--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/05/31(土) 21:14:06 [『外伝 ベルサイユのばら -ジェローデル編-』]

快晴の広島でした。
今日は雨と覚悟して行きましたが、雨傘は日傘に。


広島城や平和記念公園を散策して後、広島厚生年金会館へ。
劇場は、舞台はせまいのに客席は広いという印象でした。端の端まで客席があり、人が座っていました。
友の会で演目未定時に購入した今日のチケットには、「宝塚歌劇雪組 広島公演」と書かれています。1階センターの後ろのほうでした。地元の?ほとんどの方が持ってられるチケットは写真入りのチケットでした。いいなあ。

広島出身はゴマちゃん。組長さんが声をかけてというようなことをおっしゃって、客席から大きな拍手とかけ声がかかってました。
ミズさんのご挨拶では、私事ですが・・・と、広島が10年以上ぶりというお話と平和記念公園のことや、広島焼きのことにふれられてました。そして、ゴマちゃんの名前を出しての大劇場へのおさそいと。
広島に来たのが10年以上あいているというお話のとき、しゃべりながら、あれ?ってかんじで、初日に続き、またまたかわいい挨拶第二弾といったかんじでした。

公演に関してのメモは続きに


【続きを読む】

スポンサーサイト

2008/05/30(金) 20:39:49 [その他]

今日、公式HPで来年度の公演日程や座席料金の変更が発表になりました。


一部引用

(1)実施概要
 宝塚歌劇では、1998年1月の宙組誕生に伴う5組化(花・月・雪・星・宙)と同年3月からの東京での通年公演開始により、東西の本拠地劇場で年間を通して公演をご覧いただけるようになりましたが、現行の興行数が両劇場ともに年間8興行であることから、年間1興行しか公演を行うことができない組があります。
 そこで、各組の出演者が本拠地劇場で多くの作品に出演する機会を増やして一層の技能向上を図り、将来にわたってスターを育成・輩出していくとともに、お客様に各組の多彩な公演(作品)をお楽しみいただけるようにするため、両劇場での興行数をこれまでの年間8興行(1興行が約1ヶ月半)から年間10興行(1興行が約1ヶ月)に変更いたします。




「各組の多彩な公演(作品)をお楽しみいただけるように」
という意図があるのでしたら、たとえば、経費を浮かせるために続演とかを増やす等はやめてくださいね。なんて思ってしまいました。
それと、多彩な作品ということは、「好みの作品を選びなさい」ということなのかなあとも思えたり。まあ、今でもそういう人が多いのかもしれませんが、期間が短いと私の場合、全組を見るというのは難しくなるような気もします。ハードなスケジュールでもどの組も見たくなるように、いい作品を創っていただきたいですね。

(新公演スケジュール・予定)
宝塚大劇場 東京宝塚劇場
月組公演 (2008年11月7日~12月11日) 1月3日~2月8日
花組公演 1月1日~2月2日 2月13日~3月22日
星組公演 2月6日~3月9日 3月27日~4月26日
雪組公演 3月13日~4月13日 5月1日~5月31日
宙組公演 4月17日~5月18日 6月5日~7月5日
月組公演 5月22日~6月22日 7月10日~8月9日
星組公演 6月26日~7月27日 8月14日~9月13日
雪組公演 7月31日~8月31日 9月18日~10月18日
花組公演 9月4日~10月5日 10月23日~11月22日
月組公演 10月9日~11月9日 11月27日~12月27日
宙組公演 11月13日~12月11日 (2010年1月~2月予定)




まあ、スケジュールより値上げのほうが気になります。
タカラヅカは他の演劇等に比べたら安いとはいえ、ちょっとつらいです。

2008/05/29(木) 20:13:37 [その他]

風邪は、意外とあっけなく治りました。
せきがひどかったので絶対あとを引くと思っていたのですが嬉しい誤算です。
ただし、その代わりといってはへんですが腰痛です。
昨日よりはちょっとましなので明日はもっとまし、明後日はさらにましだろうと希望的に考えてます。


