--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/31(月) 22:01:57 [『ロシアン・ブルー』-魔女への鉄槌- 『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』]

お芝居もショーも、とても盛り上がって、本当に楽しかったです。








余韻にひたりつつ、アドリブ以外で、思ったことを少々続きに

【続きを読む】

スポンサーサイト

2009/08/31(月) 20:59:28 [『ロシアン・ブルー』-魔女への鉄槌- 『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』]

お天気も、秋の気配が多少感じられてちょっぴりくもったりはれたりで、過ごしやすい1日だったと思います。

退団者の方々、みなさん、晴れやかな笑顔で大きな拍手の中、入って行かれたと思います。
でも、あませさんが、入られたときは、霧のミラノや、ソロモンの海の場面とか思い出して、見ている私のほうがじーんってしてしまいました。




アドリブ満載の楽しい楽でした。
今日の様子は続きに少々。

【続きを読む】

2009/08/31(月) 06:30:32 [『ロシアン・ブルー』-魔女への鉄槌- 『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』]

あっという間の一ヶ月公演。
よい楽になりますように。




昨日のメモは続きに

【続きを読む】

2009/08/29(土) 19:23:33 [『ロシアン・ブルー』-魔女への鉄槌- 『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』]

公演を楽しむこともラストスパートですが・・・

今日は、ブックマークの発売日でもありました。観劇の前に買う予定でしたが、開演45分前にキャトルに行くとレジに並ぶ長蛇の列。係りの人の『最後尾はこちらです』にあきらめて、終演後に買うことに。
すっかり忘れて帰ってきてしまいました。が~ん。(笑)
まあ、明日も行きますから、明日こそは。

そして、カスタマイズCDの主題歌CDを作りました。
ふふ、毎日楽しみたいと思います。

そして、全ツ。
今朝、ふと気がついたら、カード会社の先行が始まっていたのですね。
無事、梅芸の楽のB席をゲット。

ばたばたです。

今日の11時公演を見てきました。
アドリブ等は続きに

【続きを読む】

2009/08/28(金) 19:32:27 [水さん]

一ヶ月公演になったせいか?それとも、お芝居もショーも見ていてあっという間なので、そう感じるのか?速いです。
まだまだ、新鮮。いったい何度観た事でしょうか
まあ、ショーは全ツもありますから、まだまだ楽しめますね。ぽんぽんの再発売もあって、もっともっと盛り上がったらさらに楽しいなと思います。

明日から3日間、悔いなく楽しみたいと思います。


そんな、時期ではありますが、今日、NHKのBSで、映画のアンリー・デュナンの物語を放送していましたので、録画してちょぴり見ました。なかなかまとまった時間がとれないので、細切れで見ることになると思いますが、面白そうです。主人公は魅力的です。早く続きを見たいです。来年の雪組公演「ソルフェリーノの夜明け」がとっても楽しみになりました。素敵な作品になりますように。

2009/08/27(木) 19:34:09 [その他]

公式HPに、来年のカレンダーの掲載メンバーがupされましたね。

新商品が出るのですね。「宝塚パーソナル卓上カレンダー」。そういえば、今年からディスクトップカレンダーがなくなったので、その代わりでしょうか?

また、キャトルのHPには、2009年ブックマークの宣伝が載りました。1枚500円。
写真用クリアーフィルム使用ってどんなのでしょう?
サイズも8センチ×12センチ。
なんか、中途半端なサイズのような気もしますが、楽しみです。


カレンダーメンバー等の詳細は続きに。

【続きを読む】

2009/08/25(火) 21:25:39 [『ロシアン・ブルー』-魔女への鉄槌- 『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』]

15時公演を見て来ました。
結構、プログラムを広げている人が多く、開演を楽しみに待っているのだなあと感じられ、幕が開く前から劇場が楽しい雰囲気につつまれているような気がしました。



今日は、UCCの抽選会がありましたが、またまたはずれでした。
この手の抽選は、当たったためしがありません。

【続きを読む】

2009/08/24(月) 20:10:22 [水さん]

