--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/29(月) 21:15:55 [その他]

公式HPにオサさんの大劇場楽の入りと出のお写真と会見の様子がUPされましたね。こちら

卒業記事はおめでとうございますという気持ちと寂しいなあという気持ちと両方ですね。


今日の公式HPには、もうひとつの記事がUPされています。
六甲の水のキャンペーン、
AQUA5のHPはこちら

なかなかのHPです。読み応え、見ごたえありで嬉しいですね。
全ツのミズさんの日記もUPされています。このページのお写真、なかなか素敵です。見慣れているショーと沖田さんのお写真なのになぜだかいつもにましてきれいに感じます。

今日がたしか、AQUA5ラベルの六甲の水の発売日だったと思い近くのお店に行きましたが、いつものラベルのものしかありませんでした。まあ、あせらなくてもそのうち入れ替わるのでしょうけど。ゆっくり楽しみに待ちたいと思います。





スポンサーサイト

2007/10/28(日) 21:31:07 [スカイステージ]

楽しみにしていました。
ミズさんのアンドレ抜粋映像はDVDを買いましたが、本編の雪ベルばらDVDを買っていなかったのでアランの映像を見るのは初めてでした。

生で見て以来、1年半ぶりぐらいのミズさんのアラン。
久々に見て新鮮で胸がときめきました。そしてそれとともに映像ではうつっていない、かつて生の舞台で見たミズさんのアランのいろいろな表情やらしぐさやらが目に浮かんできました。

映像で見ても本当に素敵でした。
コムさんとの立ち回り、2人の息がぴったりあってシャープでカッコいいです。

オサさんのアンドレはミズさんのアンドレとは全く違うタイプのアンドレで、見ていてそれはそれでなかなか楽しかったです。トップさんというオーラ、貫禄がありました。

「宝塚におけるセンターの人の演技」っていうジャンルがあるのかもしれないとちょっと考えさせられました。ミズさんがそういうタイプの演技をされるということは今は想像できませんが、もしかしたら、それは駄作をも見せることのできる作品にするひとつの方法かもしれません。

そうそう、昨日、大劇場でお正月公演のちらしをもらってきました。壁に貼って、眺めてはにっこりとしています。一緒に行った知人たちには散々な評判でしたが。



2007/10/27(土) 19:09:15 [タカラヅカ観劇]

久々に行ってきました。大劇場。
オサさんのサヨナラ公演の大劇場楽は明後日です。

オサさんのサヨナラ公演なんだ、オサさんの宝塚の生舞台を見るのもこれで最後なんだとちょっと感傷的な見方になっていたかもしれません。でも、どんどんとストーリーに引き込まれていきました。小池先生、ヒットです。舞台のセットも美しく、転換がよく、歌もよかったと思います。初めのうちはお話がどう展開していくのか?という関心にひっぱられ、ラストはさわやかというお話がよかったと思います。
ストーリーは全く違いますがちょっぴりタンゴアルゼンチーノを思い出したりもしました。花組の香りがしました。
前回の黒蜥蜴ではオサさんが突出していたように感じた花組でしたが、今回、若手までひとりひとり輝いてみえました。みなさんとても魅力的でした。役の設定が上手く、今回、まとぶんもオサさんとのバランスがよかったです。

オサさん、いい作品にあたってよかったねって思いました。

ショーは、花組版ラッキースターっていう感じでした。オーソドックスなつくりなので、きらびやかできれいだなあ、以前見たことがある雰囲気だなあと思っているうちにラストでした。後半、もうちょっとさよならっぽい雰囲気でもよかったのでは?って思いました。明るい雰囲気でした。まあ、その分、お芝居の方のラストに愛がありましたね。あたたかくスマートにさよならを感じました。

そうそう、オサさん、銀橋を1回わたるうちに2回もウィンクしてました。1回目は銀橋に座ってどなたかお一人に向けて。

【続きを読む】

2007/10/26(金) 19:21:43 [水さん]

いいこともあります。

今朝、
「もしかして、この人じゃない?」と新聞の広告の切り抜きを持ってきてくれた職場の先輩。

ミズさんのサンケイトークライブの宣伝の切り抜きを持ってきてくれたのです。
来年1月18日(金)「雪組トップスター水夏希トーク・ライブ」が開かれます。チケットは「電子チケットぴあ」で申し込みです。

