--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/30(月) 18:01:42 [その他]

もうすぐ公演が始まると思うとどきどきですね。
スカステでは、お稽古場レポートも放送されました。
明日はポスター撮影風景もあります。

今日の、お稽古場レポートは
ハプスブルク家のゾフィはまこさん・フランツゆみこさん・ルドルフかなめちゃん・少年ルドルフ冴輝 ちはやちゃんの4人のインタビューでした。

なかなか面白いスタートでした。
4人が役になりきってましたね。

雪組のみなさん、前向きにとっても頑張っているのが伝わってきました。まじめで明るい(ゆみこさん談)雪組の雰囲気も伝わってきました。

かなめちゃんは、見所を聞かれて、ミズさんこだわりのトートとルドルフのキスシーンをあげてられました。楽しみですね。

ゆみこさんの軍服もはまこさんの女役もちはやちゃんのトートとのお友達のシーンも楽しみです。
スポンサーサイト

2007/04/28(土) 08:15:06 [その他]

新しい仕事になって、なんとか一ヶ月を乗り切りました。
エリザの初日ももうすぐです。


昨日はスカステでウィーン版のみなさんの稽古場見学が流れてましたね。みなさん素敵でした。迎えた雪組のみなさんのとっても嬉しそうなお顔の数々。いい雰囲気でした。


さて、お稽古の様子。音月桂ちゃんのルキーニ、安心して見てられます。いきいきとお元気でした。かなめちゃんのルドルフは白い軍服のようなお洋服が雰囲気出て素敵でした。その時のミズさんの黒いコートなようなお洋服も素敵で雰囲気が出ていました。
となみちゃんとゆみこさんのラスト近くのシーンの雰囲気も本当に素敵で、楽しみです。

さて、ミズさん。親心モードが働いてしまいましたね。1回目。歌はどう?とか。声は?とか。どきどきものです。

1回目はそんなことを考えて落ち着いて見れてなかったかもしれません。最後のコメントもちょっと声がかすれ気味で。心配しちゃったりして。

だけど、2回、3回と見ているうちにそんなことはそっちのけで楽しんでました。本当に素敵です。お稽古のお洋服もトートをイメージできて、それでいて優雅で素敵。黒の短いジャケットにスカーフ。お前の命奪うかわり、生きたお前に愛されたいんだ・・・のところを歌っているのが写って嬉しかったです。ウィーン版にはないところですよね。

ウィーンキャストのコメントを聞くミズさんも嬉しそうで、また、マテさんのそばで小さく頑張りますというお声も聞こえました。

きっと、お稽古をとことん頑張ったミズさん。これから初日まではリラックスして体調を整えていっていただきたいです。もう、十分素敵なトートさまですから。

2007/04/25(水) 21:20:35 [その他]

あけると今は黒蜥蜴のオサさんの声が聞こえてきて映像がでます。

そのページのテレビの項目を選択したらミズさんの映像もいろいろ見れますね。DVDボックスに入っている3作品とブリリアント。ちょっと見てはにこにこ。

3作品を見ようと思ったら、ミズさんのボックスの宣伝ページを見たら落ち着いて見れます。すごく小さくて短いですが雰囲気を手軽に味わえていいですね。

2007/04/24(火) 19:53:02 [その他]

エリザの初日まで。

なんかそう思うとどきどきです。
そのころまでに、今の仕事に慣れているのでしょうか?(なれないせいか?このごろ帰ってきたらどーっと疲れてます。)
まあ、エリザのスタートはゴールデンウィークの後半ですから大丈夫かな。

細切れ時間にやはりDVDを見てます。
ニュースの初日映像とか楽映像が短くててっとりばやいです。
ベルばらのを見返して、アランさまを久々に見ました。

また、星影のDVDの宣伝も見ましたが、みじかーい映像の一瞬の表情でも、その場面を思い出して涙が出そうになります。全ツも楽しみです。

2007/04/21(土) 20:19:05 [水さん]

グラフ5月号を買いに、電車に乗って大きな本屋さんに行ってきました。

なんといってもミズさんの新生雪組特集ですから。
ミズさん一人写りのページのコメント、ミズさんらしくて素敵です。

「今、自分の目標、理想に向かい、邁進するのみ、という心境です。気負いは全くありません。」

ここのくだりがいいですね。ミズさんらしい。私も、頑張ろうという気になります。ミズさんの考える理想を見せてもらえることも楽しみです。

となみちゃんと2人写り。素敵です。となみちゃんのコメントでは、

「まっさらな気持ちで水さんについて行きたいです。」というところに共感です。私も今年、異動してそんな気持ちで頑張ろうと思っていますから。となみちゃんのコメントからミズさんのあたたかさやしっかりしているところが感じられて嬉しいですね。

