--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/31(木) 20:30:45 [その他]

この前に大劇場に行ったときに買ったものは、フィナーレのみ。
今ふとミズさんグッズの蝶がらのポケットファイルを手にとって、うっとりです。白い衣装のお姿が特に好きです。
何度か鬘でないバージョンがあったようですが、まだお目にかかれてません。やはり平日観劇しないと無理なのでしょうか。鬘のバージョンも好きなんですが、そちらも見たいです~。


舞台写真は、赤い裏地の見えるあのシーン他も買いたいなって思ったのですが、次回まわしにしてしまいました。明後日、買えるかな?

次の観劇が楽しみです。
スポンサーサイト

2007/05/29(火) 18:42:01 [その他]

ミズさんグッズのシャープペンシルを職場で使っていたのです。
そうしたら、まわりでボールペン、シャーペン談義になり、私は宝塚のよ~と言ってましたら、


おとなりの席の人が、Natsuki Mizuを
「なになに~、大好き ミズって?」
と読み、あせりました。



ところで、雪エリザの6月2日土曜日の11時公演なのですが、
1階A席のチケットが1枚あまってしまいました。
どなたか、こちらを見てくださっているミズさんファンの方にお譲りできれば嬉しいのですが~。
もし、見てみようかなと思われたかたがありましたら、ぜひ、ご連絡下さい。
よろしくお願い致します。

31日追記
おかげさまで、観てくださるかたが決まりました。ありがとうございました~。

2007/05/27(日) 16:43:08 [その他]

ローソンの無料宣伝DVD、ようやく手に入れることが出来ました。

うわさを聞き、職場近くのローソンに何日か前に立ち寄りましたが置いてなくて、あきらめてましたが、

昨日、大劇場で観劇の折、観劇を終わって、劇場から出たすぐの廊下のところにおいてあったのです。嬉しかったです。
内容は短いながらもインタビューとこれまでの舞台の宣伝映像が次々と美しい。

で、今日はミズさんの切手を予約しよう家の近くのローソンに行くと、なんと置いてあったのです。またもらっちゃいました。表紙の大きめの写真とキャッチフレーズが大劇場版と違いました。大劇場で配布されていたのは、
ミズさんの中日フィナーレの写真に
水夏希”10年”より前と”10年”より後
という見出し。

おんなじものですが、なんだか嬉しいですね。

目覚まし時計、昨日購入。
家で聞いて思わず笑ってしまいました~
1日元気が出そうです。

2007/05/26(土) 17:28:24 [エリザベート]

またまた、ほぼ1週間ぶりに観てきました。

今回、前回との違いを大きく感じたところは、ゾフィの迫力が増したことと、ゾフィとシシィのやりとりが、これまでは上品だったのが感情むき出しといったイメージで激しくなったということでしょうか。

上品なバージョンも好きでしたが、このほうがめりはりがきいていいかもしれません。

桂ちゃんのルキーニはさらに一段と迫力が増してました。さらに存在感が大きく感じられました。

他、いろいろな人のどの場面も(お見合いにいくことを親戚に知らせる場面やら、謁見の間の人々やら、)しっかりどっしりしてきて安定してきたように思います。


さて、今日の席は2階A席ど・センター
トート閣下の視線を独り占め?(錯覚)と思える席で、オペラで見つめてはどきどきしてきました。

幕開きの登場はやや頭のてっぺんが見えなかったりしたのですが、残念に思ったのはその1瞬のみ。

はじめの歌、とてもよかったです。トートという人物(人ではありありませんが)像と思いに心が動きました。人々を冷たく翻弄し、死へ導くはずのトートが恋に落ちてしまったという。

で、前回も感じましたが、シシィに恋に落ちる瞬間からシシィのもとを去るまでが本当に素敵です。温かい思いになります。まあ、シシィにとってはこの恋の芽生えは迷惑なことなのですが。

すべての不幸が始まる・・・という怖いトートさまの視線は常に私のもとへ。怖い~と喜んでおりました。

最後のダンスのところでハプニング。トートさまの髪がマントにからみついてしばらくとれず、黒天使さんにとってもらっている間、じっと動かず歌ってられました。でも、さすがです、歌には動揺はなく迫力。なにごともなかったかのようでした。