さて、夏の大劇場公演をいつ観にいくか、ここのところずーっと頭を悩ませてます。
長期公演でもありますし、土日以外にも夏休みが数日とれるので、いつお休みをとれるか?ということも考えつつ。
ここのところ風邪がなかなか治らなかったりしたので立て続けに公演を観ると体力的に無理かもと思ったり、でも、たくさん観たいと思ったり。ゆれます(笑)
ポスターもとても素敵でいろいろ想像してして、本当に楽しみです。

全ツの広島公演も明後日に迫ってきました。
こちらもとっても楽しみです。でも、次に観るときが私の楽でもあるので、早くきて欲しいようでもあり、終わって欲しくないようでもあり、複雑です。

なんだかんだ言いましたが、結局はどっちもとてもとても楽しみです。




【続きを読む】

2008/05/25(日) 08:59:52 [『外伝 ベルサイユのばら -ジェローデル編-』]

全ツのミロワールについて何も書いてませんでした。


梅芸で観て、風邪が治ったかな?と思ったのもつかの間、咳が出てきてまた新たな風邪?こじらせた?で全く頭は働いてません(今週末までには治したい)が、簡単メモということで、続きに。

【続きを読む】

2008/05/24(土) 11:41:13 [『ソロモンの指輪』『マリポーサの花』]

公式HPにポスター画像がupされましたね。


哀愁のある雰囲気が、ミズさんの表情が素敵で公演がとっても楽しみになりました。




【続きを読む】

2008/05/24(土) 09:17:43 [本・雑誌]

ようやく買ってきました、6月号。


今月号の表紙はミズさん。

今月号のミズさんの登場は
Cover Special
篠山話に花が咲く
電話ですよ!もしもし交流館~まとぶん


篠山話のコーナーは、いつも興味深く見ているのですが、なかなかインパクトの強い会話です。(笑)
篠山先生、

 今日のみずさんは少しお疲れかなと、最初にそう感じたので、ならば、そんな時だからこそ出て来る色気を撮ってやろうと(笑)



しろうと考えでは、お疲れを隠してカッコよく撮ろうとか思ってしまうところですが、「そんな時だからこそ出てくる色気を撮る」とおっしゃる篠山先生、

そして、ミズさんも

 (前略)私自身、そういう何かが出ていたらいいなと思っていたんです(笑)



マイナス面も隠すことなく、いろんな面を引き出してもらおうと考えるミズさん。
そして、それがまた魅力的な写真になっているのがすごいって思いました。

前回は、挑発的な生命力を感じる強い印象のお写真でしたが、今回は、シャープでいてナチュラルでいて、一枚ベールのかかったやわらかな面を感じさせるお写真です。どちらも、見ていて、いろいろな背景とか状況を思い巡らしたくなるお写真です。

いつもよりテンポをあげて撮って下さった篠山先生、やさしいですね。
篠山先生が、ミズさんを撮ってきた歳月、「組んできた時間」のことを「となみさんより長い」とかおっしゃり、またもや、お茶目な先生です。

今月号の電話ですよのコーナーでは、
ミズさんは、真飛さんのことを「まとぶん」って言って?られますね。
ミズさんのコーナーのとき、真飛さんのことをゆうって言ってられたのですが、今回は4人のトップさんともに違った呼び名になったので誰かが調整したのでしょうか?
とうこさんは、「ゆう」
あさこさんは、「うんたちゃん」
タニちゃんは、「ゆうすん」


来月号は水さんは、Updateです。
今月号のこのコーナーは桂ちゃんで、健康オタクが分かって、いつもとっても元気な桂ちゃんですが、裏ではこういう面でも努力されているのを知りました。睡眠時間も意識してとってられますね。

2008/05/23(金) 18:33:21 [水さん]

3面のエンタのページの芸能ガイドのコーナーに、小さいですが、水さんの記事が載っています。

ぱっとページを開けたら、姿月あさとさんの可愛いお写真が目にとびこんできて、わっ、ずんこさんかわいいとか思いつつふと斜め下を見たら、なんと水さんのお顔のみですが、カラーのお写真が。(初日のインタビューの時のお写真?)