ミズさんからのとなみちゃんへのコメントでは、
「全然違和感がありません」というところに、いい相手役さんに出会えてよかったねって思いました。きっとものの考え方や感じ方が近いのでしょう。

はまこさんとゆり香さんとのてい談
ミズさんの意外な一面が書かれてますが、本当なんでしょうか?(笑)
それにしても、お2人ともとても力強い味方です。

ゆみこさんと桂ちゃんの3人写り。宝塚の男役スターさんたちですといった雰囲気ぷんぷんです。ゆみこさんも桂ちゃんもミズさんの魅力を語って、ミズさんへのコメントを言ってくれています。特にゆみこさんはミズさんと一緒に新公をされた間柄もあってかミズさんの人柄についても温かいって語ってくださっていて嬉しいですね。
はみだしSHOTでは、この3人のアイドルポーズがなかなかカッコイイです。

このページのはまこさんのコメントに、ミズさんのことを、意外と「甘えたさん」とか「几帳面じゃない」とか語られていてそうなの~?とか思って面白く読みました。








2007/04/21(土) 12:28:23 [その他]

近所の本屋さんにグラフを買いに行きましたが、置いていませんでした。そういえば、前に行ったときもなかったような気もしないでもありません。歌劇があったのでお店の人に聞いてみると、グラフはこのごろ入ってこなくなりましたとのこと。


定期購読にしようかなと本気で思い始めました。ミズさんがトップの間は毎月買う予定なので。調べてみよう。


エリザまでもう2週間を切りましたね。楽しみで楽しみで。でも、公演が始まるまでに仕事や家事を頑張っておかないとと思います。

2007/04/18(水) 20:39:51 [その他]

毎日毎日数えてますね。


そうしつつ、今日見た映像はニュースの中日初日映像と楽映像。星影ももうすぐ発売日。これもとっても楽しみですね。久々に続けて見たのですが、挨拶の部分、前に見たときと印象がちょっと違ってました。前はみている私も舞い上がってたからでしょうか、気付きませんでしたが、今日見ると、なんとなく、初日のミズさん、落ち着きがなく、かつ、お疲れのように思いました。もしかしたら、羽がゆがんでいるのをとっても気にしつつ、隠しているのがそのように思えたのかもしれませんが。
それに引きかえ、楽のミズさんは元気いっぱい。充実感にあふれているように見えました。

楽映像といえば、全ツオスカル様の鹿児島楽。この本編放送も5月だ~、待ち遠しいです。


2007/04/17(火) 21:21:04 [その他]

待ち遠しいですね。


ミズさんの大劇場お披露目がもうすぐ始まるという思いと、名場面の言葉から見だしたDVDの数々。といっても、それぞれ一部分で全部見てないのですが。

昨日でしたか、ジャンPとジャンBを立て続けに見たのです。
繊細なジャンPに骨太でぱりっとしていて男くさいジャンB。
全くタイプが違いますね。
どちらも魅力的です。
ダンスの系統も全く違います。

ベルばらの役替わりDVDも見たのです。アンドレとオスカル。残念ながら本公演のDVDを買わなかったのでアラン映像がありませんが。
まだ去年の今頃のことですが、随分昔のことのように思えます。コムさんがおられたのは当然ですが、まだこのころ、宙組トップになってすでに退団されたかしげさんが雪組の組子さんなんですから。

2007/04/16(月) 19:28:09 [その他]

産経エナックさんのHPに載っていました。

同社は「宝塚本を集めよう」キャンペーンを始める。「宝塚おとめ 2007年度版」と「TAKARAZUKA REVUE 2007」(2007年6月発売予定)のほか29冊(計31冊)を購入した人にもれなく特製写真集(非売品)をプレゼントする。

対象商品
●『歌劇』2007年5月号(2007年5月2日発売予定)~2008年4月号(2008年4月5日発売予定)までの12冊

●『宝塚GRAPH』2007年6月号(2007年5月19日発売予定)~2008年5月号(2008年4月19日発売予定)の12冊

●『ル・サンク』 雪組公演Vol.91(2007年5月22日発売予定)~月組公演Vol.98(2008年4月発売予定)の8冊

●『2007年 宝塚Satge Album』(2008年3月発売予定) 

条件をみたした読者全員に写真集「2008 Takarazuka Calendar Another Shots」(仮称)をプレゼントする。内容は来年の宝塚スターカレンダー、宝塚卓上カレンダーに登場する生徒のカレンダー未掲載写真を集める。B5判でオールカラー、48ページの予定。一般には販売しないプレミアム写真集だ



