--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/07/19(月) 21:11:05 [『ロジェ』『ロック・オン!』]

今日も、ダブル観劇でした。午後は阪急貸し切りではまこさんが司会でした。客席は大盛り上がり。はまこさんは、司会もお上手です。抽選のお手伝いはさきちゃんとももちゃん。

午前も午後もラテンバージョン。
午後は、ラストにウィンクが。

鬘は午後がストレート。


午後は1階センターの後ろの方の席だったので、ミズさんの客席降りの客席の様子がよく見えて面白かったです。進行方向の人は、離れていても、こっちこっちとばかり、手を振る人が多かったり、通路だけでなくその後ろの人もみんな手をさし出して、また、タッチだけだなく押している人もいて?なかなか前に進めなかったり・・・。両手を斜めに挙げて、だーっと走ったり。客席大興奮。


ワンモアタイムのアドリブは、午前は連休も終わり・・・盛り上がろう関連のアドリブ。ラストにウィンク。
午後ははまこさんネタ。
はまこさんを呼ぶも登場せず。(あたりまえですね)すっかり素敵な女性になってというようなことをラストに。

終演後のインタビューでは、ミズさんがはまこさんが司会ということで、ほんの三ヶ月前まで、「敬礼」といっていたというその「敬礼」の言い方が面白かったです。はまこさんは、ミズさんのインタビューのコーナーだからと軌道修正されていました。

お芝居では、復讐を思い抱いていきているけれども、普通に暮らしてきた人というところが難しいというようなお話。お芝居のラストは、それぞれタカラジェンヌとして登場して欲しいようなことを正塚先生がおっしゃったようです。ミズさんは、半々?の思いでやっているとのこと。



いつもは、目の疲れをきらって、オペラをセーブするのですが、今日は、かなりミズさんを追いました。
心に伝わってくるものが多いなあと思いました。


黒燕尾のところで、ミズさんをオペラで見ると、後ろのメンバーが一緒に見れるのですが、ミズさんが組子を見つめるところで、ミズさんを見つめる下級生が笑顔全開なのに比べ、きんぐくんとか、桂ちゃんとか・・・なんともいえな表情でした。以前はやわらかな笑顔だったと思うのですが。

お芝居のラストの組子全員登場のところも、歌詞のタイミングによってはさびしげな表情に見える人たちも目にはいってきました。





Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。