FC2ブログ

2007/10/17(水) 20:24:37 [水さん]

北海道で土曜日に楽をむかえたと思ったら、
ミズさんは月曜日には花組さんご観劇とか。
さらに昨日、火曜日はDC組さんご観劇の上、撮影やらラジオ放送に電話で生出演やらあったとか。

お忙しいですね。
でも、お元気そうだったそうなので嬉しいです。
ようやくまとまったお休みがもらえるとか?

少なくとも私がミズさんのファンになってからというものまとまったお休みなんてなかったように思います。ミズさんがお仕事されてないと、ちょっぴり寂しい気もしましたが、ほとんどお休みはなく、本当にお休みをあげて欲しいと思ったものです。

10月15日の朝日新聞の夕刊のエンタメ研究所というコーナーに宝塚が特集されていました。宙組誕生から10年・夢の世界 続く進化という題で。

5組化で東京の公演数が増えて動員が増えた、他にもDVD、スカステ、インターネット配信など入り口拡大中という記事ですが、理事長のインタビューものっていました。

そのはじめが、
5組化の効果は。生徒たちが忙しくなったという見方もあるが。

というもの。理事長はそれに答えて、
確かに生徒は忙しくなっているが、トップクラスでも2,3週間のまとまった休みはとってもらっている。

とのこと。今だけでなく、これからも計画的に生徒さんたちにお休みをと思います。本当にハードだなあといつも思いますから。

経営面での改革は。

今年の初舞台生から、いわゆるタレント契約を入団8年目から6年目に引き下げた。

厳しいですね。

ファンを増やす新しい経営戦略はあるか。

東宝の映画館で、過去の作品の映像をお見せできればと考えている。

なんだか、想像がつきませんね。過去の人気作品を安くで上演するのでしょうか?安ければファン以外も見る?かもしれません。
それとも、ファン目当てに再演物を劇場でやるから初演を映画館で上演するとかでしょうか?

100周年に向けた課題は何か。

「作品力」と「生徒力」

確かにそうですが、「生徒力」のほうはいまのあり方を変えるのは十分な配慮がいるのではないでしょうか。過去の新専科制度もこの議論の末のことだったのかもしれませんがファンの心に影をおとしたような気がします。

外部の作家にも作品を依頼していきたいという部分は時にはあればいいなと思います。だけど、宝塚をよく知った方に依頼していただきたいですね。

劇団内部では当然のこととは言え、常に発展を考えていろいろ検討されているのですね。


スポンサーサイト

| HOME |