シシィの居室からのシーン、やっぱり魅力的です。引き込まれますね。扉を閉めた後の表情の変化がすきですね。

ミズさんが見ないでと言われた銀橋への登場、右手をあげて、しなやかに寝そべられるのですね。やっぱり見ちゃいますね。だけど、このごろは本当にぎりぎりに出てこられるので、すぐにライトがつきます。

2幕、
はじまりのルキーニの桂ちゃんは、鼻歌で銀橋のセンターあたりまで行っちゃってましたね。ルキーニはカッコいいとか歌いつつ。劇場大爆笑でした。

どの場面もいいのですが、ドクター・ゼーブルガー。
しぐさのひとつひとつがカッコいい。ささやくような声もいい。
魅力的すぎます。歌いながらカッコよくマフラーを飛ばしてましたね。
とっても美しくきれいに飛んでいました。

ルドルフとの場面はやはりいつもと同じく、ルドルフに死にたいのかというところから。あの冷たく微笑んであやつる姿がぞくぞくします。
キスシーンに至るまで魅力的なトートさまです。

今日は至るところでトートさまの視線がこちらを向いてましたので、完全にトートさまから見たストーリーを楽しみました。ということで、いつもは泣けるフランツとシシィがルドルフの死を悲しむシーンでも泣けず?トートに感情移入。

後ろ向きにせりあがってきてからずーっとトートの気持ちで見ていました。とーとって素敵だわと。

見る回によって、見方によって感情移入するところが違うというのも面白いですね。エリザはいろんな見方のできる感じ方の楽しめる名作ですね。

霊廟のミズさんの白い衣装のトート。
いつも思いますがなんて素敵なんでしょう。
ラストのエリザと2人のシーンは幸せで、素敵です。
幕開きに予告されたストーリーが鮮やかに展開したという思いがしました。

2007/05/24(木) 20:38:30 [エリザベート]

今日15時公演だったのですね。
公式HPに載っていました。

昼から休みがとれたので、行こうかなと思ったのですが、また、土曜日にも行くし・・・ということであきらめたのですが、行きたかったですね。

(水 夏希)
「宝塚歌劇の代表作でもある『エリザベート』の、記念すべき観客動員150万人達成の舞台に出演することができ、幸せに感じていますし、本当に光栄に思っております」

(白羽ゆり)
「150万人目のお客様をお迎えすることができ、この作品を大事にしていきたいと思いますし、この役に誇りをもって舞台を努めたいと思います」


舞台上で、こういうご挨拶があったのですね。
華やかでいいですね~


2007/05/22(火) 20:15:09 [スカイステージ]

今日のタカラヅカニュースで、エリザベート終演後の舞台上でのインタビューが放送されましたね。初日あけて約2週間ということで。

お話はおもしろく、ほのぼの、明るく楽しい雰囲気でした。

レポーターはいつもの奏乃はるとさんと麻樹ゆめみさん。
お2人のおちついたあたたかい雰囲気が好きですね。

内容はぜーんぶ書きたいぐらい、興味深いことやら面白いことやらなのですが、ほんのちょっとだけ。

手の模様(衣装と同じきず模様)は、花組のとかげちゃんを使えないかなと特注してつけているとか。さすがミズさんのこだわりですね。

ゆみこさんの45秒のはや代わり、いつも私も注目してますが、ばっちりですよね。全とっかえ、白髪にひげもで5人がかりとか。マントはなくてもいいのでは?と言ったけど、かつての人たちもやっていたので・・・とか。

見所は?と聞かれて、見ないで~というところをミズさんが言ったもんだから、となみちゃんも、ゆみこさんも、桂ちゃんもみーんなみないでってところを言ってられましたね。おかしかったです。

ちなみに、見ないでは、銀橋に寝そべって出てくるところですよね。ミズさん、となみちゃんに、目を奪っておいてって言ってられましたね。
その時のとなみちゃんの反応がとってもかわいいです。

最後に見所は、みんなが白熱してやっている隅々まで見ていただきたいですとのことでした。

見ようとしてますよ~隅々まで。でも、まだまだ見れてません。これから徐々にと思ってます。

2007/05/21(月) 20:49:01 [その他]