私自身はその日は行けませんが、宣伝を見るだけでもなんだか嬉しくなってしまいました。

ちらしには、HPと同じお写真がのっています。さわやかミズさん。

記事の一部を抜粋
「りりしい中に色気のある、彼女の魅力をたっぷり紹介します。」
司会は遥洋子さん。とっても楽しいトークショーになることでしょう。行きたいですね~。


ところで、今夜はHVで、ベルばらオスカル編、オサさんアンドレバージョンの放送ですね。ミズさんのアラン、楽しみです。

2007/10/23(火) 19:29:45 [スカイステージ]

なんだか、ずーっとかぜをひいています。
今日は体を休めようと仕事から少しはやく帰ってきました。

ぼーっと夕方のタカラヅカニュースを見ていて、
川柳大賞のところの商品が雪のお正月公演のチケットだったため、ポスターが写りました。

おもわずにっこりしていましたね。何度もみていても、一瞬であってもミズさんの映像を見るのは楽しいです。
で、今日はAQUA5のCDの宣伝が流れました。ミズさんらしくない(他の4人もらしくない)とか思いつつ、嬉しく見ていました。

今週末には花組さん観劇の予定ですがこの体調、
「いくんだ!行かなければ!タカラヅカファンの一分がたたない!」とか思っています。
今日はもう寝ます。かぜがなおりますように~。


2007/10/21(日) 08:27:10 [その他]

雪組大劇場公演、堕天使の涙の真っ最中。
そして、ミズさんは舞踊会の出演もありましたね。

19日に今年の舞踊会が開かれたようです。スポニチさんの記事はこちら。

一部引用
「第48回宝塚舞踊会」が阪急の創立記念日である19日、阪急創立100周年記念として宝塚大劇場で開かれ、宝塚の至宝・春日野八千代が大トリで登場、長唄「振袖菊」を披露した。今回はこの模様を中心に報告しよう。

 100周年のお祝いとあって今回の舞踊会は「蝶千鳥百日曽我」と銘打ち、縁起のいい曽我五郎、十郎をテーマにした物語構成での舞づくし。

 オープニングは遠野あすか、陽月華、桜乃彩音の娘役トップ3人による祝舞、清元「百壽三番叟」から。きれいどころ3人が一堂にうちそろっての舞は華やかそのもの。



去年、ミズさんが出演されるまではあまり興味のなかったイベントですが、スカステの放送が楽しみです。去年のスポニチさんの記事はこちら
スカステを見た去年の舞踊会の感想はこちら

今年の物語構成というのも楽しそうですね。
90歳を超えられている春日野先生が舞台で立派にトリを務められ、立派だなあと感動です。

2007/10/20(土) 16:58:17 [本・雑誌]

今月号のグラフは、ミズさんファンとしては買いです。(私の基準ですが。そして、毎月買ってますが・・・)

表紙はタニちゃん。ナチュラルで少年ぽくっていいですね。

さて、ミズさんのページ。
私のお気に入りの1番は

白黒2ページの「華ざかり夢ざかり」コーナー。
スポーティーでいて、かわいい雰囲気のミズさんの白黒のお写真と、似顔絵がのっています。
15項目の質問に簡潔にお答えのミズさん。どれもミズさんらしくて読んでいて嬉しくなってしまいます。

もし女役をするとしたら、どんな役に挑戦したいですか?の問いの関連で、
昨年「ベルサイユのばら」でさせて頂いたオスカルは、演じていてとても楽しかったんですよ。

というコメントがあるのですが、全ツのオスカル様、人として魅力的でミズさんのされたいろんなベルばらの役はみんな魅力的でしたが、その中で私のベスト1ですね。


あなたは何に1番贅沢をしますか?

のお答えは
体のケアです。

私も健康のための贅沢を心がけていますが、なかなか徹底はできませんね。以前の職場の先輩で同じようにされていた方がいたのをちょっと思い出したりしています。

宝塚スターのブロマイドを買ったことはありますか?の問いから、いろいろ買われていて、お化粧の参考にされたりもするのを知りました。


もうひとつのお気に入りのページは
とことん知りたい水夏希 追跡者柊巴 のコーナーです。

12枚のお写真とらぎちゃんのコメントからなる2ページです。
全ツのお稽古や、AQUA5のお稽古やら活動の様子が楽しく伝わってきます。

しいちゃんに「お姫様抱っこ」をしてもらっている「男らしっっ」いミズさんのお写真もあります。決めてるお二人です。

他にはTCAのお写真やら

全ツのお写真ー役替わりを中心にーということでちょびっとやら

桂ちゃんの「その先の音月桂」のお稽古場のウォーミングアップの様子(はみだしショットにもあり)やら舞台稽古に向かう姿やら

世界陸上のお写真やら

AQUA5通信(歌のお稽古・打ち合わせ等のお写真)やら

盛りだくさんです。




2007/10/18(木) 20:46:11 [その他]