おとめとレビュー2007はもちろん買う予定ですが、
あと29冊。
グラフと歌劇を12ヶ月で24冊。ステージアルバムで25冊。
あと4冊のうち、2冊は雪組のル・サンク

そして、あと2冊。


う~ん、あと2冊、ル・サンクを買うのでしょうか?ミズさんが載っていないル・サンクは、よっぽど気に入った作品のしか買わないのであと2冊の壁は大きそうです。

2007/04/14(土) 19:35:31 [その他]

待ち遠しいですね。
早く生舞台のミズさんにお会いしたいなあと思うと同時に始まってしまったらあっという間に千秋楽になってしまうので、複雑だったりします。

せめて、今、星影のDVDなど出してくれるといいのですが、それも5月5日でしたよね。スカステのミズさん特集だって5月。なーんでも5月で、もうちょっとばらけてくれてもと思ったりします。

4月から新しい仕事なので、まだまだ慣れず、なんでも5月というのはよかったかもしれないとも思います。


今日は本屋さんでシアターガイドの立ち読みをしてきました。3組の新トップさんが1ページずつ載っていて、それぞれのアピールでした。個性の違う3組。トウコさんのコメントはちょっと胸に響きました。なかなか、ハードな環境だったのだろうなあって思いました。そう思えば、今回のお披露目公演の明るく、はっぴー、ハッピーな雰囲気はお披露目にふさわしくよかったねって思いました。私としては、大人っぽい作品をちょっぴり期待していましたが、そういう作品は今でなくても、これからまた見れますよね。

ミズさんととなみちゃんは宝塚大好き、タカラヅカらしいを強調されてました。



2007/04/12(木) 21:13:55 [その他]

名場面とは、と言われると、いろいろ見たくなるんですよね。
ビデオを。

昨日、今日と30分ぐらいずつロミジュリを見ました。
ロミジュリの名場面はいろいろありますが、しいて言えばジュリエットとの出会いと最後の霊廟の場面だと思います。

ロミジュリ、水さんも若さゆえの何かで今はもうやれないとか言ってられましたが、でも見たいですね。今のミズさんでロミジュリ。絶対に進化していると思います。


ところで、ラッキーにもエリザをS席で見れることになりました。今公演はA席とB席しか無理かもしれないと思っていたのでちょっと嬉しいです。

2007/04/10(火) 21:11:41 [その他]

ミズさんの名場面、考えるといろいろ見たくなるんですよね。


今日、ちょっとづつですが、見たものは・・・
ダンシングリサイタルのキリエ
聖なる星の奇跡
鳳凰伝


そうそう、一昨日大劇場に行った際に買ったもの。
ミズさんグッズのボールペン、シャーペン。
なかなか使い勝手がいいです。

そして、エリザのポスター。
パネルに入れて飾ってます。ジャンP、星影、エリザと3枚のポスターをはってます。(ちょっと恥ずかしい部屋かも。)

2007/04/09(月) 21:16:59 [スカイステージ]

スカステで募集されていますね。



【リクエスト方法】
(1) あなたの思い出の場面やセリフ、(水夏希・安蘭けい・大和悠河)といえばこんな役など、その理由も含めてお聞かせください。

【応募締切】
4月30日(月)


ミズさんの思い出の場面・・・
それは、私にとっては
タカラヅカ舞夢の客席登場でしょう。
前のほうのお席に座ったことがありませんからね。
前から21列目、A席最前列。なんてラッキーだったんでしょう~。

だけど、こういうのはリクエストしても放送できませんよね。A席前の通路を魅力発散しつつ歩いている、そんな映像残ってないですものね。


お芝居の名場面ってどこでしょうね。
あれもこれもあるんですけどね。

銀の狼でピストルを投げつけるところ。その背中がかっこよかったです。

堕天使の涙で、リリスの枕元のシーン。あたたかいジャンP

鯨の船長さんのせり上がり。男くさくて素敵でした。歌もダンスも。

居間のオスカルさまがバイオリンを弾く姿とやさしい声。
オスカルさまといえば、バスティーユのダンス。

星影の人のもみじの舞うシーン。

きりがありませんね。

2007/04/08(日) 18:56:15 [タカラヅカ観劇]