午前はOMCの貸切公演でした。
なんだか、いろんなところで、身振りでOMCとしていたように思います。




午後のピラニアの銀橋では、今日のお客様も最高!のようなことを言ってられたように思います。
とっても盛り上がってました。

午前も午後もペンライト、ぽんぽん、いっぱいできれいでした。



さて、夜。

【続きを読む】

2009/08/22(土) 21:26:10 [『ロシアン・ブルー』-魔女への鉄槌- 『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』]

行ってきました、15時公演。


まずは、キャトルでル・サンクとライトを購入。
ライトは、前は中でしか売ってませんでしたが、今日はキャトルにもありました。

キャトルでは、今公演の主題歌が流れていて、キャトルレーブアミで作れるのですよね。
今日は時間がありませんでしたが、(明日もないかなあ)
今度、時間のあるときに作りたいと思います。

【続きを読む】

2009/08/21(金) 20:24:52 [その他]

今日は、公式HPにいろいろupされましたね。

まずは、ぽんぽん。

2009/08/21

キャトルレーヴ 雪組公演『RIO DE BRAVO!!』ポンポン 再入荷のお知らせ(追)
雪組公演『RIO DE BRAVO!!』オリジナルグッズ、“ポンポン”におきまして、大変ご好評いただき、キャトルレーヴ全店で完売しておりましたが、再入荷日が決定しました。
商品の入荷日は、下記のとおりです。

キャトルレーヴ宝塚:8月29日(土)再入荷予定
キャトルレーヴ梅田:8月30日(日)再入荷予定
キャトルレーヴ日比谷・名古屋・福岡・ネット通販:9月17日(木)再入荷予定
キャトルレーヴ東京劇場:9月18日(金)公演初日再入荷予定

※各店舗、入荷次第の発売とさせていただきます。よって、上記日程の前日発売となる可能性もございます。



ようやくですね。
なんだか、大劇場組にとっては遅すぎる感じがしますが。
明後日、さそった友人は、ぽんぽん、楽しみ~と言っていますので、私のを貸すつもりですが・・・。

バウホール組の出演者発表もありましたね。

宝塚バウホール】
雪組
『雪景色』
公演期間:2009年11月19日(木)~11月29日(日)
※出演予定※
雪組
飛鳥 裕  早霧 せいな  沙央 くらま  大凪 真生  大月 さゆ
香綾 しずる  千風 カレン  悠月 れな  此花 いの莉  透真 かずき
白渚 すず  詩風 翠  央雅 光希  透水 さらさ  凛城 きら 
真那 春人  大澄 れい  桃花 ひな  彩風 咲奈  舞羽 美海
帆風 成海  亜聖 樹  鈴蘭 まあや  琉動 真瑳  寿春 花果 
大樹 りょう  花瑛 ちほ  月城 かなと  妃桜 ほのり

専科 汝鳥 伶





そして、桂ちゃんはディナーショー

2009/08/21

音月 桂 ディナーショー
<タイトル>『THE K-ingDom』-進化するK-

<構成・演出>齋藤 吉正

<出演者>(雪組)音月 桂
            愛加あゆ、雛月乙葉、煌羽レオ、悠斗イリヤ

<料金>25,000円(税サ込)


■宝塚ホテル
<日時>2009年11月7日(土)・8日(日)
ディナー 18:30~19:45/ショー 19:45~20:45

<場所>6階「宝寿の間」

■第一ホテル東京
<日時>2009年11月15日(日)・16日(月)
ディナー 18:15~19:30/ショー 19:30~20:30

<場所>5階「ラ・ローズ」



齋藤先生なんですね。全ツとかけもちで大忙しでしょうか?











2009/08/21(金) 20:08:36 [「情熱のバルセロナ」「RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)」]

公式HPに全ツの「情熱のバルセロナ」の解説ページがUPされましたね。


またまた、お写真が素敵です。髪型は、目にかぶりそうなぐらいはらりとしてますね。

出演者はこちら


【全国ツアー】
雪組
『情熱のバルセロナ』-スタンダール作「パルムの僧院」より-
『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』
公演期間:2009年11月14日(土)~12月13日(日)
※出演予定※
雪組 未来 優希
水 夏希  彩吹 真央  麻樹 ゆめみ  舞咲 りん
奏乃 はると  彩那 音  花帆 杏奈  神 麗華  涼花 リサ
真波 そら  緒月 遠麻 晴華 みどり  早花 まこ  大湖 せしる
彩夏 涼  紫友 みれい  祐輝 千寿 沙月 愛奈  花夏 ゆりん
涼瀬 みうと  蓮城 まこと  香音 有希  愛原 実花  朝風 れい
梓 晴輝  美乃 ほのか  希世 みらの  彩凪 翔  笙乃 茅桜
舞園 るり  千瀬 聖  久城 あす  天舞音 さら  杏野 このみ




