--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/12/31(月) 17:22:55 [その他]

強い冬型の気圧配置とかでとっても寒いですね。
明日の天気予報も同じくです。
雪マークがついています。

初日に遠くから来られる方々が無事こられますよう祈っています。
そして、寒くてもおだやかな1日になりますように。


今年も今日で終わりです。
こちらのブログを書きつつ、ミズさんファン、宝塚ファン生活を楽しんだ1年でしたが、読んでくださった方々、コメントを下さった方々、アンケートにお答えくださった方々、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

そして、来年もミズさんにとって充実した楽しい、いい1年になりますように。



スポンサーサイト

2007/12/30(日) 22:55:20 [『君を愛してる-Je t' aime-』『ミロワール』]

宝塚歌劇支局の藪下さんがお正月公演の舞台稽古のレポをUPされましたね。


好評で実際に観るのがますます楽しみになりました。

2007/12/30(日) 19:48:10 [その他]

ということは、あさってがお正月公演の初日です。
楽しみでドキドキです。

今年はそのことを楽しみに年末の片付けがはかどりました。楽しみがないと頑張れないということでしょうか。(笑)明日は仕上げにもう少し頑張ります。きれいに片付いた部屋で新しいカレンダーをめくりたいですね。
ディスクトップカレンダーとパーソナルカレンダーは発売後すぐに買ったのですが、スターカレンダーとステージカレンダーはどっちかひとつにしようと思い迷っていました。
ようやく、来年はスターカレンダーにしよう(今年はステージカレンダーを買いました。)と心に決めた、なんとその時、家族Cが買ってきたよ~とステージカレンダーを差し出すではありませんか。ということで来年もステージカレンダーがパソコンの部屋にかけられることになりました。

今年1年、ミズさんのトップ就任とともに、さらにタカラヅカファン度があがったような気がします。
大劇場はもちろんですが、
中日劇場にも1回でなく複数回遠征。(新幹線ののるとすぐ行けるという感覚がこれまでとちょっと違う?)
たまたま友の会でチケットがあたったから、東宝遠征。
世界陸上。
たくさんの雑誌・新聞・テレビ等のミズさんを追い、グッズを買い、
いつもいつもタカラヅカの1年を楽しんだような気がします。
そういえば、今年は全ツは梅芸のみで観劇、いつかは遠くにも行きたいなあと思っています。来年こそ!遠くにも行きたいですね。


具体的観劇回数は思い出せない?かな?

【続きを読む】

2007/12/29(土) 13:55:08 [本・雑誌]

またまた、Hanako WESTに宝塚、
今回は「宝塚TIMES 08」と題してトップ5人と注目のスター7人が載っています。
実は、AQUA5も。

今年の宝塚といえば、やはりAQUA5ははずせないでしょう(笑)
あれ?そこで思うのは2007年ですよね。
2008年のニュースをピックアップ!!ということはまだまだAQUA5の活動は続くのでしょうか?
まあ、よく考えれば、2008年の大劇場公演に登場ですから2008年のニュースでいいわけですね。でも、

かなめちゃんのコメント

今後もAQUA5としていけるところまでガンガンいきたいです


や、ミズさんのコメント

今後もユニットとしてみなさんに興味を抱いていただけるよう幅広い活動をしていきたいです。



の言葉に期待です。

ミズさんのインタビュー記事はそんなに多くはありませんが、今の充実を感じさせてくれる素敵なものです。
1番印象に残ったところは一問一答コーナー

Q、今後やってみたい役は?
ドロドロした状況のなかで生きる人間らしい役(笑)(中略)
舞台でしかできないような”苦悩”を演じてみたいです



ひゃー、みてみたい!!!
できるものなら、来年のDCあたりで見たいなあ・・・と思います。

もちろん、

Q、新春宝塚大劇場の公演の身どころ
お芝居は男の友情やコミカルな場面もありの心温まるラブロマンス。(中略)
ショーはミステリアス&THE宝塚の両方が見どころ



こちらもとっても楽しみです。

2007/12/29(土) 09:02:36 [その他]

お正月公演を楽しみにうきうきしてる中、公式HPには「組替えのお知らせ」が出ていました。

雪組からは純矢さんが宙組に異動です。寂しいですが、宙組公演での活躍を楽しみにしています。

【続きを読む】

2007/12/26(水) 21:51:16 [スカイステージ]

今日のニュースで大劇場お正月公演のお稽古場映像が10分ほどですが流れましたね。

あまりに素敵でいっきに5回もリピートしてしまいました。
ますます楽しみになりました。

お芝居では
ミズさんは肩の力をぬいた、ほんわかした感じ。3枚目でも素敵です。そして若い。
ゆみこさんは、クールにカッコいい感じ。
桂ちゃんは、とびきりノー天気?で明るく輝いてます。
かなめちゃんは恋に悩む二枚目。
ひろみちゃんは頼もしい団員さんのイメージ。
となみちゃんは、ばりばりのリーダーの雰囲気。

ショーはタカラヅカらしい雰囲気もふんだんにあり、でも個性的場面もありそうで楽しみです。ミズさん、サングラスが似合ってます。

舞台で見るのが本当に楽しみです。さて、今日感じたイメージどおりでしょうか?

