--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/02/28(木) 20:57:21 [その他]

公式HPで、出演者の発表がありましたね。



【全国ツアー】
雪組
宝塚ロマン
『外伝 ベルサイユのばら -ジェローデル編-』
『ミロワール』-鏡のエンドレス・ドリームズ-
公演期間:2008年5月17日(土)~6月15日(日)
※出演予定※
雪組
飛鳥 裕   水 夏希   彩吹 真央   ゆり香 紫保   天勢 いづる  音月 桂
麻樹 ゆめみ   白羽 ゆり   山科 愛   舞咲 りん  奏乃 はると
彩那 音   森咲 かぐや   花帆 杏奈   柊 巴  神 麗華
谷 みずせ   穂月 はるな   真波 そら   晴華 みどり  鞠輝 とわ
衣咲 真音   大凪 真生   大湖 せしる   祐輝 千寿  沙月 愛奈
蓮城 まこと   愛輝 ゆま   愛加 あゆ   彩凪 翔  笙乃 茅桜
舞園 るり   帆風 成海  
専科
萬 あきら   一樹 千尋




どんな主要な役があるのでしょうね。そして、その配役の発表が楽しみですね。
オスカル、アンドレ、フェルゼン、マリーアントワネット、ベルばらの主要な役続々でしょうか。


【宝塚バウホール】
雪組
宝塚バウホール開場30周年
『凍てついた明日-ボニー&クライドとの邂逅(かいこう)-』
公演期間:2008年5月24日(土)~6月3日(火)
※出演予定※
雪組
未来 優希   涼花 リサ   凰稀 かなめ   緒月 遠麻   沙央 くらま  
早花 まこ   大月 さゆ   花夏 ゆりん   香音 有希   香綾 しずる
千風 カレン   悠月 れな   梓 晴輝   朝風 れい   愛原 実花
寿々音 綾   凰華 れの   透真 かずき   冴輝 ちはや   詩風 翠
白渚 すず   雛月 乙葉   透水 さらさ   凛城 きら   桃花 ひな
真那 春人   彩風 咲奈   舞羽 美海

専科
京 三紗   五峰 亜季



五峰さん、前回はお姉さん、今回はお母さん役でしょうか。

【続きを読む】

スポンサーサイト

2008/02/26(火) 19:21:55 [水さん]

東京では東宝公演「君を愛してる」が真っ盛りというのに、私の今の心は全ツです。

友の会の梅芸の入力も終わり、当たりますように~と期待しています。
いっつも裏切られているのに毎回こりずに期待するものですね。
だいたい、2日間4公演しかないのですから、当たるのがよっぽどのラッキーと認識しないといけませんよね。


そんな中、公式HPでは、ジェローデルさまの画像がupされましたね。

また、これまでのミズさんのどの役とも色合いが違っていて、かつ魅力的です。
豪華な衣装にちょっぴり冷たい雰囲気?

ミズさんの衣装を見て、なぜかたかこさんのフェルゼンさまを思い出したりもしましたが。
(ベルばら2001のたかこさんのオープニングの衣装ですよね。)

池田先生と写メールのやりとりをして決めたというこだわりの鬘は、そのちりちりの部分が形はちょっと違えども、マンガの髪型の雰囲気そのものですね。

どんなお話になるのか、とっても楽しみです。













2008/02/24(日) 15:39:32 [本・雑誌]

昨日、ようやく買ってきました。


今月号の表紙はまとぶん

さて、ミズさんといえば、今月号はスペシャルピンナップでしょう。
インパクト大です。
いつもは、本棚にうもれてしまうのですが、今回は切り取ってはってみようかなと思い立ちました。ふと横を見るとB4のパネルが使わずにおいたままになっていました。サイズはぴったりです。(ちょびっと違うのですがほぼ)

ということで、パネルに入れて端の上のほうに飾りましたが、これまでのポスター類のパネルとはちょっと異質です。(笑)

公演のお写真はどれもいい表情が写っていて楽しいです。ああ、あの時のあの表情という思いで見ました。「自由の国、フランス」と歌った瞬間だわとか、「マルキーズが襲われてる!」と言われた瞬間だったり・・・