楽しみですね。


2009/08/20(木) 20:28:57 [本・雑誌]

「きゃ~!カッコイイ!!」と心の中で叫んでました。


今月の表紙はミズさんです。
まさに、タカラヅカの男役さんモードのお写真です。
歌劇の表紙のトップスターの可愛くてきれいで素敵なミズさんとはまったく違う表紙で男っぽい。


プログラムのお稽古場風景のお写真を見ても、いつもカッコイイなあと思います。また、DVDを初心者の人に貸すと、お稽古場風景がカッコよかったという言葉を何度も聞きました。
宝塚の男役を演ずる、舞台化粧でないミズさんのまた、カッコイイこと。
あまりのかっこよさにドキドキです。

表紙はミズさんらしい線で、精悍な感じ。
中の2枚続きのページの2枚のお写真は今まで見たことのない雰囲気でしょうか。

篠山話に花が咲く
のスナップ写真2枚は、あの男っぽい写真と同じ服なのに、表情は柔らかで素敵な女性らしい感じ。
別人の様です。いろんな表情がそれぞれ決まっていてすごいなあと思います。




2009/08/19(水) 20:48:51 [『ロシアン・ブルー』-魔女への鉄槌- 『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』]

途中にだれるところがなく、55分があっという間感じられます。

見所満載で、初めてでもとても楽しいですが、回数を重ねて隅々まで目が行くようになるとさらに楽しいかもしれません。
そして、初の客席参加型は発散できます。


ミズさんで好きな場面は、私としては
ひとつは、ガロの場面。
銀橋では一瞬しか帽子をとらないあの瞬間が舞台写真で発売されてますね。
発売日の開演前に即購入。(笑)

で、話はそれますが、一つ、箱がからだったところがあったのです。レジに並んだら、なんと、私の大好きな場面、えんじの燕尾の大階段からおりたところの男役さんたちのダンスのシーンの写真を前の人が持ってられたのです。急いで売り場に戻りましたが、やはりなくて残念。でも、きっと在庫はあるはず、公演時間に補充してくれるだろうと思っていましたら、帰りに買えたので嬉しかったです。

ということで、もうひとつは、この場面(大階段からの男役さんたちのダンスシーン)

そして、もうひとつは、コメディと明るいショーに唯一つ異色な、美しい「愛の逃亡者」
別物語を見ているようです。

肝心の中詰めを忘れてました。あのぽんぽんの盛り上がりも大好きです。ミズさんの号令で、前を見て、まねして、ぽんぽんを振るというのが楽しいですね。

キャリオカの大人っぽいダンスの粋な感じもいいです。

がらっと雰囲気が変わった「風になりたい」もいいです。

そして、デュエットダンス。

きりがありません。


今回のショーではゆみこさんの歌を堪能できますね。素晴らしい歌声に酔えます。
ゆみこさんのシーンとしては、セニョールコパの場面がこれまでと違った面の魅力を見せてもらえて楽しいです。ナウオンを見ると、ファンの方は賛否両論のようですが。
ミズみなのデュエットの歌が心に沁みます。

桂ちゃんは、歌なしで、かわいく銀橋をはねて通るところがかわいくて魅力的。
ガロのシーンのチンピラ的な感じが面白くて魅力的。
赤い衣装のパンチのきいた歌た魅力的。


若手のサッカー場面の躍動感が爽快でとてもいいです。
スーパーの場面も楽しいし、
ピラニアちゃんの口をぱくぱくしているのも可愛い。
ゴッドファーザーもかっこよく登場して、面白い。

なんだか、すべての羅列に終わってしまいそうです。
やはり、見所満載で、楽しいショーです。



2009/08/19(水) 20:04:21 [『ロシアン・ブルー』-魔女への鉄槌- 『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』]