今日は雪組クロニクル2007SPもあって全部見ましたがファンとしても密度のこい1年だったなあと見ながら振り返っていました。

2007/12/25(火) 20:26:55 [その他]

ROSE troupeの文月さんからバトンを頂きました。
難問ぞろいなので答えには悩みましたが、やってみました。

【続きを読む】

2007/12/25(火) 19:36:26 [タカラヅカ観劇]

行ってきました。DC月組公演。


感想は、「こういうタカラヅカもたまにはいいかも?」
まず、行く前から宝塚らしくないと覚悟していったのでそういう意味でタカラヅカらしくないというがっかり感はなかったということでしょうか。

今回観て、荻田先生は、どんな悲劇でもハッピーエンドなのかもしれないという思いをもったりもしました。凍てついた明日のラストも2人の笑顔がすべての苦しみを洗い流したようなすがすがしさがありましたが、今回はさらに甘い。

文句を言うとしたら、1幕は眠かった。(ごめんなさい)
でも、寝ませんでしたよ。集中してオペラを駆使してみなくても場面の変化はゆるやかで表情も抑えた淡々とした流暢なおしゃべりが続きます。それが心地よい子守唄?のように響き、眠くなる?(両隣の人は寝てました。)
衣装は、あさこさんはカッコよかったのですが、1幕の若手の衣装は男役も女性っぽさが見えてもうちょっと違ったものがよかったのでは?と思いました。

アレクサンダー大王のお話だけど、中身は「人」というものについての考察。そして、アレクサンダー大王はタカラヅカのトップスターにも見えました。人生の中で「そう思ったことあるよ」という台詞がちりばめられていて、それらについては、そうそう、なんて思いつつ聞きました。

感情の起伏が大きいわけでなく、大きく喜んだり、幸せを感じたり、悲しんだり、苦しんだり、ショックを受けたりということがなく、我慢するとか、むなしさとか、気持ちをごまかすとか、わからないとか、そういった思いが次々とせまってきました。

荻田先生がパンフに書かれている言葉、

自由に生きているように見せかけることを求められた人間が、求められたままに自由に振舞ってみせる狂言を演じながら、なんとか自由にたどり着こうとした物語



わかったような気がしました。

2007/12/24(月) 18:50:24 [その他]

今年のディスクトップカレンダー、来年のを買ったのでもう用済みと思っていたら、なんと、クリスマスメッセージというのがあったのですね。
スケジューラーを起動すると、今日と明日の間、水さんのメッセージが聞けます。
なんだか、年末のあわただしい気持ちが癒され、にっこりとなります。


今日は、すみれさんの東宝楽。
ご卒業おめでとうございます。そして、お疲れさまでした。

また一つの時代が過ぎていくと思うと寂しいですね。
自分自身の生活と観劇の思い出などが関連して思い出されるのでよけいにそう思うのでしょうか。


【続きを読む】

2007/12/23(日) 19:41:39 [本・雑誌]

ようやく買ってきました、グラフお正月号。

表紙はきりやんです。とってもさわやかできれいですね。白い衣装の2ページ続きのお写真が1番好きです。

お正月号ということで、トップさんたちのお写真がいかにもお正月って感じで面白いです。

轟さんは凛としたあらたまった雰囲気です。

あさこさんとかなみちゃん、とうこさんとあすかちゃん、それぞれなんとなくポーズというか雰囲気があってますね。あさこさんとかなみちゃんは同じようなポーズなんですが、雰囲気は全く違います。あさこさんも1ポーズ1ページだとよかったかな?と思ったりします。ちょうど真ん中が綴じ目でシルエットが見難いし。とうこさんとあすかちゃんはどこかなにわの人情芝居?って雰囲気でしょうか。

ミズさん、となみちゃん、タニちゃん、ウメちゃんはそれぞれ個性派って感じです。
ミズさんの今回の衣装のとりあわせ、なんというか、カッコいいです。大きな蝶の柄のお着物もいいです。見方によっては女性らしく、見方によっては男っぽくお気に入りの写真になりました。

となみちゃんはちょっと落ち着いた女性誌のモデルさんのようです。豪華なイメージです。

タニちゃんは宙組のイメージなんでしょうか。とってもタニちゃんらしい雰囲気です。
ウメちゃんは現代的ですね。

ゆうくんとあやねちゃんはさわやかなイメージです。

どれも素敵で今月号はこれらの写真でずいぶん楽しませていただきました。


Up dateのコーナーの蘭寿さんのお写真も素敵です。
大空祐飛に魅せられて。のコーナーではさすがファンのリクエストだけあってどれもいい写真です。

電話ですよ!もしもし交流館
今月はミズさんです。
あさこさん、とうこさん、タニちゃん、ゆうくんからミズさんへのコメントに答えるミズさん。

マッサージをしてもらった御礼に何かしてあげたいというあさこさん。
畏れ多いといいつつ、あさこさんにコンサートに一緒に行きませんかとさそうミズさん。

ぼーっとしているミズさんを見て見たいというタニちゃん。
お風呂に入る前にぼーっとするというミズさん。

ちかさんとよぶゆうくん。真飛さんのことをゆうと呼ぶミズさん。
CMと世界陸上のお話を聞かれて答えるミズさん。

とうこさんのコメントへのミズさんの返事には笑ってしまいました。
すみれさんにも突っ込まれたというお写真。
TCAルサンクの裏表紙トークコーナー。どんな写真だったっけとルサンクを探す私。なかなかみつからずいろいろ想像していたのですが、まさか、こういうお写真だったとは。
マイクは胸のあたりかな?と想像しつつみたら、手をおろしてただ持っているミズさん。他の3人の方々は口元にマイクが。確かに一観客モードですね。

壮さんの脳内わがままキャスティング劇場もなかなか面白いです。

AQUA5通信のページ
宣伝のページ?って感じですが、このコーナーがあるだけでも嬉しいですね。

台詞に恋してのコーナーでは、ともちんが、
「カラフ、生きろよお!」鳳凰伝よりを揚げられています。
ミズさんのことにもふれ、毎公演台詞が聞こえた瞬間は、本当に鳥肌物でしたとか。ご本人も新人公演でされた役で、言うことができて嬉しかったと言われてますが、このように言ってられて嬉しいですね。














【続きを読む】

2007/12/22(土) 20:12:39 [水さん]