今日、公式HPで発表になりましたね。




TCAスペシャル2007
「アロー・レビュー!-『モン・パリ』80周年記念-」
構成・演出/三木章雄、藤井大介

■宝塚大劇場
<日時>
2007年9月7日(金)18:30
2007年9月8日(土)★15:30・19:00
 ※9月8日(土)15:30公演は、宝塚友の会優先公演です。
 ※9月8日(土)19:00公演のみ、東京宝塚劇場との二元中継が行われます。東京宝塚劇場の詳細は新着情報“阪急創立100周年「タカラヅカ・スカイ・ステージ 5th Anniversary Special」”をご覧ください。

 [第一部:約50分 休憩:25分 第二部:約50分] 計125分予定
 なお、9月8日(土)19:00公演のみ、第一部:約60分となり、計135分の予定です。

■出演者
(花組)春野 寿美礼、桜乃 彩音 ほか
(月組)瀬奈 じゅん、彩乃 かなみ ほか
(雪組)水 夏希、白羽 ゆり ほか
(星組)安蘭 けい、遠野 あすか ほか


第一部をレビュー誕生に対するトリビュート、第二部を各組夢の競演で華やかにお送りいたします。

各組夢の競演っていい響きですねえ。期待が高まります。
観たいですね。でも、チケットはすごーい激戦でしょうね。
ミズさんがトップになって初めてのTCA、そういう意味でも楽しみです。

2007/05/20(日) 16:50:57 [エリザベート]

ほぼ、1週間ぶりに観て来ました。
2階A席後方上手端。

エリザはセンターで見るのがいいよねって思ってましたから、う~んと思ったのもつかの間でした。
もっとも、始めのトートさまの登場シーンは切れて見えない。近くのミズさんファンも思わず見えないと笑ってましたね。そこからあとはばっちりで結構見やすかったです。

今日の私的見どころ。
シシィに恋に落ちる瞬間は、上手はしがよいですね。
表情、体全体の動きがよーく見えて、熱い恋心のめばえをしっかり感じ、私の心も熱く幸せになりました。

そして、呼び止めるシシィに対し、トートのおだやかでやさしい表情。
いいですね。

もちろん、上手の見所はシシィの居室を出て、とびらをばーんと閉めた後の表情が良く見えるところですよね。警戒心なくシシィにせまって、拒否されて、傷つき、怒り、すーっと冷静になるところです。

今日も、舞踏会の最後のダンスのところの歌、魅力的で素晴らしかったです。カッコいいし、また聞きたいし、見たいです。

2階後方席のいいところは、オペラでみると、一度に2から3人が視界に入るところでしょうか。ついつい、ミズさんをみてしまって、となりの人の表情を見ないのももったいない。ルドルフのかなめちゃんとのシーン、見やすかったです。ルドルフが死にいたるシーン、迫力があります。トートの視線で見てしまいますね。

かなめちゃんのルドルフは美しいです。ちょっとぼんぼんで、繊細で革命失敗も仕方ない雰囲気のルドルフではありますが。

ゆみこさんといえば、シシィとの出会いもすがすがしくて幸せで素敵なんですが、なんといってもルドルフの棺の後ろに立っているあのシーン。フランツとシシィとルドルフがかわいそうで、涙が出ます。特になぜだか今日はフランツがかわいそうで~。なんで、ずーっとエリザのそばにいない?なーんて思っちゃいました。すーっと出ていくんですね。そして入れ替わりにトートがせり上がってくる。

トートはトートでいよいよエリザの愛が得られると思っていて、素直にちょっと嬉しそうなのだけど、そうではない、違うと気がつくのがまた、かわいそうでもあります。

レマン湖畔の夜のボート、ゆみこさん、素晴らしい歌声でした。

そして、最終答弁
2階後方はしから見ても本当にきれいで見ごたえがあります。


今日は、ミズさんのお化粧が少し変わったような気がしました。白っぽさがやや減り、目の感じも違う?きつい?これまでより、お顔がちょっと細く見えるような気がしました。

白い衣装で大階段に登場の鬘は、ロングですが、これまで私が見た回とは違って、右側にはらりと短く前髪をたらしたバージョン。もしや、以前の鬘に手を加えた?のでしょうか。お顔が以前よりやわらかく見えました。

