--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/11/30(木) 19:42:43 [その他]

宝塚友の会ってあたりません。
今日も電話から、「残念ながら・・・」
まあね、いつものことですが。
1月25日(木)の「清く正しく美しく」見たかったです。
水さんがトップさんになって初めての舞台ですものね。

ところで、今日、公式HPで、宙組の次期トップ娘役に陽月華さんが内定したと発表がありましたね。

うめちゃんおめでとうございます。
タニちゃんのお相手は組内からかなあと思っていましたが、いざ、発表されると、ぴったりだと思えてきました。現代的なきれいなカップルになりそうです。かわいい作品をやって欲しいですね。大地さんがされた、「飛んでアラビアンナイト」のような。楽しみです。

スカイステージのニュースでは、メモランダムの映像が流れてました。
こういうイベントを見ると世代交代をひしひしと感じますね。
今年は特にです。しばらくトップをされた方々が退団で。
センターがとうこさん、あさこさん、かしげさん。あさこさんはもう、ベテラントップさんですが、それでも90周年特出座談会のイメージが強くて、代替わりって感じます。で、まわりもそうですよね。ソロで歌われて、アップになっている方々が新鮮です。

去年末の花の道のとき(かしげさんがトップ内定後でした)も世代交代を感じましたが。

去年の初めステラマリスの公演中、チャリティーコンサートがありましたが、その時、水さんが着られた衣装は今回北翔さんが着られてました。

いろいろな歌も懐かしいです。宝塚ファンが長いとこういうイベントは楽しめますね。(間ブランクありまくりですから、知らない歌も混じってますが。)蘭寿さんが歌われた「オルフェウスの窓」の歌、なつかしかったです。トウコさんの歌われた「この恋は雲の涯まで」とか。どちらも数えきれないくらい、何度もビデオを見た覚えが。その他もいろいろなつかしいです。

スポンサーサイト

2006/11/25(土) 18:30:05 [水さん]

今月は買わないつもりだったんです。
だけどね、大劇場に行って水さん関連を何も買わないなんて寂しすぎるということで買いました。

結局、その後でジャンPのポストカードを買ったので、言い訳でしょうか?コムさん・まーちゃんのステージヒストリーも欲しかったし、すみれさんの公開アンケートも楽しいし。(友達にしたい役1位も恋人にしたい役1位も結婚したい役の2位も水さんのベニートのお友達のカルロスさんなのですね。)

水さんについては、「堕天使の涙の舞台写真」とコムさんとの「トークデラックス」

写真のほうは、ルサンクもあるし、舞台写真も持ってるしと思っていましたが、どれもなかなか素敵な映りです。

トークデラックスで心に残った言葉は、コムさんの次の言葉です。
「自分で自分にプレッシャーをかけてしまうタイプなので・・・・・あんまり思いつめなくていいよ」「前略 悔いのないよう思い切り楽しく頑張って欲しいと思います。」

コムさんのハートのこもった水さんへの言葉、私も読んでそのように思いました。

で、この本を買ったときにお店の人が一緒に入れてくれた堕天使の涙のDVDの宣伝。
話題の別アングルでも楽しめる!
一覧では、水アングルは、堕天使・・・第10場 Traumaとのこと。ここって、過去について一人語りのところですよね。ずーっとオペラで水さんのみを見ていることが多かったところ。嬉しいです。

一覧にはそこのみなのですが、ほかという文字に期待?!
一覧の上にはアマゾンのもみじ衣装の銀橋写真に水アングルのマークがついてますが。ショーはここでしょうか。

12月15日が待ち遠しいですね。

2006/11/25(土) 11:49:04 [水さん]

公式HPに星影の人のポスターが出ましたね。

あまりに素敵で溜息がでます。
背景にもみじと京の町。
水さんも素敵ですが、お隣にとなみちゃんが加わって、沖田総司の物語が目の前に浮かぶような気がします。



2006/11/23(木) 19:54:23 [タカラヅカ観劇]

行ってきました、今日の11時公演。
大劇場にもクリスマスツリーがお目見えしてました。

ふふ、朝、スカイステージのニュースでチェックした公演ランチ、食べてきましたよ。おいしかったです。特に白いちっちゃなデザートが。
メニューを見て、友達もそれがいいと自分から選んでました。

まずは、竜馬伝
幕開きは、うーんなんと申しましょうか・・・
夜明けの序曲の新公を思い出しました。(水さーん)
散切り頭の北翔さんや、七帆さんの若々しさに、水さんの音二郎さんを。
この回想シーンがなぜあるのか?ちょっとよくわからないのですが。

かしげさんの登場は、船の帆に姿のシルエットが映し出されるところから。(素敵です)
だけど、姿が見えるときの音楽が、カッコいいのですよ、いいのですが、必殺仕事人?とか思える曲で、思わず噴出しそうになってしまました。

その後、歌、そして後ろは宙組男役さんたちのさわやかなカッコいい踊り。
本当にさわやかでした。でもね、私としては、ここは、さわやかは、ちょっと違和感がありました。竜馬でしょ、もっとなんか力強いというかどろくさいというか。具体的にはイメージはわかないのですが、そういったものを無意識に期待していたようです。

お話自体は、結構場面の羅列的で後半ちょっと疲れました。ここぞという盛り上がりに欠けるように思いました。それと、笑っていいのか悪いのかというような台詞があったり。もっと竜馬の心情にせまるつくりにしてくれていたら物語に入っていけたかなあと思います。ラスト、暗殺シーンはなんとなく流れて、私としては、物足りないです。

真矢さんの竜馬は見ていないので全く真っ白な状態での観劇でした。見ていたらなにかわかったことがあったのかなあ?