今週はミズさんです。
先週、大劇場に行ったときに知り合いに教えてもらっていたのに忘れていて、あわてて家族Aにメールをして仕事帰りに買ってきてもらいました。(家族に感謝!)
来週は新春特別版で1月3日(木)かなめちゃんです。


大きな見出しは

新たな一歩を刻む



です。
ミズさんのコメントの

「感謝の1年でしたね。お正月公演は雪組のための新作。本当の意味での第一歩かな」



からでしょうか。ミズさんは、サインとともに感謝という言葉も書かれていて、きっととってもいい1年だったんだろうなあと思えて嬉しいです。

記事によると「お正月公演は明るいコメディタッチの人間ドラマ」のようですが、人間ドラマという言葉に期待が膨らみますね。

ミズさんは、役について二つのことを言ってられますね。

「個性的でも、悪役でもない、一番難しいものがついにやってきましたね。」
「寒色系に固まりかけている時に、ガラッともう一回根底から崩して、違う引き出しをつくりたいです。」



どんな新しいミズさんの一面が見れるかというのもとても楽しみです。

「何度見ても心温まる話だと思うので、ぜひ見ていただきたいですね」


で、締めくくってられますが、あと、1週間とちょっとで初日。本当に楽しみです。

他には、歌謡コンサートで別の世界にふれ、貴重な経験だったというお話などされていました。







2007/12/21(金) 21:48:59 [スカイステージ]

雪公演の稽古場インタビューやらオサさんの思い出の場面リクエストやらが放送されています。

雪公演については、桂ちゃん、シナちゃん、ひろみちゃんへスカイレポーターズがインタビューです。ほんわかムードでとっても楽しい雰囲気で、かつ、公演についてもいろいろ分かってよかったです。

お芝居は歌が多くて桂ちゃんのお気楽な歌、ゆみこさんのロック調の歌も楽しみです。
となみちゃんは、空中ブランコの花形スターで姉御肌というのも新鮮な役ですね。日ごろのぱきぱきしたところとかぶるとかひろみちゃんが言ってましたね。
シナちゃんとミズさんがフェンシング?いったいどんな場面なんでしょう?
桂ちゃんは、ルキーニではないけど、またアドリブ場面があるそうで楽しみです。ハードルをあげないで~とか桂ちゃんは言ってましたが。
ショーはこれぞタカラヅカといったオープニングだそうでそれも楽しみです。

すみれさんの思い出の名場面、ミズさんが結構一緒に写っていて嬉しかったりします。
タカラヅカ舞夢の黒タキ銀橋やら大階段からのきりやんと3人のダンスとか、エスペランサの銀橋でゆみこさんと3人のところとか、ちょうど特出の時の東宝のもちつき祭りの様子とかも写っていました。

2007/12/20(木) 21:46:49 [水さん]

普通のテレビ番組に宝塚・ミズさんが出演というのは楽しいですね。

家族Aも、えー?すごい!宝塚!何時の間に!とか言ってました。
ご無沙汰の友人からも、今宝塚が出てるね~とメールがきたり。

なかなかきれいで、カッコよくて、その上、映像で短くても公演やら世界陸上やらの映像を流してくれて嬉しいですね。

最後には大階段のセットでかっこよく踊る姿も素敵でした。
面白くていっぱい笑って見ました。

2007/12/18(火) 20:03:29 [その他]

スカステ以外の放送で、それも舞台中継でない番組で宝塚を見れるというのはめったにないことと思っていましたが、このところ立て続けですね。

今週は木・金と連続でAQUA5としての出演です。
どちらも録画ですよね。生出演ではないので歌謡コンサートのようには緊張しないと思いますが、それでも歌手として?一般のテレビ出演と思うと緊張です。
とくばんは地域によって放送時間の長さが違うのでちゃんと写るのかちょっぴり心配なんですが、楽しみです。


公式HPより

2007/12/14

「とくばん」
「とくばん」に宝塚歌劇団雪組の「AQUA5(アクアファイブ)」が出演致します。

○放送日時
 2007年12月20日(木)
 放送時間は地域によって異なります。
 関東地方ほか…18:55~21:00
  関西地方ほか…20:00~21:00

○放送局
  TBS系列全国ネット

○出演者
(雪組)AQUA5(水 夏希、彩吹真央、音月 桂、彩那 音、凰稀かなめ)




2007/12/18

「僕らの音楽」
○放送日時
2007年12月21日(金)23:30~23:58
 
○放送局
フジテレビ系列

○出演者
(雪組)AQUA5(水 夏希、彩吹真央、音月 桂、彩那 音、凰稀かなめ) 




AQUA5というような形で歌を発表して活動するということは、ちょっぴり宝塚の幅が広がるのだなあというのをテレビ出演でも実感ですが、クリアファイルにも感じたりしています。
職場の周りの人たちにささやかなクリスマスプレゼントをと思ったとき、ふとアクア5のクリアファイルを思いついたのです。お化粧も舞台化粧というわけでないので一般には抵抗が少ないと思い選びました。クリアファイルは実用的ですしね。
 
私自身は紙のファイルの中で自分ひとりが見える状態でひっそり使ってましたが、プレゼントされた相手は堂々と机の上の本立てにさして誰もが見える状態に、ちょっと恥ずかしかったり嬉しかったりです。        

2007/12/17(月) 20:29:57 [『君を愛してる-Je t' aime-』『ミロワール』]

東宝公演の友の会抽選結果が分かりましたね。
残念ながら4公演入れましたがはずれでした。エリザが当たったのが奇跡のようなものですからそんなものでしょう。残念ながら今回は遠征なしに決定です。


ところで、新人公演の配役の詳細が公式HPで発表になりましたね。


『君を愛してる-Je t'aime-』
『ミロワール』-鏡のエンドレス・ドリームズ-
公演期間:2008年1月1日(火)~2月4日(月)