記事のタイトルは

 ベルばら もう一つの恋



ミズさんは、

 これまでのベルばらを新しい角度から見つめた新作で久しぶりに緊張している


というようなことを語ってられます。
7センチ×10センチ程度の小さな記事ですが嬉しいです。


2008/05/21(水) 21:06:13 [スカイステージ]

タカラヅカニュースで初日の様子が流れていますが、今日で3日目。
たぶん、明日はないですよね。ちょっと寂しいです。

初日の様子を放送してくれるのはとっても嬉しくて、舞台を思い出せて、ありがたいのですが、細切れ映像ということもあり、断然、生が素敵です。素敵さはあんなものじゃなかった。とか思いつつ、でも、うっとりと見ています。次は土日の総集編で見れるでしょうか。

今日のニュースでは、バウ組のお稽古場映像も流れていました。なかなかいい感じでした。再演ですから、ああ、あの役だとか思いつつ見ていました。全ツ組も出演者のみなさん、一人ひとり、みんなとっても素敵だなあと思っていましたが、バウ組も負けていません。こちらも楽しみです。





2008/05/20(火) 21:25:52 [『外伝 ベルサイユのばら -ジェローデル編-』]

ベルばらにあまり期待はしていなかったんです。
どんなお話になるのか全く見当もつかず。

ミズさんがトップさんになられてから、沖田さん(若々しく、さわやか)、トート(人間ではない)、ジョルジュ(かわいい)と、どれもそれぞれにとても素敵で魅力的でしたが、そろそろ、「大人の男役」らしいものが見たいと思っていました。という意味で、次の大劇場公演に大きな期待をしていたのですが、まさか、ベルばらで魅力的な大人の男役が見れるとは。嬉しい誤算ですね。まあ、今回はさわやかタッチですから、大劇場にはドロドロタッチを期待する?ことにしたいと思います。


梅芸では、またまた、グッズをいろいろ買ってきました。(笑)
ミズさんグッズのバッグ、ツアーバッグ、クリアファイル、メモ帳、タオルハンカチなど。
どれもきれいで見ているだけで楽しいです。
ようやく、ちらしももらってきました。ちらしも美しい~。

2008/05/19(月) 20:38:25 [『外伝 ベルサイユのばら -ジェローデル編-』]

観劇を思い出すのは幸せな時間です。

どの場面もミズさんは美しく、いろんな側面を見せてもらえました。
修道院の場面、舞踏会の場面、軍人としての場面、ソフィアとの場面、オスカルとの場面。

初日も鬘が良く似合って美しいと思ったのですが、2日目、ブルーのアイシャドーが入って、さらに麗しさアップのように思いました。


ネタバレを含むかもしれませんので、続きへ

【続きを読む】

2008/05/18(日) 21:59:29 [『外伝 ベルサイユのばら -ジェローデル編-』]

大人っぽく、クールで美しいミズさんでした。
お芝居もショーも。
何度でも観たいところですが、全ツ、そうもいきません。DVDの発売日が楽しみです。


お芝居のラストでは、今日も涙が。いえ、昨日よりもストーリーを知っている分、よりせつなく感じたのかもしれません。
天国の馬車とかでごまかされたりしてますが、よく考えると、ベルばらっていつも悲劇ですよね。ジェローデル編を観て、ふとそんなことを考えました。ジェローデル編は、ラストシーンは美しくさわやかであり、かつ、悲しみが胸にずっしりときます。


いよいよ、全国に出発ですね。これぞ宝塚の2本立てで。梅芸楽はおおいに盛り上がりました。
この2日間でも舞台は変化したように思います。きっとまだまだ進化していくことでしょう。



2008/05/17(土) 22:09:17 [『外伝 ベルサイユのばら -ジェローデル編-』]

幕があくといきなり、赤い衣装のミズさんの登場です。両脇はゆみこさんと桂ちゃん
宮廷の男・女と大勢で華やかです。

みんなが引っ込んで、ミズさんが残り、となみちゃんの登場でデュエットダンス。
次はゆみこさん、桂ちゃん他仕官たちのダンス。
・・・と華やかなプロローグが続きます。ミズさんは、白い軍服に着替えてきます。
新しい歌はわかりやすいメロディーで耳になじみます。
ベルばららしい雰囲気です。