りささんから、

『題名にお名前が載っている人がびっくりして受け取るバトン』

を受け取りました。
バトンなるものを初めて受け取って「プチ緊張」です。

~説明~
1:回ってきた五文字を携帯の変換機能で一文字ずつ変換。
2:その変換候補に出ている上位五つを惜し気もなく晒す。
3:そして次に回す人に新たな五文字を指定。

りささんからの五文字は雪組公演スサノオのミズさんの役の「あおせとな」。


「あ」・・・あった、あきらめ、ありがとう、明日、ああ

「お」・・・お会い、お願いします、思い、思いますが、起こします

「せ」・・・席、全国、全員、全、世界

「と」・・・と、トム、とか、ところ、ところで、

「な」・・・なので、なあと、なっていて、など、名前

と出ました。
自分自身の打った携帯の文章が結構現れているように思います。
なかなか恥ずかしいものです。
トムというのは、知人が1月のファントムを一緒に見に行きませんか?とさそってくれた折、ファントムが一括で変換できなくてトムと変換した覚えがあります。見に行きたいけど、大劇場雪組公演中だからあきらめますというメールを送りました。
全体的に見ると、全ツ関連のメールで変換した言葉が多いように思います。

1)回してくれた方の印象。

りささんは、バレエが好きなあさこさん、かなみちゃんファンの方です。夢の花束という素敵なHPをされておられます。タカラヅカ語りが明るく楽しいのでブログによくおじゃましています。ミズさん語りも楽しいです。
お会いしたことはありませんが、いつかお会いできるといいなあと思います。

2)次に回す大好きな5人。

どなたに回したらいいのでしょう?と考えましたが、夏季特別アンケートに答えてくださった方々のうち、ブログのURLを書き込んでくださったかたお2人にまわさせていただきます。
今もこちらのブログを見てくださっているか?は定かではないのですが。

文月ジュンさん、蒼海さん、
もし、よろしければお願いします。




3)タイトルに回す人の名前を入れてびっくりさせて下さい 。


4)次に回す言葉。

水さんファンの方々へなので、今気になっているだろう大劇場お正月雪組公演「君を愛してる」にちなんで、

「あいしてる」

でお願いします。

2007/10/17(水) 20:24:37 [水さん]

北海道で土曜日に楽をむかえたと思ったら、
ミズさんは月曜日には花組さんご観劇とか。
さらに昨日、火曜日はDC組さんご観劇の上、撮影やらラジオ放送に電話で生出演やらあったとか。

お忙しいですね。
でも、お元気そうだったそうなので嬉しいです。
ようやくまとまったお休みがもらえるとか?

少なくとも私がミズさんのファンになってからというものまとまったお休みなんてなかったように思います。ミズさんがお仕事されてないと、ちょっぴり寂しい気もしましたが、ほとんどお休みはなく、本当にお休みをあげて欲しいと思ったものです。

10月15日の朝日新聞の夕刊のエンタメ研究所というコーナーに宝塚が特集されていました。宙組誕生から10年・夢の世界 続く進化という題で。

5組化で東京の公演数が増えて動員が増えた、他にもDVD、スカステ、インターネット配信など入り口拡大中という記事ですが、理事長のインタビューものっていました。

そのはじめが、
5組化の効果は。生徒たちが忙しくなったという見方もあるが。

というもの。理事長はそれに答えて、
確かに生徒は忙しくなっているが、トップクラスでも2,3週間のまとまった休みはとってもらっている。

とのこと。今だけでなく、これからも計画的に生徒さんたちにお休みをと思います。本当にハードだなあといつも思いますから。

経営面での改革は。

今年の初舞台生から、いわゆるタレント契約を入団8年目から6年目に引き下げた。

厳しいですね。

ファンを増やす新しい経営戦略はあるか。

東宝の映画館で、過去の作品の映像をお見せできればと考えている。

なんだか、想像がつきませんね。過去の人気作品を安くで上演するのでしょうか?安ければファン以外も見る?かもしれません。
それとも、ファン目当てに再演物を劇場でやるから初演を映画館で上演するとかでしょうか?