主な配役          出演者      新人公演
ジョルジュ・ドシャレット  水 夏希     蓮城まこと
マルキーズ         白羽 ゆり    愛原実花
*~*~*
フランソワ・ドピルパン   一樹 千尋    大凪 真生
団長             飛鳥 裕     衣咲 真音
副団長            灯 奈美     鞠輝 とわ
レイチェル          美穂 圭子    此花 いの莉
レオン神父          未来 優希    沙央くらま
アルガン           彩吹 真央    大湖せしる
パンセ            ゆり香 紫保    花夏 ゆりん
エレーヌ・ドピルパン    天勢 いづる    晴華みどり
フィラント           音月 桂      香綾 しずる
ウイエ            麻樹 ゆめみ    透水 さらさ
リュシール          山科 愛      沙月 愛奈
ラヴァンド           舞咲 りん     千風 カレン
公証人            奏乃 はると    紫友 みれい
シャルル           彩那 音      彩夏 涼
ジャサント          森咲 かぐや    悠月 れな
イリス             花帆 杏奈     美乃 ほのか
レザン             柊 巴        葵 吹雪
ロズィエ            神 麗華      白渚 すず
ミミ               涼花 リサ     舞羽 美海
アナナ             谷 みずせ     祐輝 千寿
カメリア            穂月 はるな    希世 みらの
アルセスト           凰稀 かなめ   凛城 きら
スリーズ            真波 そら     涼瀬 みうと
クレアント・ドシャレット    緒月 遠麻     透真 かずき
アンジェリック         晴華 みどり    早花 まこ
スカパン            沙央 くらま     彩凪 翔
アザレ             鞠輝 とわ      笙乃 茅桜
ジャコモ            衣咲 真音      愛輝 ゆま
クリザンテーム        早花 まこ       華吹 乃愛
ロドルフォ           大凪 真生      香音 有希
ペルシル           大湖 せしる      梓 晴輝
マルチェルロ         彩夏 涼        桜寿 ひらり
ショナール          葵 吹雪         寿々音 綾
コルリーネ          紫友 みれい      聖河 椋
オルタンシィア        千 はふり       鈴蘭 まあや
ベノア             祐輝 千寿       凰華 れの
セリメーヌ・ドピルパン    大月 さゆ       純矢 ちとせ
ムゼッタ            純矢 ちとせ      桃花 ひな
フローラ            花夏 ゆりん       花城 舞
アンニーナ           沙月 愛奈       貴月 美礼
アイユ              蓮城 まこと      朝風 れい
ペッシュ             千風 カレン      千 はふり
アブリコ             悠月 れな       愛加 あゆ
クレマンティーヌ         愛原 実花      雛月 乙葉
プワール             美乃 ほのか     舞園 るり
ピエロ               彩風 咲奈      大月 さゆ



役名がいっぱいですね。
それぞれがどんな役か楽しみです。本公演がまずはとっても楽しみですが、新人公演も頑張っていただきたいですね。フレッシュなメンバーの舞台も楽しみです。

2007/12/15(土) 20:02:21 [その他]

12月15日朝の大劇場



朝早くから大劇場に行ってきました。
まだ夜が明け切らない大劇場周辺ですが、宙組チケット一般販売の抽選に並びに行く人がぞくぞくと。

そして、今日は星組公演の千秋楽でもあり、もう、門の前には何人もの人がいました。
寒い中、このあと何時間も待つのですよね。タカラヅカファンのパワーはすごいです。


【続きを読む】

2007/12/14(金) 20:40:56 [スカイステージ]

昨日、初回の放送がありましたね。

番組詳細

宝塚の生徒が、なぜ宝塚歌劇を目指したのかという原点に迫る番組。第2回は水夏希が、母校・千葉県立千葉女子高を訪れます。体育館前で大きな声で合唱しているミュージカル部の先輩たちに憧れ、入部を決意。それ以来、水はミュージカル部一色の高校生活になるほど、部活動に熱中する。学校の中でも放課後も、考えるのはミュージカル部のことばかり・・・。そんな時に出会ったのが宝塚だった。まさに、“舞台人”としての水夏希の原点は、この高校生時代のミュージカル部との出会いにある。そんな、水にとっての原点となる場所である高校に訪れ、現役のミュージカル部の生徒との触れあいや、「夢を叶えるために大切なこと」をテーマにした講演会の模様をお届けします。水夏希の新たな一面をお楽しみ下さい。



番組詳細には新たな一面をと書かれていますが、ミズさんらしさのよく表れた番組でしたね。
きさくで、さっぱりしていて、温かくて、いつも真摯で謙虚で努力家。
見ていて自分も頑張りたいって気持ちにさせられます。

なかなか素敵な番組でした。
ミズさんにとっても、いい思い出になったのではないでしょうか。

最後に「舞台人としてのこれから」についてナレーターがまとめていました。
御披露目公演の舞台挨拶、そして、車の中のインタビュー、喫茶店でのインタビュー・・・

「どんどん変化していきたい。」
「限りない可能性を追い求めて生きたい。」
「はかりしれないねっていわれたい。いつまでも。」
等々。

歌劇の今年を振り返ってのコメントの最後にもそのようなコメントがありましたよね。

さまざまな新しい一面が見れるであろうことを想像し、ますます今後が楽しみであるとともに、どこまでも見届けたいですね。

2007/12/11(火) 21:03:45 [スカイステージ]

Joyful!!とJoyful!!Ⅱとの比較をしていました。

同じ作品で要所が同じでもずいぶん雰囲気が違いますね。
こうやって同じ場面を続けて映して比べるとますますそう思います。

コムちゃんとまーちゃんはかわいい雰囲気。かしげさんは王子様。
ミズさんととなみちゃんはアダルト。ゆみこさんは粋。

続けてみていると、同じシーンで、コムちゃんがクールで冷たいイメージでミズさんがニコニコ暖かいイメージのところもありました。

そして、中日で変わった場面で、瀬戸内美八さんのシーン。
ルミさんの同じ場面の映像も見れて嬉しく思いました。

2007/12/09(日) 20:40:18 [本・雑誌]