メドゥーサ、黒燕尾の群舞、デュエットのお写真もいいですね。

79期の初舞台特集のお写真。以前も何かの時に載ってたと思いますが、かわいいです。
みなさん面影がありますね。

AQUA5通信
半ページですが、まだありました。みんないい笑顔で、また、一般のテレビに出てくれるといいなあとか思いつつ見ました。

和涼華ちゃんの台詞に恋してのコーナー
”キュンと来る”台詞でホテルステラマリスのアレンの台詞をあげられています。
本当にいい台詞だし、いいシーンでしたよね。
和さんは、新人公演でアレンをされていましたよね。
御自分のことより、ミズさんの言い方やらしぐさやらいろいろ語ってられて和さん~と思ってしまいました。また、星組を観にいったら和さんも目が離せませんね。きっとかっこよく台詞を言われることでしょう。

はみだしSHOT
白黒ですが、ミズさんのピンナップ撮影後のリラックスモードのお写真。さわやかです。

来月号の予告には何一つ予定がない?
ミズさんがトップさんになったら毎月買おうを実行してきましたが、来月はどうしようかなあ。


2008/02/22(金) 21:19:07 [スカイステージ]

今日のスカステでは、コムさんのさよなら番組とタランテラを放送していました。
前にも見たのですが、また、なにげなく見てました。

ちょっと前のことのようであり、でも、もう1年以上も前なんですね。
一瞬でタイムトリップした錯覚に陥りました。
お稽古場ラストフィナーレで涙ぐむコムさんをみて、うるうるしているミズさん。


タランテラでは、生で見て、映像に残って欲しいと切に願っていた、ミズさんのはじめの青い衣装に青い羽根の銀橋のダンスというか一瞬の振りは映像には残りませんでした。
販売ビデオはそこはコムさんを写し、楽映像は本舞台の壮さんを写してました。
ものすごく魅力的だったミズさんのあの一瞬。残念。

まあ、その後の本舞台のコムさんとまーちゃんとミズさん三人が踊るところのミズさんがとても素敵なのでその映像を見て、気持ちが切り替わりましたが。(三人でしばらく映っています。)

もうひとつは、黒燕尾のしぐさの一瞬で、販売DVDの別アングルにならなかった時点であきらめていましたが、今回もコムさん一人が映っていました。もう一度見たかったなあ。すぐそばにいるのに。残念。

薄れかけていた記憶ですが、心に残る本当に素敵な一瞬だったことはしっかり記憶に留めておきたいなあと思います。




2008/02/20(水) 20:56:55 [水さん]

だいたい、いつも適当な時期に大劇場に行くので、もらえないことはないんです。
だけど、今月、間があいてなかなか行けないことに気がつきました。
宙組さんを観にいくのは来月ですし。

なのに、そんなときに限って、表紙はミズさん。
片方はジョルジュでもう片方は沖田さん。
早く欲しいに決まってます。手に入れそこなう?なんてもってのほか!
とあせって、日曜日にもらいに行ってきまた。そして、そのついでに月組さんのミーマイのチケットもゲット。(どっちがついでなんでしょうか)

また、梅田の円柱の柱はミーマイのポスター柄になってました。
以前はそのあたりに大量に置いてあったのにどこにもなくあせりましたが、案内所?のようなところでなんとか無事ゲットしました。

壁紙はさっそく沖田さんに。(3月と4月のカレンダーだというのに)
とても素敵です。

君を愛してるのDVDの宣伝も素敵だし、CMの写真がいっぱいのページも楽しいし、ナウオンステージのページももう見たとはいえ、また、文字で見れるのも楽しいですね。
そのほかにもいろんなページに素敵なミズさんのお写真があって嬉しいです。





【続きを読む】

2008/02/18(月) 20:15:23 [その他]

初日の模様が放送されましたね。
なんというか、ジョルジュのカッコよくないシーンを集めたという感じの編集にも思えましたが。(笑)