以降、ネタバレを含むかもしれませんので、続きに書きます。

【続きを読む】

2008/05/17(土) 21:28:04 [『外伝 ベルサイユのばら -ジェローデル編-』]

祝・初日


とってもいい初日でした。お芝居は、ばっちりでした。
外伝3部作のトップを飾っての初日ということで緊張されていて、無事公演が終わってほっとされたのか?2回目に幕が開いた時のご挨拶はわけがわからない感じになっちゃってました。なんだか可愛かったです。

2回目の公演でハプニングがあり、水さんがメデゥーサの時、5段ほどの階段からこけて、落ちたのでどきっとしました。すぐ立って踊られましたし、その後、普通に踊ってられて大丈夫かなとは思っていました。だけど、心配と思ってましたら、最後のご挨拶で、「ハプニングがありましたが、大丈夫です」とかおっしゃって、右、左と大羽根を背負ったまま両足そろえてぴょんぴょんはねて見せて下さいました。
それを見て安心して帰ってきましたが、きっと打ち身とかになっているでしょう、たいしたことがありませんように。

お芝居の感想は、一言でいうと、「せつなくて後を引く」そして、まさしく「ジェローデル編」ということでしょうか。ジェローデルの思いが、その時その時で痛いほどよく分かります。
なかなかずっしりとくるお話でした。

ミズさんは、どの場面でも本当に美しかったです。

2008/05/16(金) 21:17:23 [『外伝 ベルサイユのばら -ジェローデル編-』]

最高気温は26℃最低気温は15℃の予報です。

いよいよ、明日から始まりますね。
全国ツアー雪組公演。
梅芸はお昼の部が12時開演、夜の部が16時30分開演です。


お稽古場映像が素敵でとても楽しみであるとともに、新作ということで、ちょっぴり緊張です。







2008/05/15(木) 20:56:44 [水さん]

先週の土曜日から風邪をひいています。そう、花組さんを観にいった日から。
ダウンするほどではないのですが、なかなかすっきりとしません。
こういう状態で観劇日を迎えたくないですね。
まあ、あとまだ2日あるので、それまでになんとか良くなって欲しいところです。

またまたグッズの発売がキャトルのHPにupされましたね。
いろいろ欲しくなります。
バッグやら、ミニタオルやら、携帯ストラップやら・・・





昨日はミズさんは、「おもいっきりイイ!テレビ」に御出演でしたね。
スポーティで笑顔がさわやかでなかなかいい感じでした。
普通のテレビにゲスト出演しても宝塚のスターさんらしく、かつ、自然な雰囲気で輝いてました。










2008/05/14(水) 20:47:56 [『外伝 ベルサイユのばら -ジェローデル編-』]

今日のタカラヅカニュースでお稽古場の様子が放送されましたね。
朝、仕事に行く前のあわただしいときに見ましたが、感想は一言。
「期待が倍以上」


クールでキザでいて芯の通った二枚目のミズジェローデルさま。
今までのミズさんの役でこういう印象の役は思いつきません。
とっても楽しみです。

お稽古場映像ラストのとなみちゃんとのシーンがなかなか素敵で印象的です。
桂ちゃんのオスカルもゆみこさんのフェルゼンもインパクト大です。
ひろみちゃんも楽しみです。


ベルばらの新しいメロディもいい感じですね。
さすがベルばら、なんとなくお稽古場が華やかに見えました。




2008/05/13(火) 20:15:11 [スカイステージ]

昨日は全ツで、今日はバウのスカイレポートの放送がありましたね。

内容はあんまり記憶に残っていないのですが(笑)
ミズさんが、谷さん、大凪さん、大湖さん、蓮城さんに囲まれて、やわらかなお姉さまモードだったことが一番印象に残っていることでしょうか。
とにかく、ネタバレ注意?のガードが固くて、場面場面の一瞬の部分は分かるのですが、お話自体は想像もつきません。
「ジェロさまは、前半はオスカルラブ」「舞踏会が面白いところが衛兵隊の見所」「幕開きセットが?美しい」「一方通行の愛」そんなお話があったような。