今月号はすみれさんのサヨナラ特集。

ミズさんからの送る言葉もあります。
ミズさんのコメントはミズさんらしくて本当に素敵です。
飾らず、素直であたたかいコメントです。

カラーポートのミズさん
女性らしくてかわいい雰囲気です。それでいて男役さんのスマートさがあっていいです。クリスマスのイメージが感じられるお写真ですね。

2007年度阪急すみれ会・パンジー賞発表が載っていました。
ミズさんは、トウコさんとともに男役賞。

今月は12月。なんといっても「舞台を語る 2007」のコーナーでしょう。トップさんのみのコーナーですから、ミズさんは今年初めての登場です。
沖田さん、ジョイフル2、トート、そしてアクア5と本当に充実してかつ、新たな魅力開花の1年でしたよね。
記者さんの初めの文の最後、「快進撃を続ける水に宿るピュアな情熱から目が離せない。」
そうですともと思いつつ読みました。

水さんの1年を振り返っての個々の舞台やお仕事へのコメントの最後には来年のことについて
「夢は限りなく広がりますので、まだまだこんな魅力があったんだ、計り知れないなと感じて頂けるような舞台を創っていきたいですね。」

とのこと。楽しみです。

7つの質問コーナー
小道具は土なべ。とうこさんとタニちゃんもです。すみれさんはワイン、あさこさんはクリスマスリース。

クリスマスといえば、匠ひびきさんがレビュースペシャルの時に自前のネクタイを皆に貸してくださったというエピソードを書かれてますが、たくさん持ってられたんですね。

はまりんこでごめりんこ2
今回、ミズさんの作の題字が2つ載っていました。3枚でいいのに4枚書いてくれたからとはまこさん。いいのを3枚選んだらいいのにやさしいですね。


来年1月号は表紙にポートに座談会。楽しみです。



【続きを読む】

2007/12/09(日) 09:46:39 [その他]

12月8日梅田


大劇場に行く途中の梅田駅の様子です。なんと、今週末には次の宙組公演の一般前売り日なのですが、もうその次のミーマイの宣伝があの柱に。なんであれ、宝塚の宣伝が大々的にあるのは嬉しいですね。

そして、大劇場のキャトルでは、
お目当ての君を愛してるのポスター購入。パソコン部屋にはジャンPのポスター、中日星影のポスター、エリザのポスターをパネルに入れてそのほかのちらしやカレンダーとともに飾ってあるのですが、もう貼れない?ということでリビングに進出。ちょっとこの部屋も整理して並べ直したいと思います。さすがにリビングにずーっと並べるのはね。(笑)

マグネットシートは透明の袋をあけないまま冷蔵庫に貼りました。

ディスクトップカレンダーはまだ、見ていません。

歌劇も購入。(のちほど感想は書きたいと思います。)
ポストカードも購入。
エルアルコンのラガールカードも購入(売り切れてなくてよかったです。)

キャトルでは、ミロワールのグッズの鏡の制作キットを売っていました。人によって値段が違いました。3000円台の人もいれば、ミズさんは5000円近かったと思います。さすがに高いのでためらって昨日は買いませんでしたが。次に行ったときはどうなっていることでしょうか。

ハートの数を探すというのに応募してきました。こちらは写真館の前のパネルのところで。

昨日は昼は友人と観劇、夜はまた別の忘年会ということであわただしく盛りだくさんな1日でした。







2007/12/09(日) 08:28:32 [タカラヅカ観劇]

昨日、行ってきました久々の大劇場。

エル・アルコンは、斉藤先生がプログラムの中でかかれている「中世ヨーロッパの大海原を舞台に男達の野望とリヴェンジ、女達の愛憎が交錯する”洋風絵巻”こと”コスチュームプレイ”こそ最近の宝塚歌劇が忘れかけていた王道。」

その斉藤先生の言葉に納得、そういうものを見たいと思っていたのよといった思いなんですが、まさにその言葉をせいいっぱい表現した作品という感じでした。星組のメンバー構成にあわせたつくりで下級生まで生かして上手いなあとも思いました。

ただ、ラストが分かりにくいのが難点でしょうか。
炎上のシーンで終わればドラマティックだったと私は思うのですが。
その後、だらだらと続き、ああ、白い衣装に着替えて出てくるのだなあと予想はつきましたが、確かに、ダーティーヒーローものにもかかわらず、さわやかな印象の終わり方なんですが、見たあとのインパクトが弱くなると思いました。

おおむねの印象はそうですが、細かいところでは、
ダーティーヒーロー物、主人公はカッコいいのですが、ちょっぴり主人公に感情移入しきれない部分がありました。

とうこさんは、さまざまな豪華な美しい衣装が似合ってました。(ラストの白の帽子だけはちょっと・・・ですが)

あすかちゃんセンターの娘役さんたちのダンスはかわいくて魅力的です。

しいちゃんと涼さんも、それぞれの持ち味にあった魅力的な役でした。

れおんちゃんや和さんはいい役ですね。そして、その手下の真風さんもカッコよく目立ってました。お芝居のほうではミズさんに似ているなあって思いました。ショーのほうではそうも思いませんでしたが、やはり目だってました。
一方、ティリアン側のはやちゃんもクールな雰囲気で目だっていました。

ショーのほうは、ラインダンスが早いのですね。でも、そのあたりまでは良かったのですが、その後も前半と同じような雰囲気が続きちょっと中だるみのような感じがしました。オスカル氏の振り付けということでその色で統一なんでしょうが。次はばりばりのキザな宝塚っぽいショーが観たい~と思いました。