その他
ルキーニの桂ちゃんは、アドリブが上手ですね。登場だけで拍手が沸いて、上手に答えてましたね。男役の色気を感じるのはマダム・ヴォルフとのからみの部分。見ていて楽しいですね。












2007/05/19(土) 16:48:59 [その他]

公式HPによりますと、目覚まし時計、明日発売予定だったのが入荷が遅れるそうです。



明日観劇の際に買うぞ~とちょっとどきどきしてましたが、肩透かしですね。

2007/05/19(土) 06:52:24 [スカイステージ]

昨日録画していたものを早朝より見ました。


ラストが初日の白い衣装のトートとエリザの場面で素敵~という終わり方でした。なかなかいいつくりです。

去年の12月のポスター撮り(東宝堕天使の公演期間中ですよね。大変です。)からはじまり、
制作発表。
ウィーン訪問の映像、ウィーンエリザ舞台稽古見学風景。
などなど、ニュースで流れた映像を順に流してくれている部分があり、
お稽古風景。
太鼓を使ってリズムをとっている羽山先生らの振り付けやら、小池先生の声ぼそぼそやら。

こういう番組があると、じっくりとお稽古風景が見れて嬉しいですよね。にたって笑っちゃってるミズさんも見れます。緊張感の中にも、ほのぼのしたところも見られます。



2007/05/17(木) 20:27:01 [その他]

今日、ミズさんグッズの黒いTシャツを着てみたのです。

通りがかりにAさん、かわいいTシャツね蝶がいいと褒めてくれました。
嬉しい~。


そして、しばらくして、今度はBさん、
それって、宝塚のTシャツ?
そうです~と答えつつ、
何でわかるの?と内心あせる私。
ファンの人のグッズ?
そうです~と答えつつ、ますますあせる私。
何でわかったんだろうか?と思っていることろに、隣のCさん。
会話を聞いて、え?見せて~といって見て笑われました。
嵌りまくっていることがまわりにばればれです。

だけど、Bさん、なんで分かるんだろう?

2007/05/15(火) 20:30:33 [その他]

東京宝塚劇場の雪組エリザベートの抽選申し込み期間ですね。

もちろん、申し込みました。また全部はずれるんだろうなあと思いつつ、今度こそ当たるかも?と期待をこめて。


本当に友の会ってあたりません。あたるかも?の抽選のお楽しみのために入会しているようなものです。



ようやく、ナウオンステージを見ました。メンバーのなごやかな雰囲気がいいですね。

2007/05/13(日) 08:39:08 [エリザベート]

フランツに裏切られたエリザは旅に。フランツは過ちを悔い、エリザの帰りを待っている。


ルドルフは独立運動と手を組み、そのことをフランツに知られ、皇位継承は難しくなり、ようやく帰ってきたエリザに助けを請うが、「あなたはもう大人♪」と突き放す。

絶望したルドルフの死。
「自分を守るために、見捨てた」と後悔するエリザ。
棺の下に泣き崩れると同時にトートは棺の後ろに後ろ向きにせりあがり。
棺に座り、また座りなおし、かっこいいです。

「あなたね、息子を奪った」と嘆くエリザ。
「死なせて」とトートにすがるエリザ。
またまた、本当に嬉しそうなトート。
策を弄した甲斐があった?
ついに自分のもとにと。

キスしようとして、あと10センチのところで思いとどまるトート。
苦しそうに、
「まだ私を愛してはいない」

レマン湖畔
エリザのもとにフランツが。
「人生のゴールはよりそいたい」と。

だけど、「近づくけれども すれ違うだけで」

フランツはシシィをとても愛しているのだけど、悲しいけれども、
シシィの気持ちが開放され幸せになれるのはフランツではないのだとはっきりとした毅然とした思いが伝わってきます。
「誰かがずっと待っている」

最終答弁
白い衣装のトートさま。これまでのダークな雰囲気とがらっと違います。輝いているといいましょうか。
開襟が美しいですね。
フランツがシシィはトートを憎んでいたというところで、
「ちがーう」の力強いこと。
自信にあふれてますね。
「時を待っていた」
トートはずーっとエリザを見つめて待っていたのですね。
そして、白い衣装で迎えに行く。