大劇場に行ってきました。
先週、とてもハードだったせいか?体調いまひとつで、あまり集中して見れませんでした。その点はちょっと残念でした。

初舞台生の口上があり、また今年もその季節なんだと思いました。
今日の口上は真輝いづみさん、蒼羽りくさん、花陽みらさんでした。

和物のショーは、オープニングがいいですね。豪華です。
そして、とうこさん、みんなが待つ中、せりあがってきます。トップさんですね。今更ですが、おめでとうございます~

そして、柚希さんは今公演から2番手さん。ういういしいです。頑張っていただきたいですね。しいちゃんも、涼さんも安定感があって素敵でした。彩海さんも目だってました。

群舞で扇がいっせいに翻るところがすきです。
また、美しい着物に注目でした。


お芝居は、児玉先生はちょっと苦手だと思いました。舞台は美しいのですが、心に残る台詞が欲しいです。なんだかどたばたどたばたのイメージでした。そして、どんでんがえしがありすぎて落ち着きません。

最後についた、とうこさん白い衣装、その他の人たちが青い衣装の大階段からのダンスは素敵でした。

2007/04/07(土) 19:55:19 [本・雑誌]

以前は私なりに欲しいと思う号だけ買ってましたが、ミズさんがトップになったら毎号買おうと決めてました。

今月号は、あんまり載ってません。
だけど、買いました。

まずは、裏表紙のカード会社の宣伝。エリザのポスター柄です。
本屋さんで知らずに本を手にとって、どきどき~

次に前からぺらぺらと見ていくと、DVD-BOX MIZUの宣伝。右のページ全面水さんです。左ページはとうこさんです。文字色がミズさん水色ととうこさん赤色。Brilliant Dreamsのイメージどおりですね。そのDVDの宣伝もしたに。「未公開シーン」どの程度あるのでしょうね。

またまた、ぺらぺらとくっていくと、2ページにわたるスカステの宣伝の約3分の2がミズさんの番組の宣伝です。お披露目特集の。いくつものミズさんの写真が~

森咲かぐやの絵と文
食べやすい大きさに切ってあるいちごを持って一人ずつ食べさせてあげるミズさん。

頭で想像してみました。イチゴがどんなサイズになっているのでしょう?

一口サイズのおにぎり。どんな大きさでしょう~とまたまた想像してみました。直径2センチぐらいかなあ?

中日劇場の楽屋はなかなか刺激的だったようですね。楽しそうな雰囲気が伝わってきました。

7つの質問コーナー 今月の小道具は桜・蝶・まくらです。
ミズさんの小道具は蝶。タニちゃんもです。オサさん、とうこさん、あさこさんは桜でした。みなさん髪飾りにされてました。でも、ミズさんも髪かざりのつもりでしょうか?あたまのてっぺんに蝶をのせてられました。(なんか面白いです。)たにちゃんは蝶の札を上げている雰囲気でクールでした。

蝶といえば、グッズもそうですが、2006年のカレンダーの表紙のブルーモルフォが印象的です。今でもパソコンの前にはったままです。

高声低声では、星影・ジョイフル2についての投稿があり、とても素敵に書かれてました。そうそうそうなんです~と思いつつ読ませてもらいました。

最後のページ・次号のお知らせ
表紙 ミズさん
新生雪組・水夏希特集 贈る言葉、対談、他
特別記事 雪組宝塚大劇場公演「エリザベート」座談会
7つの質問

次号がとっても楽しみです。









2007/04/07(土) 16:38:29 [スカイステージ]

雪エリザの公演案内?を見ることができました。
ポスター撮影風景。

ミズさん角度によってはとても頬がこけていました。撮影は堕天使の東宝公演中ですよね。次期トップということで、なかなか大変だったのでしょうね。

なにかしゃべってられるところも写ってましたが、口の動きがそうそうそう・・と言ってられるように見えました。どんなことを話してられるのでしょうね。プロダクションノートではお声も聞けるでしょうか?

ポスターになっていない角度もとっても素敵で精悍な男っぽい雰囲気がよかったです。

2007/04/06(金) 20:51:09 [スカイステージ]

今日のスカステニュースでエリザのお稽古の様子をミヒャエル・クンツェ氏が見学されたところの放送がありました。

お稽古場の床に雪組のみなさんがずらっとすわってお話を聞かれてました。体育の△すわりの変形の座り方。ミズさん足が長いとまたまた思いました。スカートの娘役さんたちは横すわり。壮観です。

質問はミズさん、となみちゃん、はまこさん、ゆみこさん。鋭い質問に納得のお答えでした。

お稽古10日目にして、1幕は出来上がっているとのこと。
楽しみです。

2007/04/04(水) 20:25:49 [スカイステージ]