2007/12/07(金) 20:30:08 [水さん]

今年の宝塚の公演ラインアップ発表は小出しですね。
少しづつ少しづつです。

今日は、
大劇場8月の雪組 こちら
バウ5月の雪組  凍てついた明日 かなめちゃん
バウ6月の宙組  殉情(じゅんじょう) ちぎちゃん、蓮水ゆうやさん

博多座8月の月組  ME AND MY GIRL きりやん
日生9月の月組   華麗なるギャツビー あさこさん

がそれぞれ公式HPで発表になりました。



2007/12/07

2008年 宝塚歌劇公演ラインアップ(宝塚大劇場、東京宝塚劇場)<雪組(8~11月)>)


雪組
◆宝塚大劇場:2008年8月8日(金)~9月22日(月)
<一般前売開始:2008年7月5日(土)>
◆東京宝塚劇場:2008年10月10日(金)~11月16日(日)
<一般前売開始:2008年9月7日(日)>

ソング&ダンス・ショー
『ソロモンの指輪』(仮題)
作・演出/荻田浩一

古代イスラエルの伝説の王ソロモンは、古今東西の知識と知恵を身につけた魔法使いだった。彼の持つ指輪をはめると、ありとあらゆる動物の声を聞くことが出来たという―その伝説をモチーフに展開する、ファンタジックなショー作品。

ミュージカル
『マリポーサの花』
作・演出/正塚晴彦

アウトロー的な生き方を表面では見せながらも、実は世の中の不条理に対し闘争心を燃やす男の生き様と、彼を慕う娘とのラブ・ロマンスを描いた作品。カリブ海を舞台に、サルサをはじめとする陽気で情熱的ながらどこか哀愁を含んだラテン音楽に乗せて展開する、スリリングなサスペンス・ミュージカルです。

■主な出演者・・・(雪組)水 夏希、白羽 ゆり




不意打ちでしたが、とっても嬉しいです。
なんと、荻田先生のショーに正塚先生のお芝居。

荻田先生のファンタジックというのはちょっとイメージと違うのですが、ちょっぴりバビロンを思い出したりなどして本当に楽しみです。
ミズさんのディナーショーも荻田先生でとっても素敵でしたから期待が大きいです。

そして、正塚先生。銀の狼の陽性版のような作品だといいなって思います。お芝居では、ミズさんがトップさんになってから、トート、沖田さん、そして、まだ見てませんが3枚目のジョルジュといろんなタイプの役をされましたが、また全く違ったキャラクターのようなのでこれまた期待が大きいです。お正月公演もとっても楽しみなんですが、8月の公演もとってもとっても待ち遠しいです。

凍てついた明日、たーたんの役をかなめちゃんなんですね。とうこさんのされたジェレミーは誰でしょうね。

月組は、あさこさんは、杜さんのされた華麗なるギャツビーをされるんですね。いいですね。このところカッコいい役、目白押しって感じですね。

きりやんのビルも楽しみです。

2007/12/06(木) 20:56:17 [水さん]

視聴率の高い番組ってスゴイですね。
今朝職場に行くと、私の好きなタカラヅカが出ると言っていなかったにもかかわらず、出てたねって声がかかったりしました。

一人には、出るから見てねって話していたのですが、その人の反応。
始め、黒木さんたちのすみれの花咲く頃では、みんな同じ顔に見えたとか。でも、その時、「そうそう、男役の人が好きだといっていたっけ」と思って見ていたら黒燕尾。目立つ人だろうから、たぶんこの人だろうと思って見ていたそうです。最後に名前が出たので分かったとのこと。タカラヅカのOGの人は見たことがあるけど、現役の人を見たのは初めてと言ってました。それと、知的な顔で好きだとも言ってました。(ちょっと嬉しく思いました。)

次の一人は、家族で見ていてたまたま見たとか。歯があまり白くないと言ってて?そうなの?と思いました。テレビの人と舞台の人は気をつけるところが違うのだろうなって思ったとか。テレビに出る人はいつもアップなのでものすごく歯が白いって言ってました。でも、タカラヅカ、とってもきれいだったと言ってくれていました。顔の判別はついたけど、次みたらわかるか?というと分からないかもとのことでした。

もう一人は、みんな歯並びがきれいねとか。もっと歌ってほしかったとか言っていました。

上の2人はタカラヅカを見たことがないそうです。最後の一人は以前見たことがあるそうです。ちょっと知っているかどうかで見え方もまた違ってくるのでしょうね。
そういえば、私も昔は黒燕尾は全体で見ていて個人を判別なんてしていなかったように思います。宝塚の大階段の黒燕尾はそれだけでカッコよくて魅力ですよねっと思うとともに、今は個人も判別できて、ミズさん素敵~とミズさんの黒燕尾ダンスにテレビを見ながらときめいていました。


タカラヅカニュースですみれ賞の懇親会の模様が映っていましたね。
12月3日。お稽古もあって、これがあって、4日はNHK、5日はFNS、そして、6日はお稽古・・・本当に大変ですね。テレビでいっぱい見れて嬉しいですが、体には十分気をつけていただきたいです。

お正月公演は3枚目に挑戦とか言ってましたが、どんな感じになるのでしょうね。主役が3枚目の宝塚のお話って思い出せません。私自身、これまでさけて通ってきたのでしょうか?パリ空とかコメディですが主役が3枚目というわけではありませんし。
水さんの2枚目半といえば、エスペランサのベニートとか、ロマパリのムジャヒドとかフィガロとか思い出しますが、御曹司という設定からしてタイプが違うでしょうね。

新しい男役の境地開拓に挑戦とのこと、どんな新しいミズさんの魅力を発見できるか楽しみです。

今日のニュースの最後のCMは、ゆみこさん一人バージョン。2枚目ですね。





2007/12/05(水) 21:48:19 [水さん]

ようやくミズさんたちの出番でしたね。9時20分ごろでしたでしょうか?