編集の仕方だけでもずいぶんイメージが違います。
ミズさんととなみちゃんの初日のインタビューの様子も流れました。

だいたい、普通は男役トップさんのみが多かったように思うのですが、今回は2人。
エリザの時も2人でしたが。

プレシャスさんの記事にこの件についてプロデューサーさんの言葉があって、なるほど~と感心しました。

プロデューサーさんのコメント引用

雪組は公演のCMなどを含めて、独自の方法で積極的にアピールしていくことを考えています。
 まず昨年からユニットを組んでいるAQUA5には、“雪組男役のPR”という意味があります。
 そしてこの会見のように雪組の“公演をPR”する場合は、主演男役の水夏希と主演娘役の白羽ゆりに出演者を代表して出てきてもらう。
 そして雪組の“組全体の代表”としてメディアなどでPRするときは水夏希、という形になります。各組のPR方法はそれぞれ方針がありますし、これからも雪組ならではのオリジナルなアピール方法をいろいろと考えていきたいですね



冴えてますね。
今後も雪組、個性を生かしていろいろなことにチャレンジしていってくれるといいなあと思います。



2008/02/17(日) 13:57:22 [本・雑誌]

今年度はなぜか2回発行ですね。
これまで、確か1年に1度だけ、夏ごろの発行だったと思うのすが。
そのせいか、各組の全メンバーの一覧は今回はありませんでした。

今回の特集は真飛さんの御披露目特集。
表紙はまとぶんの羽根姿。

そういえば、彩音ちゃんは新トップさんというわけではないからかなあ、とか思いつつ見ました。
以前はあさかな、タニウメ、かしるいとコンビで表紙を飾ってましたよね。

内容は
5人の各組トップさんのページがそれぞれ1ページ。その中には組の様子も含まれます。まとぶんは過去から今までの写真のページ1ページもあります。
そして、それぞれの組の舞台写真が1ページ。花組は2ページ。
宙組の舞台写真のページの中に轟さんのインタビューコーナーが四分の一ほどあります。

オサさんの楽の様子のページが2ページ。月組のワークショップのページが1ページ。
スターエッセイは日向さん、明日海さん、キタロウくん、夢乃さん、凪七さん。

雪組の舞台写真は君を愛してるとミロワール
ミズさんのインタビューのお写真は1月8日のスポニチのお写真と同じ服。全く同じ?と思って見比べると微妙に角度が違って目線の方向が違ってました。(笑)きれいな写真です。

解説の記事はなかなか嬉しい内容です。
各組トップさんの見出し比較。
大見出しと小見出しをあげてみたいと思います。

真飛さん、   テーマは心に元気    「実感まだ」も責任ひしひし
タニちゃん、  骨太作品に張り切る   轟相手にひけをとらない貫禄
ミズさん、   今年もチャレンジ      ”伝統”きっちり引き継ぐ
あさこさん、  夢かなった         彩乃かなみとのコンビ見納め
とうこさん、  楽しみ”熱い男”      遠野あすかとのコンビは今が旬


見出しにそった中身で、短い文章の中にそれぞれの現状が表れていてなかなか面白いです。それぞれの今が分かりますね。






【続きを読む】

2008/02/16(土) 08:32:28 [その他]

今日から東京公演が始まりますね。
長期公演、出演者のみなさん、楽まで元気に頑張っていただきたいです。

スカステでは、今日の13時がナウオンステージの初回放送。楽しみです。

昨日は、堕天使の涙とタランテラとコムさんのサヨナラショーが放送されていました。

堕天使のお芝居、ミズさんの大劇場とああ、ここは違うと思ったところ、それは、ちょっと軽いぞんざいな荒っぽい言い回しの部分でしょうか。
コムさんのさよなら公演の千秋楽、作品全体の印象としては、よりひとつにまとまり、充実して迫力が増しているように思いました。

タランテラでは、生では目に入ってなかった部分(オペラを向けていなかった)のアップが多くてまた別の作品をみているような印象の部分もありました。

さよならショー、ラストのロマパリの歌。胸にしみました。
正塚先生のコムさんへのあてがき。
生観劇の当時はコムさんの舞台初生観劇で、1回しか観なかったし、そういうことは思わなかったのですが、スカステなどいろいろ見てきた今聞くとまさにそのものに思えます。

さよならショーで銀の狼がありましたが、全国ツアーを観たのときの興奮とか思い出していました。コムさんとミズさんといえば、私の中ではこれがベストかもしれません。



2008/02/13(水) 19:36:17 [スカイステージ]

スカステで、東宝公演のお稽古場映像が流れていますね。
いきなり映るのはミズさんの幕開きの銀橋。歌っているところ。
その歌がまた魅力的でぐっと気持ちを持ってかれます。