かしげさんは、なんとなく青い鳥を思い出してしまいました。そして、竜馬にはちょっとスマートで、繊細すぎるような。このお話、最後暗殺されて悲劇なのに、コメディというのがなかなか乗りにくい気がしました。コメディーでなく、まじめなお話にしてくれたらよかったのに。

タニちゃんの中岡は血気にはやるちょいかわいい若者のイメージ。
蘭寿さんの慶喜は存在感がありました。堂々としていました。
ともちんは貫禄がありました。
十輝さんの高杉、短い出番ですが、なかなか決まってました。
ちぎちゃんの沖田さんはかわいい雰囲気でした。連れている新撰組隊士は蓮水さんと凪七さん。よっぱらってますがかわいいものです。(ジャンPを思い出したりして~)

アイラブショパン
幕開きは銀橋から。
暗い中、センターに影、とってもカッコイイ動きのシルエット。
ライトがつくと、蘭寿さんでした。
立った姿、決めのポーズなどきれいですね。
蘭寿、悠未、北翔、十輝、七帆の5人組なかなか素敵でした。

第7場からの夢のあと
赤軍団(かしげさん率いる)青軍団(蘭寿さん率いる)の戦い
なんと、タカラヅカ舞夢のきりやんと水さんのダンスのときの衣装が使われてました。ちょっと手が加わってましたが。なつかしい~。そして、2人の子供時代をちぎちゃんとカチャちゃんがされてました。かわいい雰囲気です。

タニちゃんは、黒燕尾にコートが似合いますね。スタイルがいいので決まってます。あれって、レビュー伝説のお誕生日を思い出しますね。そういえば、どちらも草野先生。

かしげさんのシーンでは、黄色い衣装の天井画のシーンが素敵でした。
トップお披露目だわ~と思いつつ見てました。天井画を見たら、堕天使なんて連想してしまいましたが。

フィナーレの大階段の男役さんたちのダンスも素敵でした。
ここまではなんとも思わずにただ楽しんできたのですが、

パレードの前のかしげさんの歌はさよならモードで、歌詞を聴いていると涙がこぼれそうになりました。そういえば、もう、タカラヅカの舞台でかしげさんを見るのは最後なんだとか思い浮かんできて。
最後、拍手が長引いたのをちゃんと指揮者さん待ってくれてました。

やさしくかわいい雰囲気のショーでした。

そうそう、ポピーのシーンはなんというか面白いシーンでした。
でっかい男役さんたちもかわいいポピーの精。かわいい娘役さんたちもポピーの精。それぞれの集団が交差するときの楽しさ。






2006/11/23(木) 08:26:59 [その他]

大劇場に出かけます。
宙組さん、楽しみです。

アイラブショパン♪と、さびの部分、まだ見てないのに歌えます。
スカイステージで自然と耳に入ってたのでしょうか。
帰りにはどれくらい歌えるでしょうか。

今朝のニュースで公演ランチの特集をしていました。
ひとつ、食べたい、おいしそうと思ったのがありました。
今日、一緒に行く友達はお弁当派なのでどうなるでしょうか。
後ろ髪をひかれつつ、お弁当になるかもしれません。

水さんのお留守の大劇場、毎度のことですが、ちょっと寂しい。
キャトルレーブで水さん探しをすることでしょう。

2006/11/20(月) 19:25:25 [水さん]

東宝の初日の映像が流れましたね。

でも、その隣が見たいのですとか、その次が見たいのですが多かったような気が。

一瞬でも映ってうれしかったのは、ショー最後の大階段の歌。(短い!)
オープニングの羽根つき青い衣装で銀橋に出てくるところ。(遠いのですが)
本当はこの次の銀橋での短いダンスがアップで見たかったです。(コムさんのアップが見れます。)

もみじ(アマゾンの花)の衣装の本舞台での動きが大劇場バージョンスマートから元気元気に変わってましたが、その後どうなのでしょう?東宝組のみなさま~

オープニングの羽根つき青い衣装といえば、今日届いたパーソナルカレンダーで9月10月でしたね。パソカレどの月も素敵です。
1・2月の水色上着の居間のオスカル様うるわしい。
3・4月が室内のオフ写真・上半身
5・6月は怒ったアランさま。カッコイイ。
7・8月はちょっとハードな憂いのジャンPアップ。
9・10月がタランテラの水さんお気に入り青い羽根つき衣装。
11・12月が全身オフ写真。
オフのお洋服は全部黒メインですね。