はじめは、白い衣装の黒木さんととなみちゃんとウメちゃんの歌に娘役サンたちがうしろで華やかさをそえます。

次はミズさんやタニちゃん、そして男役さんたちの大階段黒燕尾。階段は少ないですが、ものすごく素敵でした。
これぞタカラヅカの男役さんたちの魅力というシーンの再現ですね。

最後は、かなみちゃんと秋川さんの歌にみんなが合流してという流れでした。かなみちゃんの歌も素敵でタカラヅカのいいアピールになったのではないでしょうか。

家族は舞台化粧なのでみんな同じ顔に見えるとか言っていましたが。

そうそう、テーブル席で見ている素顔の化粧のお姿も写って2度楽しめましたね。

2007/12/04(火) 21:13:23 [水さん]

NHKの歌謡コンサート終わりました。

歌番組をじっくり見たのは久しぶりです。
オープニングには下手に並んでひっこんで、ちょうど番組の真ん中あたりに出てきて、少し舞台映像が流れてごく短いトーク。そして、歌。
ラストにまた上手に出ていました。

いつも舞台や映像やら見ていても緊張しないのに、テレビを見てなぜかめちゃくちゃ緊張してしまいました。世界陸上以上でしょうか?いや、よく考えると、世界陸上の時は競技場でただただカッコいい~と思って見てたように思います。今回は、アップ多用の歌番組という独特の雰囲気があって、同じ舞台なんですがタカラヅカのような舞台化粧でなくふだんのお化粧での登場で歌。ミズさんや桂ちゃんたちの緊張も伝わってくるような気がしました。そんな中、ゆみこさんは余裕に見え、ちょっとほっとさせられたりしました。

だけど、ミズさんはじめみなさんとっても素敵で、地デジでアップでいい笑顔が見れて幸せでした。美しかった!



2007/12/03(月) 19:32:07 [水さん]

予定といっても、近い予定、遠い予定さまざまですが、

まずは、明日
NHKのHPより

NHK歌謡コンサート「家族の絆(きずな)・家族の愛」
放送日 :2007年12月 4日(火)
放送時間 :午後8:00~午後8:45(45分)

小林幸子,坂本冬美,AQUA5,新垣勉,大泉逸郎,島津悦子,芹洋子,天童よしみ,中村美律子,藤原浩,【演奏】三原綱木とザ・ニューブリード,東京放送管弦楽団ほか


今回のNHK歌謡コンサートのテーマは「家族のきずな・家族の愛」。「孫」「祝い酒」「雪椿」「壺坂情話」ほか、名曲の数々をお送りする。沖縄出身の盲目のテノール歌手・新垣勉さんは、これまでの半生を語ったあと、親子のきずなを感じる沖縄民謡「てぃんさぐぬ花」を歌う。「時代の歌こころの歌」は昭和51年のヒット曲、芹洋子さんの「四季の歌」。「歌コン最前線」は宝塚歌劇団の男役スターで結成するAQUA5を紹介する。



AQUA5として生出演です。
なんだかドキドキです。歌番組では、どんな雰囲気で登場でしょうか。
世界陸上のイメージかな?
楽しみです。

そして、明後日。

FNS歌謡祭2007
12月5日夜19時から4時間半の生放送!



たくさんのスターさんの出演がありますが、ミズさんたち宝塚のみなさんは何時ごろの出演でしょうね。


そして、半年後の予定が公式HPにupされました。
来年の全ツの日程です。演目はまだですが。




2007/12/03

雪組 全国ツアー公演について
■演目
『演目未定』

■主な出演者・・・(雪組)水 夏希、白羽ゆり
 
■公演期間
2008年5月17日(土)~6月15日(日)
公演日 開演時間 公演会場
5/17 (土) 12:00 16:30 梅田芸術劇場 メインホール
5/18 (日)12:00 16:30

5/20 (火)14:00 18:00 松山市民会館(愛媛県)
5/21 (水)14:00 18:00

5/23 (金)14:00 18:00 福岡市民会館
5/24 (土)11:00 15:30
5/25 (日)貸切 15:30

5/27 (火)14:00 18:00 長崎ブリックホール
5/29 (木)14:00 18:00 九州厚生年金会館(福岡県北九州市)
5/31 (土)14:00 18:00 広島厚生年金会館
6/1 (日)11:00 15:30

6/2 (月)14:00 18:00 石央文化ホール(島根県)
6/4 (水)14:00 18:00 アクトシティ浜松(静岡県)
6/6 (金)14:00 18:00 川口総合文化センター(埼玉県)
6/7 (土)14:00 18:00 市川市文化会館(千葉県)
6/8 (日)12:00 16:00

6/10 (火)14:00 18:00 北海道厚生年金会館
6/11 (水)貸切 18:00
6/12 (木)14:00 18:00

6/14 (土)14:00 18:00 グリーンホール相模大野(神奈川県)
6/15 (日)12:00 16:00

※都合により、開演時間の公演スケジュールや貸切公演への変更が生じることがございますのでご了承ください。




すごいですね。南は九州、北は北海道まで本当の意味での全国ツアーですね。次回はできるなら大阪以外も行ってみたいと思いますが、演目が気になりますね。もうすぐ発表でしょうか。





2007/12/02(日) 19:04:54 [その他]

CDを聞いた感想というか、好みを書いてみたいと思います。
今日の私の気分にも左右されているかも。

気に入った曲は
3.Joy To The World (水) 