歌の映像、どれも素敵です。アップですし。
「ぼくらしく、何かできることが・・・」の最後の銀橋のソロも素敵で、そこはりりしい横顔のアップがまた素敵です。
本当のラストのマルキーズへの
「君を愛してる♪」の歌、そして、しあわせそうな表情も魅力的です。

ショーの「メモリー♪」の歌もアップで美しい~。

今回のお稽古場は歌にからんだところが最高に素敵でした。

それと、ポイントは落ちてこないセンター分け髪型。
それがまた、大人っぽくて素敵です。

はらりと落ちてくる、少年っぽい髪型もとっても好きなんですが、今回の大人っぽさにまた、ぐいぐいっと引き付けられました。

シーンとしては、アルガンが「君はぼくの女房か」と言ってはけるとき、ジョルジュと視線ばちばちのところがあるのですが、
実は、楽まで、レイチェルとスカパンに気をとられて見落としてたんです。楽はミズさんに注目していて、そこがちゃんと見れてよかったとか思い出してました。


ショーでは、幕開きのところで、樹里さんが言ってまねしてられた、肩の動きや腰が安定しているといったあの動きのところが映ってました。

ゴールドのソロダンス、アクア5のダンス、黒燕尾のダンスとどれも本当にうっとりです。

黒燕尾のところは、お稽古場でも迫力があるのがびしびし伝ってきます。
魅力にあふれてます。

となみちゃんとのデュエットダンス。ミズさんのスマートな男らしさ(男くささではありません)がひきたちます。

で、いろいろ書きましたが、なんといってもお稽古場メドゥーサ。
当然、舞台のお稽古ですから同じものなのですが、
短髪メドゥーサ。
薄いサングラスのメドゥーサ。
そう、舞台上のメドゥーサとはまた違った魅力があふれる男役、メドゥーサにまた違ったドラマを想像してました。
あまりにも素敵で。
もっと見たい。




2008/02/11(月) 13:11:06 [スカイステージ]

東京公演に向けてのお稽古も今日が最終日ですね。
ますます、寂しいです。
東宝組の方々にバトンタッチです。

明日のニュースではお稽古場の様子が放送されますね。楽しみです。

今日のニュースでは、ミズさんのスターボイスが放送でしたね。
昨日はこの企画はあまり面白くないと思っていたなんて書きましたが、楽しく見ました。

・男役で得したこと、損したこと。
損したことはないそうです。「とくしてばかり」とか

・好きなところきらいなところ
その両方にあてはまる、「まじめなところ」
舞台では遊びが大事で、そのまじめなところがいやだけど、こつこつ頑張ることがめんどくさくないのはよかったと思うとか。

・言われて嬉しかった言葉、ショックだった言葉
嬉しい「劇画から抜け出たみたい」美しいと言われるのが嬉しいようです。
ショック「女っぽかったね」バリバリにきざっているのに言われたとか。
舞台上では男っぽいとか男くさいとか言われるのが嬉しいようですが、当然ですよね。

・楽しかった旅行は
全ツ
プライベートでは海外の自然に触れたこととか

・これだけはやめられない
「甘いもの」
以前何かのインタビューでタニちゃんと見開きだったそうで、
これがなくてはという質問にタニちゃんは、仕事の向上に必要なMDデッキと答えていたのにミズさん、「甘いもの」で恥ずかしかったそうです。

「コーヒーは、ミルクもさとうもいれちゃう」

・親友の条件
「難しい」
おもいやり。(本当のことを言ってくれる。そして、その言うタイミング、言い方について語ってられました。)やさしさ。

視聴者へのメッセージ
いろんな役に出会えるのが楽しい。
引き出しを増やして、いい意味で期待を裏切る役者になりたい。

だいたい、そんなニュアンスのことを言ってられたように思います。

一言を言って、その説明が丁寧で感心します。
番組で、ここでは書けなかった、そのところを味わってくださいね。








2008/02/10(日) 11:07:08 [その他]

いいお天気で、あたたかく感じられますが、まだ、屋根の上には雪が残っています。
うちのあたりで、こんなに降ったのは珍しいです。


今朝のスカステニュースを見ていたら、明日の予定にミズさんのスターボイスがありました。
あのコーナー、あんまり面白くない企画だ(すみません)とかこれまで思って見てましたが、ミズさんの出演ということでどきどきです。


