--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/09/23(木) 19:51:39 [本・雑誌]

すでに、10月号が発売になっているのに、今更ですね。

買ってすぐに、写真については書いたのですが、
あと、どうしても触れておきたいところのみ、今更ですが触れておきたいと思います。

宝塚GRAPH 2010年9月号。これも思い出の宝物の1冊となりました。


水夏希ラストインタビュー
色々な質問に対して、どのコメントも中身が濃いです。
特に印象に残ったのは、


大劇場の初日のカーテンコールの涙について

あんなにカーテンコールがあるとは思ってなくて・・・。だから最後はやっぱり退団についてふれなくちゃいけないなと思ったんです。挨拶では、「まだ退団の実感はないけど、ふとした瞬間にグッと込み上げてくるものがある」って言ったものの、実はすごくすごく実感していて。だから、退団のことに触れると、感謝の思いや寂しさが募ったり、色んなものが走馬灯のように蘇ってくるんですよ。20年間、よく走ってきたなぁとか思うと、込み上げてくるものがありますね。



感動的な初日のカーテンコールでしたが、ミズさんの思いを知り、そうだろうなと思っていましたよとか、思いました。

もう一つは、
ミズさんの自分に厳しいストイックな生き方についての質問で

そうかもしれない。でも、ずいぶん適当になりましたよ。音楽学校時代や下級生時代はものすごくストイックで真面目で厳しくて。その頃の私は、”まぁ、いいか”という言葉が大嫌いだったんです。、”まぁ、いいか”なんてありえない!って。でも今、しょっちゅう行ってるみたいで(笑)、下級生に「最後の公演ぐらい、まぁいいかって言うのやめません?」って言われるんですよ。でも、、”まぁ、いいか”と思える部分が、自分の男役としての大きさにもなったような気はしますね。



徹底的に物事を追求しつも、、”まぁ、いいか”が混じるのが大きさというのもよく分かるような気がします。


インタビューの次のページは、青空に立つミズさんとご挨拶のコメント

もっと もっと・・・
欲張りに時を過ごしてきました
今でも なお もっともっと・・・
はるか彼方へ
     
     ありがとう
          ミズ



8月20日ごろの発売ですから、まだ、早い時期のインタビューやコメントですよね。まだまだ、東京楽まで時間があった時。
その時点での思いが伝わってきます。そして、きっとこれからにも繋がっている言葉なのでしょうね。

Comment

更に…
更に、更に、更に…
今更なコーナーが楽しみです。

夢さん、こんばんは
コメント有難うございました。

更に、更に、更に・・・今更なコーナーですか(笑)どうでしょうか、場所を変えて登場するかもしれませんが。応援ありがとうございました。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。