まあ、ミズさんが歌っているというだけでポイント高いです。
三木先生はあさこさんのことはとってもよく分かってられて、かなりぴたっとした、かつ、冒険心ももった選曲をされているのに対して、ミズさんについてはちょっと遠慮があるというか冒険をさけたという印象ですが、ミズさんにマッチした選曲ですね。そして、コーラスが入ってちょっと華やかでなかなかいいです。ミズさんの歌自体もとっても素敵です。いっぱい練習されたのだろうなって思います。
 
6.かりそめのスウィング (瀬奈)

まず、曲が好きですね。そして、あさこさんの声質があっていて雰囲気がマッチしていていいです。 
 
9.Amazing Grace (春野) 

澄んだ美しい声ですね。聞きほれます。でも、なぜか、聞くたびに出だしはゆみこさん?って思ってしまったりもします。

10.Song of X’smap (真飛・霧矢・大空・彩吹・柚希・蘭寿) 

さわやかな雰囲気がいいですね。

11.Christmas List (彩乃) 

魅力的な歌声で聞きほれます。

12.アヴェ・マリア (白羽) 
 
 

となみちゃんにぴったりの選曲だなあって思います。

15.クリスマス・イブ (安蘭) 

トウコさんは、日本語の歌のほうが合うように思います。

16.O Holy Night (霧矢) 

のびやかな歌声が魅力的です。

17.Blue Christmas (瀬奈)

二つの系統の歌を歌ってられて、いいなあ~。ミズさんにももう1曲歌って欲しかったなあ。 

18.White Christmas (春野) 

オサさんは何を歌われてもオサさんの魅力全開です。

19.Silent Night (春野・瀬奈・水・安蘭・大和)

ラストの19番は、ミズさんが少しでも歌われているということで入れましたが短い!

ゆみこさんは、選曲がマッチしていなかったような気がします。どっちかというともっと力強い歌が聞きたかったかなあと。それこそ、甲斐バンドとか。

ゆうひさんは歌が雰囲気にマッチしていましたね。魅力が出ていたと思います。
三木先生、最近の月組さんに縁が深いせいか、なんだか月組さんには特に上手に曲をあてられたように思います。

2007/12/02(日) 13:45:23 [その他]

買ってきましした。
CHRISTMAS PRESENT
2週続きでDVD付きCDを購入することになろうとは。
先週はもちろんアクア5です。


ミズさん2曲、ソロは1曲だしなあ、どうしようかなあ。
DVDもちょっとしか写ってないだろうし、アクア5のレコーディング映像があるし、今回はもういいかもとか思いつつ・・・
でも、結局購入。
やっぱりミズさんのたとえ少しでも見逃したくない心理が働くのでしょうか(笑)まあ、たまにはクリスマスソングのアルバムがあってもいいかな?という気持ちも出てきて。

CDはまだ聞いてません。クリスマスの歌の数々を聞くのが楽しみです。
DVDのトップさんたちの映像だけ見ましたが、
なかなか楽しいです。

トップさんたち5人で歌う歌に対するコメントが面白かったですね。オサさんは始めに吹き込みたかったようで、ミズさんははじめということで緊張されていたようですし、トウコちゃんは
「トップバッターはだれだろうと思っていたけど三人目でほっとしています」とのコメントでしたし、タニちゃんは素晴らしい出来をアピールされていたしで。

ミズさんは、真夏、半そで、そして金髪でした。お忙しかったころでしょうね。とっても明るいおしゃべりと笑顔にいやされます。このDVDを買ってよかったと思いました。(実はちょっぴりCDだけにしようかとも迷ったのです。)

で、もうひとつのインパクトのある出来事は、あさこさんの歌。
甲斐バンドの歌だったんです。昔、何度も聞いた、あれは確か甲斐バンドストーリー。
耳に歌がやきついていましたから、ちょっぴり違和感を感じはしましたが、あさこさんの声質になかなかあっています。懐かしくて検索してみたら、CDが出ているのですね。

アーティスト/ キャスト
甲斐バンド (アーティスト) 甲斐よしひろ (作詞者) 
長岡和弘 (作詞者) 松藤英男 (作曲者) 
今井裕 (編曲者) 青木望 (編曲者) 



内容
[スーパーリマスタリングシリーズ]甲斐バンドの初期ベスト・アルバムを再リリース!! 男っぽくて切ない、ガラスのような美しさと鋭さ、そして危うさ・・・。大ヒット曲「HERO」をはじめ、彼等の魅力がぎっしり詰まっている。79年発表。完全デジタル・リマスタリング。



収録曲
1. HERO
2. きんぽうげ
3. ガラスの動物園のテーマ
4. らせん階段
5. ポップコーンをほおばって
6. ダニーボーイに耳をふさいで
7. 裏切りの街角
8. かりそめのスイング
9. メモリー・グラス
10. 氷のくちびる
11. テレフォン・ノイローゼ












【続きを読む】

2007/12/02(日) 07:30:24 [スカイステージ]

今年もあと一ヶ月を切ってしまいましたね。月日がたつのは早いです。
ミズさんがトップさんになられてもうすぐ1年。

さて、12月になり、来年1月のスカステ番組ラインアップがHPに載りましたね。

ミズさんの出演番組もたくさんありますね。嬉しいです。

まずは、

LOCK ON!-スター徹底検証-#9「水夏希」


楽しみです。
そして、

JURIのどんだけGOGO5!?#4

早いですね。たしか、1月半ばのトークショーですよね。すぐ放送なんですね。

毎年おなじみの

スター新春メッセージ


来年はどんなコメントをされるのか楽しみです。

公演月ですので、ニュースの初日の模様やNOW ON STAGEも楽しみですね。


NOW ON STAGE
雪組宝塚大劇場公演『君を愛してる-Je t'aime-』
出演:木村信司(インタビュー)、中村暁(インタビュー)、水夏希、白羽ゆり、彩吹真央、音月桂、彩那音、凰稀かなめ、緒月遠麻


| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。