君を愛してる、私の観劇予定は終わってしまって(未練たらしく、東京にも行きたいなあと予定とチケット状況とをにらめっこしたりも。)寂しくて仕方がありませんが、
観劇中は考えたくなかった、他の作品をなぞった台詞やシーンなどがちりばめられていること、今となったらぼちぼち探すのも楽しいかなあとか思っています。

だいたい、観劇の時はジョルジュの物語に浸りたいですよね。
あっ、アンドレの台詞!とか思いたくないので一生懸命それらしい台詞やシーンにひきずられないようにしてましたが。

観劇のとき、知人のIさんが、「ひろみちゃんのせりふも何かの台詞だよね。」
って、言ってられましたが、確かに私もあの台詞まわしにがひっかかってました。
「なぜ、あんたは強い?」
暁のローマのブルータスのせりふのような気がするのですが。(全然違うかもしれません)
ビデオを見て確認!と思ったら、そういえば、録画してなかったことを思い出しました。ル・サンクも買ってなかったし。
今度、放送があったら録画を忘れずにしたいと思います。

どなたか、分かったかたがおられたら教えていただけると嬉しいです。




2008/02/09(土) 18:09:53 [本・雑誌]

ようやく買ってきました。歌劇。

1月に、大劇場公演があったということで、今月号はちょこちょことミズさんの登場があちこちに。

表紙はゆうひさんです。

では、ミズさんチェック
・TAKARAZUKAニュース

まずは、12月2日のアクア5、「AQUAの地球」のレコーディングの集合写真。みなさん、冬の私服です。ミズさんは白いマフラーを。かなめちゃんは紫のマフラー。ミズさんのベージュのズボンはちょっと女性らしいかな。

阪急すみれ会、パンジー賞表彰式のお写真。
金屏風の前の集合写真です。

NHK歌謡コンサート、2007FNS歌謡祭、とくばん、僕らの音楽と。
12月のAQUA5とミズさんの大活躍が一挙掲載って感じです。


・STAGE PHOTO 「君を愛してるーje t’aime」「ミロワール」

舞台写真を見ていると公演を思い出して、なんだかこころがほんわかとしてきます。

・公演評 「君を愛してるーje t’aime」「ミロワール」  石井さん

君を愛してるについて、音楽、衣装、人物配置、物語展開の伝統手法は、1960年、70年代の宝塚を観ているようだというような内容の部分がありますが、そういえば、なんとなくそんな気がします。ちょっぴり昔懐かしの宝塚といった雰囲気がありますね。

・2008年 あなたはどっち派?

トップさん5人のコーナーです。
二者択一の2問なんですが、ミズさんのお答えはB,A。
同じパターンのお答えをされたのは、あさこさんですが、コメント内容は全く違います。
個性が出て面白いですね。


・大劇場公演 楽屋取材

いつもながらですが、お写真もたっぷりで楽しいですね。
舞台上と同じジョルジュなのに、舞台上の男役さんらしい表情とはまた違って、楽屋でとったお写真は表情が女性らしくて面白いですね。

木村先生のコメントも楽しく、ミズさんのことを、「ジョルジュ役はかなり難しい役なのですが、それを微塵も感じさせない点も見事ですね」等、嬉しいコメントでもありますね。

・かなめちゃんの絵と文

ミズさんには関係ないのですが、大澄さんの絵が、とっても上手でそれを見るだけでも楽しいです。

・楽屋日記 梓さん、雛月さん

ミズさんが、たこやきを7個食べられて、「たこやき食べ過ぎて苦しい」と衣装を着替えにはけてこられて言われたとか。
なんだか、面白いです。
いったいいつ食べられたのでしょう。


・高声低声

大劇場公演への素敵な投稿が寄せられてました。

【続きを読む】

2008/02/09(土) 13:39:34 [その他]

とっても寒いです。
朝はさほど降っていませんでしたが、その後どんどんと降って景色は真っ白に。


ようやく歌劇の2月号を買ってきました。行きはよいよい帰りは怖い?
朝はまだそれほど降ってなかったのですが、電車から降りたら、雪。帰りは駅から自宅までの間に傘に雪が積もりました。
歌劇の記事については、また後ほどあらためて書きたいと思います。