「ロシアンブルー」は、コメディの部分以外にも、歌やダンスやタップなどでの楽しさや爽快さ、ラブロマンスや、人としての思いや、歴史的背景も見所で、見所満載なのですが、回数を重ねて見ると、おしゃれなコメディの楽しさをより強く感じるようになってきました。
もっとも、1回目が1番笑ったのかもしれませんが、何度でも笑える、かわいい部分がいくつもちりばめられています。

コメディ部分って、2回目、3回目となると、予想がついて面白くなくなるもののように思っていましたが、そうではないのです。何度見ても面白い。
で、この頃は、次なる展開を思って、直前(1秒?2秒?前ぐらい)に笑ってしまっている時があることに気がつきました。楽しく心地よい笑いなのですね。

また、毎回ことなるアドリブ部分もとても楽しいです。

かわいいコメディ部分に笑いながら、普通の人なんだけど、カッコよさのにじみ出ているアルバートさまをまだまだ見ていたいです。一ヶ月公演は短いですね。

髪型も、普段は右にたらしていますが、黒燕尾の場面では、しっかり決めていてそれがまたカッコイイです。
幕開きには長い髪形も見れて、楽しく。
軍服姿は、霧のミラノが懐かしいですね。
背広姿も素晴らしい。

2009/08/19(水) 06:12:06 [『ロシアン・ブルー』-魔女への鉄槌- 『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』]

観てきました。
本公演とあちこちの台詞が変わってました。




思ったことは続きに

【続きを読む】

2009/08/17(月) 20:32:04 [『ロシアン・ブルー』-魔女への鉄槌- 『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』]

今日の呪文のアドリブは、魔法使いサリーちゃん

ミズさん「マハリクマハリタヤンバラヤンヤンヤン♪」
途中から、ゆみこさんも歌ってられました。

ゆみこさん「何させるんですか、まじょっこメグちゃん?」
ミズさん「サリーちゃんでは?」

のような感じでした。


惚れ薬のせり下がりの時に
ミズさん「さっきの呪文、サリーちゃんだと思う」
ゆみこさん「さりーちゃんでした」

再度言ってられました。とてもうけてました。

呪文のところで、初日から今日までなかったので、なかなかでないなあと思っていました。
私たち世代のマンガですから、ミズさんの世代にはなじみがないのかなあと思ったりします。
でも、ちゃんとメロディがついてました。


今日は、初宝塚の人も含めて、友人たちと観劇しました。
前回の友人の「お話が分からなかった」との反応に学んで、今回は、プログラムのあらすじをみんなに読んでもらいました。それと、主な登場人物の立場を説明しておきました。
みんな、お話、「分かった」とのことでした。

ライトは、青2本、黄2本買ったのですが、なんと、黄色は中詰めの「みなさんご一緒に」でつけてから、フィナーレの幕が下りるまでもちました。青は早々消えてしまいましたが。
当たり外れがあるのか?それとも、黄色のもちがいいのか?どっちでしょうね。でも、黄色を最後、幕が降りる時に振れて楽しかったです。








2009/08/16(日) 21:12:10 [『ロシアン・ブルー』-魔女への鉄槌- 『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』]

どちらも、お誕生日バージョンで温かく、楽しかったです。
11時が2階B席の上手よりと、15時がセンターブロックでした。







では、今日の公演については続きに。
ただし、今回の公演、情報量が多く、記憶は定かではありません。

【続きを読む】

2009/08/15(土) 21:24:57 [水さん]

ミズさんのお誕生日ですね。




2年続けて、お誕生日に観劇できることを嬉しく思います。
明日が楽しみです。

2009/08/14(金) 22:37:16 [その他]

中日劇場は

2009/08/13

月組
■主演…(月組)霧矢大夢

◆中日劇場:2010年2月1日(月)~2月24日(水)
<一般前売:2009年11月27日(金)>
<座席料金:A席7,500円、B席6,000円>

ミュージカル・ロマン
『紫子(ゆかりこ)』-とりかえばや異聞-
~木原敏江原作「とりかえばや異聞」(小学館文庫)より~
脚本/柴田侑宏  演出/大野拓史


ファンタスティック・ショー
『Heat on Beat!(ヒート オン ビート)』
作・演出/三木章雄



きりやんにはぴったりの演目だと思います。


DCは、

2009/08/13

花組
■主演…(花組)真飛 聖

◆梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ:2009年12月23日(水)~2010年1月6日(水)
<一般前売:2009年10月25日(日)>
<座席料金:全席7,500円>
◆東京特別(日本青年館):2010年1月15日(金)~1月22日(金)
<一般前売:2009年12月13日(日)>
<座席料金:S席7,500円、A席5,000円>

