--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/08/23(月) 21:24:38 [水さん]

またまた遠征でダブル観劇してきました。
ブルースバージョン。


今日の特記事項はJCBの貸切の時、舞台機構の点検のため、お芝居が途中で止まったことでしょうか。

45分ぐらい経過したところでした。ミズさんが歌って上手にはけたところから。
銀橋には次にちぎちゃんが出てくるのでライトがついたのですが、3秒ほどで消えたので、あれ?と思いました。

すぐに放送が入ったので客席は落ち着いて待っていました。


早速、ショーでのアドリブではこのことをネタにして、お詫びに、ワン モア タイムでした。
また、来てね (ウィンク)だと思います。

拍手が大きくて、また○○ねとしか聞こえなかったのですが、たぶんあっていると思います。離れた席で聞いた知人もそう聞こえたとのことでしたから。






午前がB席、午後が2階S席でした。
B席といっても近くてみやすいと思いました。オペラをあまり使わず、全体の動きの美しさを楽しみました。

午後はS席なのだからオペラをあまり使わずに見るべき?ところですが、ミズさんの宝塚の舞台を観れるのもあと数えるほどになってしまったので、徹底的にオペラでミズさんを追いました。例外は、月の王で照明が一つに合わさっていくところ。あそこはまだ、オペラで見たことがないかも?集まってしまって、ミズさんがポーズを決めてからはオペラで覗きますが。


ブルースバージョンの黒タキ、オールバックでのにやりは、なんともいえない色気がありました。



なぜ、ハードだったか?
それは、ダブル観劇の後、おちゃ会に行くため。
ただでさえ、時間がそんなにないのに、終演が15分ほど遅れましたから、おおあわて。
タクシーに向かってダッシュした人が多かったです。

何か少し食べる時間が欲しかったところですが、仕方ありません。
おちゃ会にはホテルにチェックインしても十分間に合いました。


とても多い人なのに、握手会があると予定が知らされました。
客席からどよめきが。その後、大きな拍手。
みんな、こんなに多くの人なので無理だと思っていたと思います。

秒単位でスムーズに流れた握手会でしたが、それでも、とても時間がかかりました。

終わりが遅くなり、帰りの時間が気になった人も多かったのではないでしょうか。
ラストのミズさんのご挨拶が、とてもなごり惜しいといった風情で言葉を選びつつ長かったです。


全体の流れの中で、印象が深かったのは、ミズさんへのプレゼントの革の燕尾。
「カッコイイ女性を目指します」
確かにそういう方向性を期待している私ですが、ちょっとびっくりのお洋服でした(笑)

計り知れないミズナツキさんです。

髪の毛が短くてもいいじゃないというようなこともおっしゃったような。
スカートをはかなくてもいいというようなこともおっしゃったような気も。

でも、会場の女性陣の服を女子になるからチェックしたというミズさん。
きっとなんらかの形でまたみんなの前に姿を現してくださることを予感しました。


ファンからのお手紙に一人ひとり返事は出来なかったけどというようなお話をされましたが、
それらへの答えもまとめておっしゃったんだなあと思わせられる発言も多々ありました。

やめるのをやめたくなったことは一度も無いというようなことをおっしゃったと思いますが、やれる全てをやってきたという充実感が伝わってきました。

お芝居について、ショーについて、大劇場の楽について等のお話がありましたが、楽のお話があったので、東宝の楽はまだですが、終わってしまった、そして、次へを感じました。大劇場の時はこれが最後のおちゃ会という寂しい思いが強かったのですが。そういえば、大劇場の時の思い出語りの続きが聞きたかったなあとも思いましたが、その時間はなかったですね。

楽といえば、ぽんぽんからペンライトへの流れが慌しかったというお手紙が多かったらしく、東宝では、間に少し何かを考えているといったこともおっしゃっていました。楽しみですが、そこには参加できないだろうと思うとちょっぴり寂しいです。

千秋楽まで、元気に頑張っていただきたいです。
東宝の楽屋が舞台とフラット面でないので体力温存に気をつけて少し遠いエレベータを必ず使うというお話を聞き、徹底しているなあと思うとともに今日はゆっくりされていることを願います。





Comment

こんばんは
タブル観劇の上におちゃ会に参加ですか~お疲れ様でした。
ハプニングもあったようですが出演者に影響が無くて何よりでした。
おちゃ会は最後まで水さんらしい集いだったんですね。何だか様子が目にうかびます。

それにしても遠征して宿泊する身にとっては月曜が休演日になってしまったのは残念ですね~

れんげさん、こんばんは。24日の昼公演を観てきました。(貴城けいさんが客席にいらっしゃいました。)
『ロジェ』が初日付近より密度の濃い舞台になっていて驚きました。やっぱり舞台は、生き物ですね。どんどん変わります。
雪組の出演者の演技も熱を帯びてきていて、緊迫感があり、引き締まったように思います。
そして雪組全体が水さんの退団公演を盛上げようとしているのがひしひしと感じました。まだ千秋楽まで公演はありますが既に『ロジェ』は立派な作品になったと思いました。

S.Iさん、こんばんは
コメントありがとうございます。

安全のため、多少待たされても、点検はきちんとしていただきたいですね。

おっしゃるように、ミズさんらしい集いでした。ファンに対する感謝の気持ちを随所に感じました。

月曜休演日は残念といえば、そうですが、月曜日は疲れてました(笑)夕飯が12時ごろになってしまい、寝るのも遅くなったので、眠かったです。休演日でなく、観劇したとしても寝てたような気が。

藤子さん、こんばんは

今日の観劇の情報と感想、ありがとうございました。嬉しくよませていただきました。
一方で、公演の残りの回数、私の観れる回数ともに、減っていってしまう寂しさを感じつつ。


Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。