なにげなく見ていたテレビ。(スカステではありません。)
宝塚歌劇の宣伝が。
タニちゃんとウメちゃんが、大劇場のロビーに登場。前回の公演の舞台映像もあったように思います。バックにはフォーエバー宝塚のメロディが流れてました。地上波にも宣伝が流れているのですね。
観にきてくれる人が増えるといいなあと思います。




2008/02/07(木) 20:33:55 [その他]

公式HPに月組の退団者さんの名前が出ました。



組長の出雲 綾さんが、みほこさんと同じく、ミーマイの東宝楽で退団されるのですね。
ま、さ、か、夢にも思っていませんでしたから、ショックが大きいです。


たきさんは、ミズさんが宙組から雪組への組替え、みほこさんが宙組から月組への組替えとなった「ホテルステラマリス・レビュー伝説」の後、専科に異動されて、その後月組の組長さんに就任されたので、まだ、月組さんは日が浅いですよね。

あのときの組替えトリオのうちのお二人が退団されるという意味でも寂しいです。

演じられた役では、私の中では、ファントムのカルロッタの印象が大きいでしょうか。

また、ミズさん宙組時代の組長さんであり、ミズさんが星組のベルばらに特出された際にも出演されていて心強い存在に感じたことも思い出されます。



2008/02/06(水) 20:51:48 [スカイステージ]

すぐ翌日にはもう放送。嬉しいですね。

あの空間のとっても温かい雰囲気が素敵で、大きな幸せを感じることのできた千秋楽でした。その全部はテレビからは伝わってはこないかもしれませんが、断片を見る中でも、伝わってくるものは大きいでしょうし、また、実際に観た者には、思い出して余韻にひたる、おおきな手助けになるように思います。


楽しい挨拶も、その時はなんて素敵な挨拶でしょうと思いつつ、ほとんど覚えてはいませんでしたが、もう一度聞くことができるのが嬉しいですね。

「(略)いろいろ熱くかたりたいのですが、(略)CS放送、何かの取材で熱弁をふるわせていただきます。(略)」

の熱弁をふるうという部分に受けました。ミズさんらしいなあって。


また、
「2008年もみなさま、雪組と一緒に歩んでみませんか。」

こちらも笑いました。以前、沖田さんの台詞をもじった挨拶もありましたが、今度はジェローデル?面白いですね。


ただ、お芝居の楽映像は、ええー?ここは見せてもいいの?と思えるネタバレの部分が放送されていましたね。まだ、これから初めてご覧になる方にとって、あそこを知ってしまうのはどうなのだろう?とはちょっと思いましたが。


2008/02/05(火) 20:49:01 [その他]

公式HPに退団発表が出ました。


2008/02/05

月組主演娘役 彩乃かなみ退団のお知らせ
月組主演娘役 彩乃かなみが、2008年7月6日の東京宝塚劇場公演 UCC&シャディミュージカル『ME AND MY GIRL』の千秋楽をもって退団することになりましたのでお知らせいたします。




なんだか、ショックです。
でも、よく考えたら、ほんのちょっと前に御披露目だったと思っていたみほこさんも、トップさんになって丸3年なんですね。
そういう時期なのでしょうか。

2005年、トップさんとして、羽山先生のダンシングリサイタルで初めてあさこさんと踊っている姿がとても素敵に見えたことを思い出します。
同時に、そのちょっと前に行われたTCAスペシャルで、月組さんでは一人だけ出演で、ミズさんと並んでいた小さな花がひらいたよりの「もう涙とはおさらばさ」の白い衣装の姿。
ちょっぴりほろ苦く思い出されます。


ミーマイ、頑張っていただきたいです。

2008/02/04(月) 20:05:11 [『君を愛してる-Je t' aime-』『ミロワール』]