『相棒』
(C)テレビ朝日・東映
脚本・演出/石田昌也



流行のテレビの舞台化なのですね。生の舞台の魅力がうまく出せるといいなと思います。



バウは

2009/08/13


花組 
■主演…(花組)朝夏まなと

◆宝塚バウホール:2010年1月7日(木)~1月18日(月)
<一般前売:2009年12月5日(土)>
<座席料金:全席5,000円>

ミュージカル
『BUND/NEON 上海』
-深緋(こきあけ)の嘆きの河(コキュートス)-
作・演出/生田大和



月組
■主演…(月組)龍真咲

◆宝塚バウホール:2010年2月4日(木)~2月14日(日)
<一般前売:2009年12月19日(土)>
<座席料金:全席5,000円>
◆東京特別(日本青年館):2010年2月19日(金)~2月25日(木)
<一般前売:2010年1月17日(日)>
<座席料金:S席6,500円、A席5,000円>

ロック・オペラ
『HAMLET!!』
原作/ウィリアム・シェイクスピア
脚本・演出/藤井大介
河合祥一郎 訳「新訳ハムレット」(角川文庫刊)を参照



花組は演出家の先生のデビュー作、ぜひ成功して欲しいですね。
月組のシェイクスピアは、演じる人の魅力にかかっている?ロックミュージカルということですが、どんな作品になるのでしょうね。

2009/08/14(金) 22:21:23 [その他]

公式HPより

2009/08/13

『タカラヅカスペシャル2009 ~WAY TO GLORY~』
タカラヅカスペシャル2009につきまして、本年の開催概要が決定いたしましたので、下記の通りご案内いたします。

■開催日時
2009年12月19日(土)14時、18時   
2009年12月20日(日)12時、16時    

■会場
梅田芸術劇場メインホール

■座席料金
S席10,000円、A席7,000円、B席5,000円(税込)

■一般前売
11月14日(土)

■主な出演者
(専科)轟 悠
(雪組)水 夏希  
(星組)柚希 礼音
(宙組)大空 祐飛
 ※花組については未定です。

※その他詳細は決定次第、ご案内いたします。



とりあえず、日程が決まったから発表ということですね。
花組さんは、DCの初日の三日前ですね。

演出家の先生は未定ということでしょうか?
どんな内容になるのでしょうね。楽しみです。

2009/08/14(金) 22:14:08 [その他]

昨日、発表になったことを一応記録ということで。

大劇場ラインアップ

2009/08/13

2010年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】
<1~3月・星組『ハプスブルクの宝剣』『BOLERO』/2~4月・雪組『ソルフェリーノの夜明け』『Carnavale 睡夢』>

星組
■主演…(星組)柚希礼音、夢咲ねね

◆宝塚大劇場:2010年1月1日(金)~2月1日(月)
<一般前売:2009年11月28日(土)>
◆東京宝塚劇場:2010年2月12日(金)~3月21日(日)
<一般前売:2010年1月10日(日)>

ミュージカル
『ハプスブルクの宝剣』
~藤本ひとみ作「ハプスブルクの宝剣」(文藝春秋刊)より~
脚本・演出/植田景子

18世紀前半のオーストリアを舞台とした、藤本ひとみ作による壮大なスケールの大河小説「ハプスブルクの宝剣」から着想を得たミュージカル。大きな歴史のうねりの中、ヨーロッパ戦国時代を駆け抜けた、才気溢れる異色の風雲児エドゥアルト・オーソヴィルの波乱に満ちた生涯を描いた作品。ユダヤ人社会を逃れ戦乱の渦中に身を投じ、女王マリア・テレジアとの恋の確執、愛憎入り乱れる中、挫折を繰り返しながらも、ハプスブルク家を支え主君フランツとの友情を温めながら成長していく姿をダイナミックに描き出します。

