--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/08/31(火) 20:26:24 [その他]

花組さんは、大劇場の楽を昨日無事終えられたのですね。
ニュース映像を見ました。
ミズさんと同期の絵莉さんが最後の大階段を降りて、ご挨拶されるところを見ていてなんだかじんとしてしまいました。簡潔で言いたいことをきちんと伝えた素晴らしいご挨拶だなあと思いました。

ただ、はっちさんの言葉に少々、傷つきました(笑)
すぐに東京に行くなんていわないで~と。

まだ、雪組は2週間あるのですよと。
家族Aも、カレンダーのところに行って、私の遠征観劇予定をチェックしてました。
「もう、終わったのかと思った」とか。

いえいえ、あと1回か2回行きますよ。楽はチケットありませんが、楽は2泊で行きますよともう一度念押ししておきました。


東京といえば、阪急の貸切でのご挨拶等書き忘れましたが、自分の記憶のために少々メモしておきたいと思います。
司会はミズさんの同期の愛さん。大劇場では、下手に司会の方が出られると思いますが、東京は上手なのですね。今回は特別?と思いましたが、よ~く思い出しましたら、前に君愛の時も阪急貸し切りに行ってその時の司会の高嶺さんも上手だったような気がします。

愛さん、開演前の挨拶で、99パーセント水夏希(懐かしい言葉ですね)でなくて、100パーセント水夏希だと思ってたとおっしゃってましたが、終演後のミズさんご挨拶の前にミズさんに何パーセント水夏希ですか?と聞かれ、それに応えたミズさん「100パーセントです」と気合の入った男役の声で言ってられました。
面白かったです。幕間にそんなおしゃべりなどされたのでしょうね。

ご挨拶は、阪急の貸切なので、阪急交通社でこれまでの舞台になったところを訪れたいというようなお話と、みなさんは、まずは、本場の大劇場にというようなお話と、これからも、阪急交通社と宝塚をよろしくお願いしますとのことでしたが、大劇場はいつも行ってるのよねなんてひねくれた思いを抱きつつ、前もそんなことを思ったっけと懐かしい思いを抱いて、いつだったかなあと思いをめぐらせたりしました。

貸切公演は何度も観ましたが、結局、一度も何も当たりませんでした。なかなか当たらないものですね。残念でした。

全ツのベルばらがスカステで放送されていましたね。そのナウオンを見て、とても懐かしい思いになりました。4年前ですね。みんな若いです。ついつい見入ってしまいます。当時の観劇のこともぼんやりと思い出してきて懐かしんでいます。見に行った会場のことやら、舞台のことやら。舞風さんとのボレロ、素晴らしかったなとか。

今回の花組さん、観そこないました。ミズさんのファンになってから、ミズさんの影響もあって、また、ミズさんのおられる宝塚を観るのが楽しくて、知っておきたくて、どの組も欠かさず大劇場公演は観てきましたのに。
観ようと思えば、ミズさんの東京公演のお稽古の時に観れたと思いますが、とてもそんな気持ちになれなかったのです。その後は、毎週東京でした。

ミズさんご卒業後はどうするのか?まだわかりません。どの組を観ても楽しく、一生の趣味が出来たと喜んでいましたが、そういう気持ちに水をさされることも多々ありました。雪組は演目に関係なく観続けたいとは思っていますが。

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。