バウのほうは、「たーたんさんととうこさんが観に来られる」が印象的(笑)でした。
私が観にいくのは土曜日だから、たぶん遭遇は出来ないだろうなあ。
10年前(初演)をとても昔のことのように言うかなめちゃんとキタロウくん。
その時、10年前なんてちょっと前だよねという家族の突っ込みが。凍てついた明日、確かに私にとっては、ちょっと前の作品の印象です。



2008/05/11(日) 09:59:46 [水さん]

キャトルで購入したものいろいろ


花組さんのプログラムなどやらのほか、ミズさん関連では3つを買いました。
一つ目は
STAGE MEMORIAR '07
前回も書きましたが、何度も迷って結局買った本です。
前回まではお店に平積みでしたが、今回はとうとう本棚にたってました。
ミズさんのインタビューは1ページ、舞台写真は3ページ。
エリザをやり遂げたということを振り返ってのコメントです。
この本は去年のいろいろなジャンルの舞台が載っていて、こういう時代にミズさんのエリザが上演されたんだということが分かる本ですね。

二つ目は
和樂
ミズさんの関連は4ページ。
2ページにわたるお写真と1ページのお写真と大きなお写真が2枚。
ミズさんのコメントは1ページ。

スカステの番組で篠山紀信さんの目にうつるこれぞミズさんというお写真がとれたようなコメントをおっしゃっていたのでとても楽しみでした。篠山先生の思うミズさん像。
どちらのお写真の表情からも、
「温かくてやわらかな表情の中に熱く強く訴えかけてくる目」
というような印象を私は持ちました。

使われた素材もそうですが、清川さんの施された刺繍等も独特の美しい雰囲気をかもし出しています。



三つ目は
ミラー
またですよ。この前、君愛の時に、ミロワールを買ったのでもういらないと思っていましたが、あまりの可愛さに買ってました。(笑)


和樂でのインタビューでは、
この作品についてが三分の一
舞台人としての思いが三分の一
全ツのことが三分の一でしょうか。
全ツについては、

私にとっては今までにない役柄への挑戦。彼の微妙な感情の揺れのようなものを出すことができればいいなと思っています。



今までにない役柄、どんな思いを見せてくださるか、本当に楽しみです。

2008/05/10(土) 19:36:40 [タカラヅカ観劇]

大劇場に行ってきました。11時公演を観ました。1階A席サブセンター。
ゆうくん、トップおめでとうございます~。
ファンの方々は本当に嬉しいこの時でしょうね。去年の今頃のことを思い出します。
客席は、新トップ御披露目初日の次の日で土曜日ということもあって独特の熱気と盛り上がりを感じました。
星組さんの並びの日ということも関係があるかもしれません。いろんな人のファンの方々がおめでとうと祝っているようでもありました。
ゆうひさんの2番手御披露目という感じも新鮮でした。花組ではありますが、新しい花組ですね。


まだ、公演が始まったばかりなので作品の感想は続きから

【続きを読む】

2008/05/10(土) 05:57:17 [水さん]

今日の観劇を決めたときには、星組さんの並びにいくつもりだったんです。
だけど、昨日の夜に職場の歓送迎会の予定が入って、「無理」と判断、行かないことにしました。


そしたら、昨夜は遅かったのに、今朝は4時に目が覚めました。(行ける!と一瞬思うものの、)喉が痛くて、これはやっぱり無理だったと納得。(笑)
でも、花組さんの観劇には予定通り行きます。


昨日、公式HPに、ミズさんのTV出演の情報が載っていましたね。


2008/05/09

日本テレビ「おもいッきりイイ!!テレビ」
雪組・水夏希が次のテレビ番組に出演することになりました。

○放送局   日本テレビ、および日本テレビ系列局

○番組名   「おもいッきりイイ!!テレビ」

○放送日   5月14日(水)11:56~13:55




嬉しいですが、ミズさん、本当にお忙しいですね。
全ツの初日直前ですから、なおさらそう思います。

来週は、いよいよ全ツの初日ですね。スカステでもそろそろお稽古場映像が放送されることでしょう。
楽しみです。

2008/05/08(木) 19:50:13 [水さん]

