています。以前一回コメントしました。ゆきです。私も6月16日11時に観劇しました。魂を奪われてしまい、15時の貸切公演も立ち見してしまいました。海外に住んでいるのですが、ラッキーにも日本で長期に仕事することになり、東京に住んでいます。6日からいよいよ東京です。オフィスは劇場に近いので、ふらふらと毎日立ち見を求めて通ってしまいそう。。チケットはまだ12日の前楽しかとれていません。。でもとても幸福なんです。だってエリザが日本でみられるなんて、星影を見に帰ってきたときにま思いもしませんでしたから。日本と水さんを満喫したいと思っています。れんげさんは東京見にいかれますか?

ゆきKさん、こんばんは。
お久しぶりです。

同じ公演をご観劇だったのですね。
魂を奪われてしまうという表現、まさにその通りです。同じです。いまだにそうです。

しばらく日本におられるのですね。そして、オフィスが劇場に近いのはいいですね。当日券、ぜひいっぱいゲットしてくださいね。ミズさんと日本を満喫してください。

私は、幸せなことに、東京は千秋楽を見ます。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。