グラン・ファンタジー
『BOLERO』-ある愛-
作・演出/草野旦

ボレロは、四分の三拍子のスペインの舞曲で、日本人にとても好まれる曲想です。そんなボレロの持つ甘さ、神秘性、迫力、情熱に乗せて、一組の男女の愛が幻想的に描かれるショー作品。ボレロの他にも多様な音楽を使用し、クラシックな美術を基調にした格調のある場面、荒々しいアフリカの原始的イメージを表現した場面など、多彩な魅力が明るく激しく美しく展開します。

雪組
■主演…(雪組)水夏希、愛原実花

◆宝塚大劇場:2010年2月5日(金)~3月8日(月)
<一般前売:2010年1月9日(土)>
◆東京宝塚劇場:2010年3月26日(金)~4月25日(日)
<一般前売:2010年2月21日(日)>

赤十字思想誕生150周年
宝塚ミュージカル・ロマン
『ソルフェリーノの夜明け』
-アンリー・デュナンの生涯-
作・演出/植田紳爾

現在、世界の186の国と地域に広がる“赤十字”の存在を知らない人はいないでしょう。その人道的活動団体・赤十字は、スイス人実業家アンリー・デュナンが、1859年6月、イタリア統一戦争の激戦地ソルフェリーノにおける傷病者の悲惨なありさまをみて、「苦しんでいる人は敵味方の区別なく救わなければならない」と提唱し、創設したものです。1864年、スイス等の16カ国がジュネーブ条約に調印。晩年(1901年)、アンリー・デュナンは世界平和に対する大きな貢献が認められ、第一回ノーベル平和賞を受賞します。情熱的で人間愛に満ちたアンリー・デュナンの波乱に満ちた生涯を通して、国籍、人種、宗教などにかかわらず、人の命や尊厳を守り、人々が平和に暮らしていくことの大切さを描いた作品です。

ショー・グランデ
『Carnavale(カルネヴァーレ) 睡夢(すいむ)』
-水面に浮かぶ風景(けしき)-
作・演出/稲葉太地

10日間に亙って繰り広げられる、水の都ヴェネツィアのカルネヴァーレ(謝肉祭)は、人々が仮装や仮面で本来の姿を隠し、豪奢に繰り広げられるクラシカルな祭りとして世界的に知られています。そのカルネヴァーレをテーマに、誰もが待ち焦がれ、心躍らせ、そして過ぎていくと一抹の淋しさを感じずにはいられない祭りの持つ性を劇場空間に表現したショー作品です。この作品は稲葉太地の宝塚大劇場デビュー作となります。



星組さんは、またまた景子先生ですね。コスチュームが映えそうです。


雪組のお芝居のテーマは「清く正しく美しく」を思わされます。
いい作品になることを祈っています。
植田先生といえば、最近ではジェローデルさま。とっても素敵なミズさんを見ることができたので、今回も期待したいと思います。と言いつつ、頭に浮かぶのは夜明けの序曲ですが


稲葉先生の作品は、たぶん私は観たことがないような気がします。解説を読むと面白そうですが、初大劇場、頑張っていただきたいです。

2009/08/14(金) 21:55:28 [その他]

お盆の最中というのに、公式HPでさまざまなことが発表になりました。







ちょうど、ロシアン・ブラボーの15時公演の幕間、携帯を見ている人、多数でした。
そこで、来年2月公演が雪で、その演目と演出家を知りました。



【続きを読む】

2009/08/14(金) 20:58:08 [『ロシアン・ブルー』-魔女への鉄槌- 『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』]

今日の客席は、家族連れの方が多い印象です。
プログラムを広げて、楽しそうな雰囲気があちらこちらで見受けられました。

今日も、ペンライトをロビーで販売していましたが、色数が減ってました。ちょっと残念です。
自作ポンポンをもっている人も結構いました。
主に、若い人ですね。







さて、簡単感想を続きに

【続きを読む】

2009/08/13(木) 21:36:55 [『ロシアン・ブルー』-魔女への鉄槌- 『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』]

今日は、W観劇でした。
15時の部、劇場に入ったら、プログラム等の売り場に小さな人だかりが。何かな?と思って行くと、ポンポン売り切れのお詫びの文とともに、ペンライトが1本150円で販売されていました。