100周年に向けた課題は何か。

「作品力」と「生徒力」

確かにそうですが、「生徒力」のほうはいまのあり方を変えるのは十分な配慮がいるのではないでしょうか。過去の新専科制度もこの議論の末のことだったのかもしれませんがファンの心に影をおとしたような気がします。

外部の作家にも作品を依頼していきたいという部分は時にはあればいいなと思います。だけど、宝塚をよく知った方に依頼していただきたいですね。

劇団内部では当然のこととは言え、常に発展を考えていろいろ検討されているのですね。


2007/10/15(月) 20:46:14 [スカイステージ]

土曜日の楽がもう放送されましたね。早い!
スカステさん、ありがとう~と言いたいです。

北海道の会館の客席の様子も映像から分かりますね。広いです。
今回の全ツでは初めての銀橋の様子も見れました。
舞台も客席もとっても盛り上がっていましたね。

ご挨拶をされる組長さんもこころなしか、テンション高め。
ミズさんも挨拶の中身はしっかりした心に響く素敵なものでしたが、やはりテンション高め。
ショーの盛り上がりがそのまま続いている?
挨拶の中にもこの一ヶ月に悔いはないというくだりがありますが、大きな充実感が伺えました。

初日の梅芸の暑さと出演者の方々の大汗、ハードなショーにハードな行程を思い出すと、とっても大変な公演だったことと想像できます。でも、素晴らしい舞台を見せてもらえて、かつ、客席も盛り上がった公演、大きな満足感と幸せを感じられる楽の映像でした。

この公演は、ミズさんトップさんとしての初の全ツ。出身県の公演もありまた違った感慨もあったことでしょう。

映像にうつる出演者のみなさんが、それぞれに輝いていて、素敵で、全ツ組のみなさん、本当にお疲れさまでしたと映像を見ながらまたまた思いました。

2007/10/14(日) 06:24:30 [その他]

昨夜全国ツアーの千秋楽の幕がおりたようですね。
全ツ組のみなさんお疲れさまでした。
祝・千秋楽!


とっても暑かった梅田芸術劇場の初日はうーんと前のように思います。
残念ながら追いかけていけなかった身の私は、最近はちょっとの隙間時間に中日のDVDを見て思いをはせていたように思います。

全国ツアー、素晴らしい舞台をありがとうという思いでいっぱいです。
ちょっとの間でしょうが、次のお仕事までゆっくり体を休めていただきたいです。

2007/10/12(金) 20:33:14 [水さん]

キャトルレーブのHPに載っていましたね。ディスク用ボックス
そして、チケットファイル
各トップさん仕様です。ボックスはずらりと並べたら楽しそうで、どれも欲しいなと思ったり。でも、とりあえずはミズさんのが欲しいですね。

高いわと思いつつ、やっぱり欲しくなってしまいます。
次に大劇場に行くのは花組さんを観るときです。
その時には買わなければ。
ミズさんのバッグやポーチも新シリーズが一ヶ月ほど前に発売されているのでそっちも買いたいと思っていますが、行くのはまだ先なので、品切れになっていることはないでしょうねとちょっと心配になったりしています。
雪組公演中ではないので大丈夫かな?

2007/10/10(水) 20:13:30 [水さん]

TCAショップのHPに、AQUA5のページが出来ていたのですね。

全ツ組は青森で、ゆみこさんとかなめちゃんはDCでそれどころではないといった感じですが、CD発売に向けて着々ですね。
なかなか素敵なページです。


2007/10/09(火) 20:03:20 [スカイステージ]

昨日はベルばら東宝楽の放送、今日は全ツ楽の放送、そして、昨日、コムさんとミズさんのパリツアーの放送もありました。

どれも前に録画したものですが、パリツアーの放送のころ、DVDが壊れていてビデオにしか録画していなかった(はず)なのでまた録画しました。そして、見ると、懐かしいですね。

たった1年ちょっとまえとは思えないのですが、よく考えるとそうなんですよね。

パリの橋の上にミズさん、川のところにコムさんのオスカル・アンドレのシーン再現は、お2人とも笑って、てれながらやってられましたね。特にミズさんはものすごく恥ずかしそうで。
素敵な旅行者お2人といった雰囲気のままでした。