エピローグ
ルキィーニがエリザを襲います。
傘でよけるエリザですが、トートの姿が見えて・・・
死を受け入れるのですね。

ラストのスモークの2人は心おだやかで幸せそうです。





2007/05/12(土) 21:33:26 [エリザベート]

なんといっても、ルドルフ最後のトートのキス。
何度見ても美しくカッコいいです。


ゆみこさんは、いつもお上手ですが、今日は特にレマン湖畔の夜のボートの歌が心に響いてきてよかったです。

桂ちゃんのルキーニ、絶好調ですね。色っぽい2マイ目に目が離せません。今日のアドリブは月組さんの美女がいっぱい。というような内容だったと思います。私は2階席だったのでどなたがこられてたのかわかりませんが。

はまこさんのゾフィーはいつも安定して素敵です。
重臣たちも面白い。

2007/05/12(土) 21:16:15 [エリザベート]

1週間ぶりに行ってきました。ミズさんはじめ、みなさん、余裕が出てきたような気がしました。よかったです。


そういえば、昨日ナウオンステージも放送されたのですね。
今日の観劇に気持ちがいっていて、すっかり忘れてました。
次回は忘れず録画したいです。


エリザベート、宝塚では確かにトートが主役なんですが、これまで、作品を楽しもうという姿勢で見ていると、いつもエリザベートに感情移入していたような気がします。エリザとルドルフのシーンや夜のボートがお気に入りのシーンでした。
今回はミズさんのトートということで、自然とトートに注目した見方になったと思います。

ミズさんのトート。
立ち姿が美しい。お芝居から感情の流れがよくわかる。衣装・ビジュアルを最大に生かした、妖艶な面もある、よく動くトート。動きがとてもきれいです。

エリザが綱渡りをしようとして、失敗。トートが黄泉の世界に連れていこうとしたとき、トートはエリザに一目ぼれ。生きたエリザに愛されたいと命を助けます。エリザにはこのとき、トートが見えますが、生き返るとともに忘れます。もしかしたら、潜在意識の中に残っているのでしょうか。「愛と死の輪舞」いい歌ですね。

シシィはフランツに見初められ、結婚。
トートはこの結婚に挑戦的ですね。予定が狂うのは俺じゃない。・・・

舞踏会では、いつの間にかエリザとトート2人になっています。トートがエリザの前に現れて、最後のダンスは俺のもの~♪と歌います。強引なトートさまです。マントをはずすところは、いつもちょっとどきっとしたりするのですが、衣装もしぐさも動きもカッコよく、かつ、ここのミズさんのお歌、今日はとーってもよく、その思いがあらわれていました。迫力あるトートさまです。また、マントをつけて、かっこよく翻して去っていきます。

当然エリザは怖がっていますよね。フランツはそんなことはわかりません。

宮廷でエリザに見方するものはいず、死のうとしますが、宮廷に束縛されるのではなく、自由に生きる決意をするエリザ。トートはちょっと無念?そうに見守っています。

シシィの居室
国政に疲れたフランツがエリザを求めてくるのですが、ゾフィか自分を選ぶように訴えます。フランツが去ったあと、トートが現れます。

ちょっと不気味な?色っぽいトートさま。嬉しそうに、シシィをさそいますが、シシィに拒否されて、一瞬愕然となります。(そんなことあり?という表情)その後、怒りの表情。扉からでて、力強くも几帳面な閉め方に、ショックと負けないぞという思いが感じられました。

エリザを手に入れるためにハプスブルグ家の崩壊を企てるトート。

一方、フランツはエリザの要求を受け入れ、自信を持って輝くエリザ。
その様子をトートは銀橋からみつめています。ねそべって、おもむろに長い足を投げ出してすわるという登場。やっぱり注目しちゃいます。カッコいいです。