ポンポンはもっていましたが、ためしに買ってみました。(笑)
ポンポンとペンライトと両方持って振ってみました。

ピンクとか、黄色とか、青とかありました。
あちこちで、いろいろな色が振られて、これまた客席がとてもきれいで、ミズさんもきらきら光ってきれいとか言ってられました。

ゆみこさんの、みなさんご一緒にという言葉で、ぽきんと折って、使いましたが、フィナーレではもう発行時間が終わっていました。フィナーレも振っている人がいましたが、きっと何本も買われたひとでしょうね。

販売されていることを知らない人も多いようでした。
売っていたの?と聞かれました。


その他は続きに

【続きを読む】

2009/08/12(水) 20:00:48 [水さん]

明日から、阪急電車も休日ダイヤですね。通勤時間帯には臨時列車も出るようですが。
回数券も土日回数券が使えます。
明日からお休みをとって、観劇三昧の予定です。楽しみです。




ロシアン・ブルーとリオ・デ・ブラボーのプログラム感想を続きに。



【続きを読む】

2009/08/10(月) 19:31:13 [『ロシアン・ブルー』-魔女への鉄槌- 『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』]

今日のタカラヅカニュースで流れましたね。

新、レポーターのお二人、フレッシュで楽しそうにされてました。

ミズさん、みなこちゃん、ゆみこさん、桂ちゃん。
それぞれの見所を話されてました。

ミズさんは、

人間らしいカッコ悪さ。
道に迷ってしまったり、ちょっとうじうじしてたしなめられたり・・・



そういうところが、なかなか可愛くて新鮮で見ていて楽しいですよね。

ゆみこさんは

何でも出来る執事兼秘書



アルバートに傅いているかと思いきや、一枚上手で指図しているのが面白いです。

桂ちゃんは、

明るいキャラクター、タップの場面



とのことです。タップはなかなか大変でしょうね。長いし。
なぜ行かせた~のところが面白い、
アルバートになったつもりで台詞を言うところが面白い。
その他の場面でも本当に明るいキャラクターで、気持ちがなごみます。

ショーの目玉は

ぽんぽん



とのことですが、売り切れてますよね。
今日、公式HPにお知らせが出ましたね。

2009/08/10

キャトルレーヴ 雪組公演『RIO DE BRAVO!!』ポンポン 完売のお知らせ
雪組公演『RIO DE BRAVO!!』オリジナルグッズ“ポンポン”を、キャトルレーヴにて販売しておりましたが、公演初日より大変ご好評いただき、キャトルレーヴ全店にて、完売いたしました。
現在、鋭意再生産を進めておりますが、商品の入荷日は現時点では未定となっております。
入荷日は、決定次第、当ホームページならびにキャトルレーヴ全店でご案内いたします。
今しばらくお待ちいただけますよう、よろしくお願い致します。



本当に、残念としか言えません。今、いるものですのに。


個人別では、
桂ちゃんは、ピンクの衣装でプロローグ、

ゆみこさんは、場面場面で違うキャラクター、

みなこちゃんは、デュエットダンス、

ミズさんは、黒塗りのカラフルを楽しんでもらいたいとのことでした。

また、見たことのない組み合わせもいっぱいあるので見逃さないように何度も見てくださいと言ってられました。


私としては、この4人のショーの見所は・・・
桂ちゃんは、怪盗ガロの場面の3人組み。そして、中詰めの銀橋の歌。銀橋からの男役さんたちのダンスのきめきめな感じとか。

みなこちゃんは、最後のミズさんとのデュエットダンス、そして、白い衣装の銀橋。若さを感じさせます。なんとなくうめちゃんの雰囲気を感じたりもしました。

ゆみこさんは、紫のシャツのいかした男が新鮮です。がらっと雰囲気が変わって、愛の逃亡者もなかなか魅力的。ラストのミズさんとみなこちゃんのディユエットの歌が好きです。

ミズさん。一番好きなのは、ガロ。帽子サングラスの銀橋もとっても素敵ですが、それらをとった本舞台も素敵で、ひろみちゃんとのやりとりもまた色っぽくていいです。
客席登場の中詰めもいいかな。
愛の逃亡者もせつなくていいですね。
大階段からの男役さんたちとのキザなダンス。