今日の朝日の夕刊には、明日初日の花組さんの公演とあさって大劇場一般前売り日の星組さんの公演の宣伝がでかでかとカラーで出ていました。


今朝の朝日の朝刊には、雑誌「和樂」の宣伝が紙面の三分の一の大きさで載っていました。
定期購読のみかと思ったら、最新号1冊のみの申し込みも可能って書いてあります。
まあ、あさって大劇場に行くので、そのときキャトルで探そうとは思っていますが。

ミズさんの載っているページの部分は、

<五回連続集中連載・第二回>
宝塚歌劇団トップスターと源氏物語
水夏希(雪組)



体裁はちょっと違いますが、結構、目立つ大きさでミズさんのお名前が載っていてそれを見るだけでなんだか嬉しいです。



2008/05/07(水) 21:16:20 [その他]

今日、公式HPで発表になりましたね。

雪組配属の94期生は・・・

2008/05/07

第94期初舞台生 組配属について
本年初舞台を踏みました、第94期生の組配属(5月7日付)が決定いたしましたのでお知らせいたします。
☆印は女役


<雪組>
煌羽 レオ(きらは れお)
寿春 花果(すばる はなか)☆
悠斗 イリヤ(ゆうと いりあ)
久城 あす(くじょう あす)
天舞音 さら(あまね さら)☆
大樹 りょう(だいき りょう)
杏野 このみ(あんの このみ)☆
貴穂 しゅう(たかほ しゅう)
芽華 らら(めいか らら)☆




全員、それぞれの個性を磨いて、頑張っていっていただきたいですね。
思わず、ミーマイのプログラムを開いて、初舞台生のお写真一覧から雪組生を探してました。
みなさん、かわいいです。

2008/05/06(火) 15:41:40 [水さん]

番組開始からどきどきしつつ待っていました。
出演は最後の方の10分程度だったでしょうか。

出演の3人とも、とても素敵でした。
ミズさんは、白いシャツに黒のフリフリつきベストがよく似合ってました。

10の質問にyes noの札を上げてどんどん答えて、あとでちょっぴりそのことについての質問の形式で、最後に全ツの宣伝少々。フリーなおしゃべりはほとんどなかったかなと思いますが、面白かったです。

10の質問の札をあげるところで、印象的なのは、トップになって得をしたことがあるというところで、ゆうくんが1番にあげて、ちょっと遅れてとうこさんとミズさんがあげていたところとか、
この3人の中で自分が1番であるというような質問に3人ともyesなんですが、ゆうくんととうこさんはさっとあげたのですが、ミズさんはまわりを見てちょっと遅れてあげていたところは、(ちょっと謙虚すぎるかもと時折思える)ミズさんらしいなって思いました。

答えの一覧を見ながら、ところどころコメントを求めるところで、男役をしているうちに男役らしい顔になるのですか(こんなニュアンスの問いだったと思うのですが、)すかさず、とうこさんが、ミズさんをさして、生まれつきですとか突っ込まれていておかしかったです。ゆうくんまでミズさんをさしてました。(笑)

他に印象的だったのは、オフもトップスターを意識しているか?という問いにとうこさんとゆうくんはyesで、ミズさんはno。そのコメントはミズさんらしいものでした。

生まれ変わったら宝塚に入るか?という問いには3人ともnoでしたが、ミズさんのコメントは、客席で宝塚を観たいからとのことでした。今は見ても、仕事モードになってしまうとか。ああ、この組はこういうやり方・・・とか考えるみたいです。

ミズさん、とっても自然にテレビの中におられて、笑顔もいっぱいで素敵でした。

2008/05/06(火) 11:23:58 [その他]

今日が最終日です。

午後1時55分からはミヤネ屋にミズさん、とうこさん、ゆうくんの出演ですね。
新聞のテレビ番組欄の
「宝塚歌劇団トップスターが大集合 人気の秘密」というのを見て、どきどきです。 