運動の間
美を追求して、体操やらダイエットやらで倒れるエリザ。
医者に扮したトートが現れ、2人になります。
エリザにささやくように言う医者。色っぽいです。

フランツの浮気の写真を見て、「生きていけない」とエリザ。
帽子をとり、長い髪をみせ、トートの姿をみせ、ベットに立ち「死ねばいい」コートの前を開いて赤い裏地を見せての歌、コートを投げ捨て、マフラーを投げ捨て・・・魅力的ですね。
自分のものになりそうと喜ぶのもつかの間、またまたエリザに拒否されて、傷つく?トート。それでもあきらめない。


とりあえず、ここで切ります。




【続きを読む】

2007/05/10(木) 20:27:14 [水さん]

ミズさんととなみちゃんのインタビューが放送されました。
地上波!です。

6時37分から43分まで。
最初の映像は椅子に座って登場して「エリザベート 今こそ~♪」と歌うトートさま。雪男役トップスター水夏希と字幕。グリーンのかこんだ文字。

インタビューでは、
客席のみなさまが、あたたかい拍手を下さるので、それに少しでも答えたいと必死でやっている。というようなことを言われてました。
ファンにやさしいミズさんです。

お稽古期間についても質問されてました。
「約一ヶ月半、みっちりでした。もう、みっちり。」
お稽古頑張りましたという自信が感じられました。

で、この会話があのトートのメイクのままですよ。きさくなトートって違和感ばりばりで面白いです。素敵な素顔のミズさんが厚いメイクの向こうに現れてましたね。


2007/05/08(火) 20:56:58 [水さん]

5月4日AM6時30ごろ


記念すべき、ミズさんの御披露目公演初日の朝。
お天気のよい、とっても気持ちのいい朝でした。
花の道をのんび~り歩きつつ楽屋口方面をとったものです。
ちょっと早い目かな?と思いましたがもう、たくさん人がいましたね。

トップさんを実感する瞬間って、いろいろありますが、やはり、最後についたショーですよね。
ロケットが終わると、白いコートのような衣装で、大階段の娘役さんたちの並ぶセンターに下りてきて、踊るなら~と歌い出すのですよね。これって、オサさんと同じバージョンですね。
降りきって娘役さんたちをバックにダンス。素敵です。
銀橋を回ってもどってきて、舞台上で変身。
黒燕尾で闇が広がる。バックには緑燕尾の男役さんたち。月組さんのときと同じような感じでしょうか。ゆみこさん、桂ちゃん、かなめちゃんを従えてダンス。
その後、いったんひっこんで(この時の男役さんたちの群舞もとーっても素敵です。)、出てきたときは、緑燕尾。
となみちゃんとデュエットダンス。銀橋であいさつしてくれます。(あ~トップさんだわ。)
ラストに降りてくるときは、ミズさんだけが羽根。豪華な羽根ですね。
緑にきらきらいっぱいの雉羽根にくろいナイアガラが素敵です。

数々の衣装の豪華さにもトップさんになったんだなあって感じますね。


2007/05/06(日) 20:06:59 [エリザベート]

ゴールデンウィーク最終日、今日は雨でした。

11時公演を観て来ました。1階S席サブセンター後方
昨日に比べ、とても見やすかったです。

昨日より、また、メリハリがついて、さらによくなってました。

ウィーン版のエリザはすごく分かりやすかったのです。でも、宝塚は別物。分かった気持ちになってましたが、今になって思うと、私って、宝塚のエリザベートのお話があまりよく分かっていなかったのだと気がつきました。今日、ああ、こういうお話だったのだと初めてすとんと落ちた、分かったという思いです。重いお話ですが、ラストシーンで、すがすがしい幸せ感をもつことができました。

ミズさんのトート像。気持ちの流れが本当によくわかります。その時をじっと待っていた、見守っていた。となみちゃんのエリザ、思うように生きようとする中でじっと見ているトートを感じていた。

以前は夜のボートで、なぜ、フランツのもとに行かない?と思っていたんですね。今回、「それぞれのゴールを目指す」というのがそれまでのフランツやトートとの、エリザのかかわりの流れの中で分かったと申しましょうか。

昨日と今日で全体としてもよくなっていたと思うのですが、特に、音月桂ちゃんが大きく変わって、存在感や狂気や色気がでてきていたと思います。アドリブもよかった。これからが益々楽しみです。