その時流れた舞台映像は、まるっきり雰囲気が違って、さすが舞台って感じです。



2007/10/07(日) 20:43:14 [本・雑誌]

大きな本屋さんに買いに行ってきました。

表紙のきりやん、さわやかで素敵です。

さて、ミズさん。
まずはニュースのページの2ページ目と3ページ目。
2ページ目は
AQUA5のレコーディングとプロモーションビデオ、CDジャケットの撮影が8月14日から16日の3日間に亘って行われたというもの。
その間、ハウス食品のCM撮影も行われたとか。大変ですね。

録音スタジオの楽譜を持って歌っているミズさんのお写真(なんともいえず魅力的です)、5人でなごやかに微笑んでいるお写真、そして、ビデオ撮影スタジオの後ろ姿のお写真、CDジャケット撮影スタジオの5人の決めているお写真の4枚のお写真が載っていました。

3ページ目は世界陸上の記事。すみれさんのお写真が1枚とAQUA5の動きおあるお写真が1枚。世界陸上の興奮を思い出します。

今月の2007年7つの質問コーナー

印象に残ったところを少し。

10月といえば・・・
ミズさんは「秋の遠足」
何処に行ったことを思い出して言われたのでしょうか。思い出に残る遠足があったのでしょうね。運動会関係を答えられた方が3人と多く、一般的だと思うのですが。

「宝塚舞踊会」と言えば・・・フィナーレ
そうですよね。私は映像で見ただけですが、去年の舞踊会のフィナーレ、なんとも楽しかったですね。

10年前の自分に一言・・・
組替えもいいもんだよ(笑)

ちょうど、初めての組替えを思い出されたのでしょうね。その後のどの組替えも不安があったり大変だったことと思いますが、今ではいい思い出、よい経験になったという充実感のようなものが伝わってきます。

お写真は運動会の小道具メガホンを持つミズさんが、ミズさんらしくて素敵です。

雪組トークランド 我らのPrince&Princess
ミズさんととなみちゃん、彩那音ちゃん、かなめちゃん、キタロウくんのトークです。

ミズさん、いきなり、
「プリンスっていうタイプではないよね、私(笑)」

ミズさんも、王子様と言えばそれはタニちゃんなんですね。

いや、私だって王子様と言われれば、タニちゃんと思いますが、ミズさんの王子様も想像できます。精悍な王子様。麻実れいさんのされた役とか。そういう作品も見たいかも。

最後の彩那音ちゃんのコメント、
「やっぱりチカさんはお部屋でバスローブを着て、ワインを持っている・・・そういうイメージ。プリンスです!」

以前の歌劇誌(2005年8月号)の絵と文を思い出します。99パーセント水夏希の時の挿絵を。

今月から雪組の絵と文ははまこさん。
ミズさんの題字ですが、これって先の割れたマジックで書いた?といった風情です。(笑)










2007/10/06(土) 16:58:44 [水さん]

全ツ組さんは関東です。
ハードな3日間だと思いますが頑張っていただきたいです。
観劇されるファンの皆さんはとっても盛り上がっていることでしょう。


歌劇を買いに近くの本屋さんに行ったらお休みでした。残念。このごろお休みが多いような気がします。明日にでも大きな本屋さんに行こうと思います。

友の会会報の封筒に入っていたA席セット券のちらし、同じ職場の、一度子どもさんたちにタカラヅカを見せたいと言ってられた人に持っていきました。

短い解説を読んで、白洲次郎がいいかなあと一言。(娘さんは歴史小説が好きなんです)
ジュテームを見て欲しいなあと思いつつ、そうはいえませんでしたが、タカラヅカを見てくれるだけで嬉しいと思うことにします。

そのちらしの主な出演者の説明のミズさんのプロフィール、なんかちょっと嬉しかったので一部メモ。

クールで洗練された都会的な雰囲気、シャープなダンスに定評のある雪組の主演男役。野性味あふれる役でもどこか気品があり、和・洋どちらの舞台も見事にこなす実力派。御披露目公演の「エリザベート」では妖艶なトートを好演し、さらなる飛躍が期待されている。

2007/10/04(木) 20:21:07 [水さん]

世界陸上の日に発売すればいいのに、って思っていたCDがようやく発売されますね。公式HPに載っていました。11月21日でまだまだ先ですが、雪組メンバーのみなさんがお正月公演のためにタカラヅカに集まる時期に発売なんですね。

単に、シングルレコードと、DVD付きと2種類発売です。


詳しくは、タカラヅカビデオCOMのHPに。

◎Single CD『TIME TO LOVE』(TCAC-319)に特典DVDがついた初回生産限定盤!
特典内容はどれも必見の映像ラインナップ。

【Single CD収録曲】
1.『TIME TO LOVE』
2.『TIME TO LOVE』(Ballad Version)
3.『TIME TO LOVE』 Instrumental
4.『TIME TO LOVE』(Ballad Version) Instrumental

【特典DVD】
Video Clip、レコーディング風景等を収録!!