このお休み、どこも行かずに(正確に言えば、大劇場には行きましたが)、だらだら過ごしていました。4月に頑張って仕事をしたので、これからの観劇にそなえて、体を休めたと思えばいいのですが、ちょっともったいなかったかな。
でも、DVDレコーダーが壊れたままだったので、スカステのベルばらもリアルタイムにしっかり見て、月組さんの東宝楽エリザもしっかり見て、楽しみました。録画していると思ったら、結構いいかげんに見たりしてちゃんと見ないままになったりしますが。
月組さんのエリザを見たら、また、ミズさんたちの雪組のエリザが見たくなって見返したりもしていました。
さえこさんの衣装を見て、ミズさんのロングコートが見たいと思ったり、ガイチさんのフランツ、温かいなって思いつつ、一方で、ゆみこさんのフランツの歌声を聞きたいと思ったり、あさこさん、大人の女性だと思いつつ、となみちゃんのエリザが見たいと思ったり、ああ、雪のまわりのメンバーはかなり見分けがつくけど、月はそれよりは分からないなあとか思ったり。雪組が上演する前には思いもしなかったようなことを思いつつ見てました。

雪の東宝楽映像もはやく放送して欲しいなあとかも思ったりしました。





2008/05/04(日) 21:32:58 [水さん]

そう、2007年5月4日、それはミズさんの大劇場御披露目公演エリザベートの初日。
ちょうど1年前なのですね。

今日、歌劇5月号のゆうくんの新生花組特集を見て、1年前の歌劇、ミズさんの新生雪組特集を引っ張り出してました。小池先生のエメラルドの炎コメントも忘れられないお言葉です。

懐かしいです。はるか前のことのようでもあり、ついこの間のことのようでもあり、でも、もう1年が過ぎたんだという思いもあります。この間、大劇場でエリザと君愛、その間に全ツ星影。世界陸上他、アクア5の活動。盛りだくさんで、当然といえば当然なんですが、月日がたつのは早いですね。
1年前の今日もすがすがしい、初夏を感じさせる1日でした。


そして、明日、5月5日はみほこさんの大劇場公演最後の日。
こちらにも、月日が経つのが早いなあと思わせられます。いい楽になりますように。


2008/05/04(日) 15:38:02 [本・雑誌]

ようやく、買ってきました。
歌劇5月号。

今月の表紙は真飛さん。
新生花組・ゆうくん御披露目特集です。
贈る言葉は草野先生と中村一徳先生です。中村先生の言葉の「天真爛漫で明るい」「繊細で心のこもった暖かさを感じさせてくれる」という一面が印象的でした。


さて、ミズさんチェック
まず、表紙を1まいくると、なんとミズさんのカラーポートです。
2ヶ月続けてのカラーポート。
先月は大人の男役さんモードばりばりのお写真でしたが、今回は、
「さわやか」「ラフ」「スポーティー」
少年の雰囲気すら漂っていて前回と全く雰囲気が違います。
白いシャツが素敵で輝いていて何度も見つめてしまいます。


雪組全国ツアー公演インタビュー
植田先生(一部引用)

池田理代子先生が、ナポレオンが皇帝になる所まで踏み込んで、原案を書いて下さいましたので、波乱万丈であった、あの時代のフランスで、生き残った、3人が、どういう風に生きて行ったかと言うところに視点を当てて、



ジェローデルは貴族で、その後、どう生きたのか?どういう物語になるのでしょうね。


今回のジェローデル編では、貴族の男女が密かに恋心を燃やすという、大人の恋の物語を描きました。



植田先生の描きたい「大人の恋」とは?

これまでとは違う、新しいジェローデル像には水が一番適していると考えています。



どういう面を考えられてそう思われたのか興味があります。舞台を観てそういうことを考えるのも楽しみの一つとなりました。

中村先生
一部引用

メデューサの場面について

水さんにぴったりな場面をと考えた時に、ギリシャ神話を元にしたこのストーリーを思いつき、これは絶対水さんに演じて欲しいと思ったんですよ。



中村先生、ありがとうございます~。本当に素敵な場面です。

水さんと白羽さんは、共に組んで踊る場面で、ダンスの密度が更に増すのではと。2人がショーを引っ張っているという感じが強まるのではと思います。



どういうことを意味しているのか、ちょっと分かりにくいですが、舞台を観るとき、このお言葉も意識してみてみたいと思います。


水さん
一部引用

ジェローデルとソフィア、お互いに一番基本にあるのは貴族のプライドで、それ故に、ストレートに想いを伝えられない。そんな二人の愛の形をクリアーにせつなく描ければと。



「せつなく」ですか。
どんなお話になるのでしょうね。わくわくです。
今日、立ち読みしてきた、月間ミュージカルのインタビューでは、ジェローデルとソフィアの関係はオスカルとアンドレの関係のようとか言ってられましたが。

ジェローデルはオスカルの気持ちが自分にないと思っていても、オスカルを愛し、オスカルを失ったとき、ソフィアの存在が支えになって、その愛を知る。
そういえば、アンドレは配役にはなかったので、オスカルの愛がフェルゼンに向かっているシーンがあるのでしょうか?