ミズさんの魅力的なところは、立ってるだけでカッコよかったり多々あるのですが、今日、ぞくぞくしたのは、ルドルフの死のシーンで、舞台センター奥で踊りつつ、ルドルフを翻弄するところでした。

また、今日、ようやく、1幕ラストの鏡の間で、エリザが出てきてすぐ、暗い中にねそべってスタンバイするトートさまに注目できました。

【続きを読む】

2007/05/05(土) 19:09:23 [エリザベート]

昨日は、2階後方上手席。
今日は、1階後方下手席でした。

幕開きすぐのトートさまの姿は今日のほうがかっこよく見えました。
角度の違いでしょうか?それとも、A席とB席の違いでしょうか?
素敵な衣装です。

舞台は、昨日、やや硬さがあるようにおもったのが上手い具合に取れた感じで迫力も増してよかったです。

人間ではないトートという存在が面白いですね。ちょっと悪いところが魅力的でもあります。
ミズさんの歌、とってもよかったです。

十分堪能させていただきましたが、
雪組のみなさんの芝居心と若いパワーを感じます。きっと、これからまだまだ、進化していくのでしょうね。これからも楽しみです。

2007/05/04(金) 21:57:07 [エリザベート]

今朝は4時おきでした。
今朝のミズさんは、気負いなく、自然態で、おだやかで、すがすがしく見えました。


そして舞台。素晴らしかったです。
出てくるだけで冷たさ・冷気を感じさせるトートさま。
ACT1では、シシイの居室の場面。フランツが去ったあとトートが現れてエリザベートを誘惑するが、拒まれるシーン。
これまで、いろいろなトートさまでそれぞれ個性的でしたが、これがミズさんのトートさまというものが感じられてよかったです。

ACT2では、葬儀の場面。トートはエリザが苦しみから逃れるために死なせてというのを突き放すシーン。ミズさんのトートの熱さが現れてました。トートがかわいそうに思えたシーンでもあります。


全体的に、とっても私の好みにマッチした新生雪組版エリザベートでした。となみちゃんは美しく、軍服を次から次への着替えるゆみこさんはかっこよく、その歌声は安定して素敵。音月桂ちゃんはちょっと大人っぽくなったように思います。まじめな?ルキーニ。かなめちゃんのルドルフのかっこいいこと。やはり、エリザとルドルフのシーンはうるうるきちゃいます。革命家たちもかっこいい。ゾフィと重臣たちのシーンもいい。見所だらけですね。

本編の間の集中した雰囲気、フィナーレの客席のもりあがり、とってもいい初日でした。

2007/05/03(木) 18:41:46 [その他]

いよいよ、明日がエリザの初日。

スカステで、Flush! Collection#31の初々しいミズさんもみました。
お稽古場映像は何度見たことでしょう。
ニュースでは、ミズさんの御披露目にちなんで、過去の主演作品を次々と流してくれました。ロミジュリ・フィガロ・八犬伝・ベルばら・星影・ジョイフルⅡ・・・


そして、明日は新生雪組・ミズさんの大劇場御披露目公演・エリザベート初日です。

2007/05/02(水) 20:52:37 [その他]

もう、本当にすぐですね。
なんだか、心の準備が出来てません。
もうすぐ初日と思うだけでどきどきです。


そんな中、スカステではお稽古場映像が流れましたね。
すごくいい!
みなさん、素敵です。
そして、ミズさんのトート、素晴らしいです。
映像もとっても短いながらも、いいところいいところ、ばっちり捕らえてくれてます。ミズさんのトートがとってもよくわかります。
スカステさまに感謝です。

そして、フィナーレのパレードの笑顔のミズさんを見ながら、大劇場で見るのを想像して嬉しく思ってました。

2007/05/01(火) 20:05:36 [その他]

公式HPの表にもエリザ、そして、

キャトルレーブのHPにもエリザ。
いよいよ始まりますね。

グッズをいろいろ見ていって、クリアファイル、両方買おう!
メモも当然買おう!
バッグも買おう!
絵葉書は何枚か買って前の職場の人にお礼のはがきをだそう!
とか・・・


すると、なんと目覚まし時計があるではありませんか。
ミズさんに起こしてもらえる?
絶対買う!とか興奮しましたが、高い~。
だけど、買うような気がします。

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。