[収録時間:Single CD 16分・DVD 25分]


また、クリスマスソング集も発売ですね。こちらもCDのみのものとDVD付きのものと発売です。こちらは、11月28日発売です。



◎Album CD『CHRISTMAS PRESENT』(TCAC-314)に特典DVDがついた初回生産限定盤!
特典内容はどれも必見の映像ラインナップ。

【Album CD収録曲】
1.Christmas Medley (蘭寿・柚希) 
2.Pearl White Eve~恋人がサンタクロース (桜乃・陽月) 
3.Joy To The World (水) 
4.Happy Christmas[戦争は終わった] (真飛) 
5.サイレント・イヴ (遠野) 
6.かりそめのスウィング (瀬奈) 
7.Last Christmas (大和) 
8.The Christmas Song (安蘭) 
9.Amazing Grace (春野) 
10.Song of X’smap (真飛・霧矢・大空・彩吹・柚希・蘭寿) 
11.Christmas List (彩乃) 
12.アヴェ・マリア (白羽) 
13.クリスマスキャロルの頃には (大空) 
14.When You Wish Upon A Star[星に願いを] (彩吹) 
15.クリスマス・イブ (安蘭) 
16.O Holy Night (霧矢) 
17.Blue Christmas (瀬奈) 
18.White Christmas (春野) 
19.Silent Night (春野・瀬奈・水・安蘭・大和)

【特典DVD】
レコーディング風景、コメント等を収録!!

[収録時間:Album CD 55分・DVD 60分]

2007/10/04(木) 19:54:32 [『君を愛してる-Je t' aime-』『ミロワール』]

今日、公式HPで、公演ポスター一部配役発表がありましたね。


ジョルジュ    水 夏希
マルキーズ    白羽 ゆり
アルガン     彩吹 真央
フィラント    音月 桂
アルセスト    凰稀 かなめ



以前私が予想したのと大違い。
ストーリーも想像とは全く違ったタイプのお話になることでしょう。
楽しみです。


ポスター、楽しいですね。
ぱっと見た瞬間、思わず噴出しましたが、
華やかで、あたたかい雰囲気で、なんだか、この公演をみたらとっても幸せになれそうな気のするポスターです。
お正月公演がますます、楽しみになりました。

友の会の冊子も届き、いつ見ようかなとわくわくです。

2007/10/02(火) 19:24:48 [その他]

土日と寒かったのでそのまま寒くなるのかな?と思いましたが今日はまだまだ暑い1日でした。

全ツ組さんは今日は移動日ですね。
あすあさってと長野県。

あさっての「まつもと市民芸術館
素敵な建物ですね。一度は行ってみたい劇場です。
行けないのに時間を調べたりして・・・
なんと、家から日帰りできるんですね。名古屋まで新幹線で行って、その後特急に乗れば。

だけど、残念ながら仕事です。

今日の朝日の夕刊に「シルバー・ローズ・クロニクル」記事が載っていました。ゆみこさんとかなめちゃんと大月さゆちゃんのお写真も載っていました。ゆみこさんの宝塚の主役っぽくない役というのってどんな役かなあと興味がわきますね。

2007/10/01(月) 21:07:55 [スカイステージ]

スターカレンダーと卓上カレンダーの撮影風景が放送されましたね。

短い映像でしたが、ミズさんは、にこやかだったりいろんな表情をされています。いろいろとってそのうちの1枚に決定するのですね。
大きなカレンダーでその1枚を見るのが楽しみです。


ニュースでは現在の公演ということで、全ツの初日映像が最後の方に流れていました。全ツの舞台を思い出しつつ楽しく見ました。
その後、全ツの公演の宣伝も。
あと2週間ほど、ミズさんはじめ出演者のみなさん、元気に乗り切っていただきたいです。

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。