楽の公演のことをもう少し。

今日は2階S席の下手端。
下手は2回目でしたが、端というのは初めてで、今までみたことのない表情がいっぱい見れてとても新鮮でした。

この席の観劇ポイントは、
特には2箇所。

まずは、ラストの螺旋階段でのジョルジュがマルキーズに君を愛してると告げるシーンの真剣な表情がしっかり見えます。胸にジーンときますね。

次はショーのメデゥーサ。サングラスをはずしたときの苦悩の表情がしっかりと見えます。とても胸が痛かったです。

そのほかにもいつもと見え方が違うところがいくつもあって楽しかったです。上流階級の女達の見え方もまるで違ってなかなか新鮮でした。


そういえば、よっぱらって、教会にくるところでは、鼻歌を歌ってました。
マルキーズと出会いのぶつかるシーンでは、べったっと下向きに花道にくっついてました。


ショーでは、

アクアの鏡では、本当に楽しそうに躍動する水さん、そして、周りのメンバーの笑顔も最高です。円になったとき、真ん中のミズさんをオペラで覗くと水さんをみつめるまわりの方々の笑顔も一緒に飛び込んできて、幸せな気持ちになりました。

黒燕尾が本当に一つにまとまっていて、かつ、一人ひとりに迫力があって感動です。
多くの方が素晴らしいと思われたのでしょう、拍手がなかなかなりやみませんでした。

その後の追憶からデュエットも素敵でもう楽なんだと思うとうるうるでした。


2008/02/04(月) 19:38:41 [『君を愛してる-Je t' aime-』『ミロワール』]

あたたかい、いい千秋楽でした。


クレープのアドリブは、友人情報によると、昨日、ジョルジュがフィラントをこかしていたようですが、その仕返し?か、今日はフィラントがジョルジュの腕をねじ上げてました。本当に痛そうな表情のジョルジュに笑ってしまいました。

ミロワールのアドリブは「ジャパンツアー イン 東京があるって知ってる?」

アトリエのハートマークの照明はひとつでなく、両サイドにひとつづつの二つ。



神父さんの歌の後はジョルジュは今日はアルセストにちょっかい。アルセストは大げさにもころんで、笑いをとり、その後、フィラントにいいつけるしぐさで笑いをとってました。

美穂さんのどうしてわかったのかしら、結婚して欲しいって、のところで、美穂さん、アルガンの代わりに、コマちゃんに抱きついてました。

ブーケは飛鳥さんが受けて、灯さんへ。

幕が降りて、まずは、組長さんがまく前に、組替えのお2人の紹介とお2人のご挨拶。
美穂さんに男性の声で大きな掛け声がかかってました。

そして、退団者の紹介。幕が上がり、
退団者のお2人の階段降りとご挨拶。

よっこさんへのお花わたしは、組からは水さんと同期からはOGの紫ともさんでした。

みなさん、素敵な挨拶でした。
退団者の方々のご挨拶のとき、ミズさん、うるっとこられてました。その後、水さんご挨拶があるのに大丈夫?なんて思ったり。 
 

水さんのご挨拶は面白くて暖かくて簡潔でよかったです。明日のスカステニュースをお楽しみに。(感じたこと、・・・したこと、言いたいことはいっぱいですが、時間が・・・、スカステや取材の中で・・・・正確な言葉を忘れてしまいまいした。)

幕は2度あがり、客席はスタンディングに。



2008/02/02(土) 19:17:59 [『君を愛してる-Je t' aime-』『ミロワール』]

今日は、2階上手S席

早いもので、大劇場の楽まであと2日ですね。
明日は見れないので、なごり惜しく、ストーリーに浸るというより、あまり注目してこなかったあたりもていねいに見てきました。組子さん全員を順にオペラで見たりとか。みなさん魅力的で、いくらでも次から次へと見るところがあるって感じですね。


雪組生、みんなきれいだなあと思います。(お茶会でそう言われたいとミズさんがおっしゃってましたが)
黒燕尾、ミズさんに注目しても個人で本当に魅力的で美しい。そして、全体を見てもびしっとそろって迫力があって全体が美しいです。


今日のジョルジュはちょっとおとなしい感じでしたでしょうか。
神父の歌のあと、神父のところに集まってきて、フィラントに突き飛ばされたあとの行動とか。そのほかもろもろ。
やわらかな雰囲気の二枚目でした。


ミロワールのアドリブは、
主役の女の子がマルキーズにそっくり・・・
のような感じだったと思います。

かなめちゃんの公演の演技がなんだか頼りなさがパワーアップして面白くなっていたように思いました。

アクアのシーン、いつも思うことですが、本当にすがすがしくて素敵だと改めて思いました。
ゆみこさんの歌も心に響きます。

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。