ほかにも好きな場面がいっぱいです。

客席で自分もぽんぽんを振ってますが、後ろの方の席に座ると、前の他の人たちが振るポンポンが、かすかにあちこちに見えてそれがひかって、とてもきれいで楽しかったです。さて、これは今後どうなんでしょうか。売り切れの影響が気になります。

2009/08/10(月) 18:50:44 [その他]

今日、公式HPで発表になりましたね。


2009/08/10

次期月組トップスターについて
この度、次期月組トップスターに霧矢 大夢(月組)が決定致しましたので、お知らせ致します。
なお、就任後初の公演は、2010年2月1日に初日を迎える月組中日劇場公演となります。




きりやん、おめでとうございます。そして、ファンの皆様、おめでとうございます。待ちに待ったこの瞬間でしょうね。きりやんでどんな作品が観れるのか?とても楽しみです。


きりやんといえば、
現在、ミズさんにどっぷりなので、思い出すのは、90周年特出アワーの花組公演。ラ・エスペランサ、タカラヅカ舞夢。

ファビエルさんがすぐに思い出されます。

その次に思い出されたのは、休演された、シニョールドンファン。
そして、無事復帰された薔薇の封印。

そして、暁のローマ。こちらは、その説得力が楽しかった。


大劇場の御披露目公演を楽しみにしたいと思います。
でも、なぜ、中日御披露目の演目が一緒に出ないのでしょうか?それは、ちょっと寂しいですよね。

2009/08/09(日) 21:34:02 [『ロシアン・ブルー』-魔女への鉄槌- 『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』]

今日は、15時公演を友人二人と観ました。






【続きを読む】

2009/08/08(土) 21:26:27 [『ロシアン・ブルー』-魔女への鉄槌- 『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』]

昨日、今日と宝塚は花火大会ですね。
帰りはすごい人出でした。
そして、淀川花火大会も今日です。
街には浴衣の人が目立ちました。





暑い1日、今日はW観劇してきました。
思ったこと少々は続きに。

【続きを読む】

2009/08/07(金) 19:54:03 [本・雑誌]

今頃ですが・・・。


今月の表紙は、ミズさんです。
爽やかで軽やかでいいですね。
その微笑が素敵でインパクト大です。
あごに持っていっている指の感じがミズさんらしいと思います。
ずっと表紙を眺めていても飽きない(笑)

今月号には百年への道のお写真が載っています。
どのお写真も小さくて記録用といった感じでしょうか。
みなこちゃんとミズさんのデュエットダンスのお写真もありますが、ダイナミックな雰囲気が出ていますね。

ページをめくると、AQUA5のコンサートのお写真。
どれもいい雰囲気で、早くDVDを見たいと思わされます。

TAKARAZUKA Newsのページは、1ページ目の1番上の段は、ゾロの東京の新人公演にミズさんとゆみこさんと桂ちゃんがサプライズ出演したときの記事で写真もあって嬉しいですね。

2段目はアクア5コンサートの囲み取材。

座談会はロシアン・ブルーとリオ デ ブラボー!!
お芝居は9人、ショーは12人の出席です。

ロシアンのほうで印象的だったところは、ミズさんの

プロローグを見ていると、世代交代を感じますね。例えば『ベルサイユのばら』で民衆をやっていた時に後ろにいた子達が今は一番前でやっていて。その子達には、以前民衆役を一番前でやってた子達と同じぐらいの迫力でやってもらいたいし、今それを見ている下級生達がいつか一番前に来る時には、また同じように頑張ってくれたらと。



汝鳥さんが、「それがきっと宝塚の良さだね。」とおっしゃってますが、とぎれることなく続いていって欲しいですね。

ショーのほうは、齋藤先生の
「夏休み期間ということで、遠くのリゾートより身近なパラダイス、宝塚大劇場に」
が印象的。

そのつもりですよということで。


あなたはどっち派?朝型?夜型?
みごとに予想がはずれてますね。意外でした。

花帆さんの絵と文
ミズさんが、コマちゃんとちぎちゃんの踊りを見ていた時の、アントルラッセのところのチギちゃんが面白いです。


| HOME | Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。