スカステのヒット番組は、

宝塚こだわりアラカルト~あのシーンをもう一度~#44「男役が演じる女役(2)」です。

去年の星組ベルばらの小雨の役替わり5人の映像がばっちり流れて、それぞれに楽しいです。ニュースではそれぞれにほんの一瞬でしたから。今日も23時からまたありますね。まだご覧になっていない方はぜひ~


4月から新しい職場になって、帰ったらぐったり。でも、ビデオをちょっとずつ見てました。久々に堕天使~。ちょっとだけ見るので青薔薇を見たあたりで終わりになってしまってましたが。

ボーっと見ていて、またまた思いました。今さらですが、コムさんのダンスはすごいですね。くるくる回わるところなど、本当にかろやかでシャープで美しいです。この作品、コムさんとミズさんお2人のダンス場面があって、嬉しいです。


2007/04/01(日) 19:54:43 [スカイステージ]

いよいよ5月はミズさんの主演男役お披露目特集ですね。

とってもたくさんのミズさんの出演番組で嬉しい悲鳴です。(公演にも通いたいし、いつ見れるのでしょう~)

5月4日エリザの初日。その日には待ちに待った全ツのベルばら の放送。
5月5日には、ニュースで大劇場初日の様子も見れるでしょうし。楽しみ目白押しです。

トップスター・ロングインタビュー#13「水夏希の魅力に迫る」

これまでの道のりと、今後の抱負のインタビューとか。楽しみですね。

舞台夢紀行スペシャル「グリュス・ゴット」
~エリザベート、ゆかりの地を訪ねて~(60分)


ウィーンツアーの模様ですね。これもとっても楽しみです。

雪組公演 『エリザベート』プロダクション・ノート(45分)

制作発表から作品の出来ていく過程が見れるのでしょうね。

ウィーンから宝塚歌劇まで~ミュージカル「エリザベート展」
プチ・トーク「水夏希」(30分)


阪急百貨店でのトークショーの模様まで見れますね。

エリザのNOW ON STAGEもあり、新しい映像だけでも盛りだくさんです。
その上、ミズさん出演舞台映像たーくさんです。

2007/04/01(日) 09:39:18 [本・雑誌]

ミズさんのおかげで、手に取ったことのない雑誌をいろいろ見ることになって、世界が広がります。

ミズさんのコーナーは4ページ。
他にもタカラヅカOGさんも何人も載ってますね。

始めの2ページはお写真が1枚ずつ。どちらもとっても素敵です。
右側のページ、こっちをしっかり睨んでますね。
左側のページ、あたたかい柔らかな微笑み。

先がカールしたヘアースタイルは新鮮です。
お洋服もとってもミズさんらしく似合ってます。

そして記事。
記者さん、ミズさんのことよくわかってられますね。
そして、ファンの気持ちも。

友達に誘われて軽い気持ちで宝塚を受けて不合格。そこでようやく本格的にバレエを習い始めて・・・という記事のところでのミズさんのコメント「次々と新しいことを教えてもらって、「できるかな?」とチャレンジしていくことが、ただ面白かったんです」

ミズさんの楽しく充実し高校時代が目に浮かぶようですね。

記者さんのミズさんのダンス観。
体操選手のようなブレない美しさが持ち味の朝海と好対照的に、水の踊りには小奇麗にとどまらない色気がある。自分の身体で描きたい、明確なビジョンを持っているのだろう。

って書かれてますが、まさにそう思います。

このインタビューは中日公演後ですよね。星影へのミズさんのコメント。

「沖田総司は、年も若く、誠実で純粋・・・・・近年ない役で難しかったですね。でも彼はただ優しいだけでない、剣に対して揺るぎないプライドも持っている。単なる”病に苦しんだはかない人”にならないようにと思って、役作りしました。(後略)」

ミズさんの沖田さん、そのように見えました。素敵でした~。

で、そこに続くコメントの最後に衝撃?のコメント
「以前は苦手意識があったコメディーも今ならまたチャレンジしてみたいですね」

えーーーーーコメディですか!
まさか来年のお正月公演はコメディ?とか一瞬思ってしまいました。

ミズさんのコメディ、
フィガロを思い出しますが・・・・
最近のタカラヅカのコメディといえば、月組さんのパリ空。あさこさんのされたあの役!ミズさんがされるところは想像できません~
コメディで思い出すのは、古いですが、一路さんのされた日本物。あれは面白かったですが、う~ん。ミズさんはどんなコメディをイメージされているのでしょうね。

だけど、想像できないところへのチャレンジを観るというのもまたまた楽しみです。ミズさんのコメディもまた見て見たいと思います。


| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。