公演を見るのがますます楽しみになりました。


あなたはどっち派?
回答のふだをもつ水さんがかわいいです。
あさこさんは視力検査してます。(笑)

にわにわの庭
奏乃さんの休演はとても残念です。全ツで見たかったです。
夏の大劇場には元気に復帰していただきたいです。

水さんがバレンタインデーのお返しに娘役さん全員に一人ひとりのお名前の入ったクッキーを配られたこととか、
上野動物園に出かけられたハマコさんたちのお土産のヘアバンドのお話。水さん、ゆみこさんはきりんのヘアバンドをもらわれたそうですが、水さんはきりんのヘアバンドをされ、黄色いベースクリームをされて、まさにきりんだったとか。そのほか、まわりの方々もきりんきりんだったとか。挿絵がまたきりんのヘアバンドで面白いです。

来月号の表紙はゆみこさんです。

2008/05/03(土) 22:26:35 [スカイステージ]

スカイステージで2006年の雪組公演ベルサイユのばら オスカル編(アンドレ わたるさんバージョン)が放送されていました。

2年前なんですね。なんだかずいぶん前のようでもあり、見ていると、ごく最近のことのようにも感じます。
はじめのほうでニコラスが出てくると、家族Aは、いつものニコラスじゃない!とか言ってました。そして、バスティーユを見て、人数が多い!(これは、もしや、私が全ツのベルばらをビデオで見る頻度が高かったことを意味しているのでしょうか。)

わたるさんやオサさんはたった3日のためにこのアンドレのお稽古をされたのですよね。舞台挨拶で、出演できて幸せのようなことを言ってられましたが、大変だったことでしょう。まあ、わたるさんは2001年の星組公演でもアンドレをされていますから余裕だったのかもしれませんが。2001といえば、星組大劇場のオスカルアンドレ編のお話が好きです。膝枕で星がきれいだ~のシーンが雪組でも見たかったです。
フィナーレなどは、特出で、トップさんがお二人というのはとても豪華な感じがしますね。


水さんのアラン、久々に見ましたが、またまたほれぼれです。
さあ、あと2週間ほどで、ジェローデルさまです。

2008/05/02(金) 20:36:31 [水さん]

公式HPにテレビへの出演情報がupされました。

一部引用

2008/05/02

「情報ライブ ミヤネ屋」
○放送日時
2008年5月6日(火)13:55~14:55

○放送局
読売テレビ系列
※地域により、放送時間・内容が一部異なります。


○出演者
(花組)真飛 聖、(雪組)水 夏希、(星組)安蘭けい

※出演者、放送時間は放送局の都合により変更になることがあります。



おはよう朝日の宮根さん、フリーになって今やこういう番組をされているのですね。

宝塚がどのくらいの時間、どんな風にとりあげられるのか分かりませんが、楽しみですね。



2008/05/01(木) 19:32:51 [『ソロモンの指輪』『マリポーサの花』]

公式HPの公演案内のページに画像がUPされましたね。


うーん、なんかイメージと違うわ~。
というのが第一印象でした。

もっとワイルドなイメージを抱いていたので・・・(勝手に期待していた?)
スーツ物なのですね。

しばらく見ていて思ったことは、
とても大人っぽい。ちょっと陰がある。君愛とはずいぶん雰囲気が違います。
それだけでなく、ミズさんもとなみちゃんもなんだかこれまでのイメージとずいぶん違うような気がします。別人みたい。(言いすぎでしょうか)

スーツ物のサスペンスでいて、ラブロマンス。
新しい作品、楽しみです。いい作品になりますように。


| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。