どれもとっても素敵です。毎月1枚、13枚のカレンダーにしてくれるといいのに。そしたら、小雨もアンドレもベルばらフィナーレのダンスのも、フランスばんさいも入るのに~

中日星影の人の友の会は玉砕でした。
友会はいつもはずれるので期待するほうが間違いでしたでしょうか。

2006/11/18(土) 21:01:58 [スカイステージ]

夜中の放送分を今朝、仕事に行く前に見ました。

今回はコムさん、まーちゃんはじめ悠さん、有沙さん、愛さんという今公演での退団者の方ばかり5名と水さんというメンバー。お稽古場最後の日の収録でしょうか。

はじめの10分ぐらいが堕天使のお話。
次の15分ぐらいがタランテラのお話。
退団者の方々への水さんの質問コーナー。
全員の東宝公演への抱負。
退団者の方々から水さんへのエール。

堕天使のお話では、ジャンPはなかなか難しい役で、大劇場公演中、ずっと五峰さんと役について、ああだったね、こうだったねとねってられていたようです。あっという間に日々が過ぎていったとか。「奥深い繊細なニュアンスが求められる役」と言われてました。

タランテラはオープニングが終わりだとか。コムさんと水さんは兄弟の蜘蛛なんだけど、アムステルダムではすれ違っているだけ。
いろいろな人のいろいろな行動の話が出て、点と点がつながってもつれたところがほどけてきたように水さん言われていました。

退団者の方々からのお話では、コムさんが水さんにエールをということを言われたあたりから涙。水さんハンカチで大粒の涙をふいてられました。退団者の方々からのあたたかいコメントの中にも、水さんらしさがうきぼりでした。

【続きを読む】

2006/11/15(水) 19:47:57 [水さん]

今日のニュースでやっていましたね。
たった、8分間でしたが。
それでも、最新の水さんが見れて嬉しい~。

あいかわらず素敵です。
登場シーンはちょびっとですが。

ショーのほうでは、黒燕尾ではけたあとのシーンだと思いますが、ベンチのところで立って、豪快にタオルで汗を拭いてられましたね。ちょっとめずらしい。

【続きを読む】

2006/11/12(日) 20:49:17 [その他]

公式HPで発表されましたね。いよいよ、明日から友の会の入力です。

雪組
中日劇場
『星影の人』-沖田総司・まぼろしの青春-
『Joyful!!II』
公演期間:2007年2月2日~2月25日
※出演予定※
雪組  飛鳥 裕  灯 奈美  未来優希  水 夏希  ※彩吹真央
ゆり香紫保  天勢いづる  ※白羽ゆり  山科 愛  彩那 音
森咲かぐや  花帆杏奈  柊 巴  涼花リサ  谷みずせ
穂月はるな  凰稀かなめ  真波そら  白帆 凜  晴華みどり
鞠輝とわ  岬 麗  早花まこ  大凪真生  千はふり
彩夏 涼  純矢ちとせ  香音有希  桜寿ひらり  涼瀬みうと
愛原実花  凰華れの  美乃ほのか  聖河 椋  此花いの莉
透真かずき  詩風 翠  希世みらの
専科  鈴鹿 照  汝鳥 伶
※彩吹真央は12月2日付けで雪組へ、白羽ゆりは11月13日付けで雪組へ組替え

こうして発表されると楽しみな気持ちがさらに膨らみます。
土方さんは彩吹さんでしょうか。水さんの沖田さんとならぶ姿が目に浮かぶようです。配役発表も楽しみですね。

バウワークショップと音月さん主演のバウの出演者も発表されました。


2006/11/12(日) 14:54:23 [その他]

スカイステージからアンケートが来ました。
答えていて思ったこと。
「ほとんど見てないのに毎日見ている。」

今週は主にBrilliant Dreams 水夏希~舞台編
放送日から毎日1回見てます。

今日、横で見ていた家族約1名。「水夏希、青?違うだろう。黒だろう。」「なんで?」「黒燕尾のダンスがいい。」めずらしく褒めてくれたのでびっくりでしたね。

それから、その前によく見ていたのは、堕天使の涙の大劇場千秋楽の模様や、ステージインフォの2。今日も見返してました。

息子にはえらい古いの見てるなあと言われ、でも、東宝はこれからなのよと答えました。

今日は、コムさんたち卒業されるかたたちの最後のお稽古場でしょうか?コムさんはじめ、雪組のみなさん、感慨深いことでしょうね。東宝ではわたるさんの楽ですね。それぞれにいい思い出ができますように。

思い返せば、ちょうど4年前、香寿さんの大劇場楽のニュース映像が見たくてスカイステージに申し込んだのでした。入りはサンタさんのいでたちでしたね。

2006/11/11(土) 16:33:53 [スカイステージ]

水さんの舞台編は以前の日記に書きましたが、
今日は、トウコさんとミズさん比較。

トウコさんも好きなんです。
ということでトウコさん編も見ましたよ。しっかり集中して。
でも、DVDにはとってません。ゆえにちょっとあいまいかも。

まず、形容詞です。
トウコさん 熱い(ヤンパラフ)・濃い(リコ)・かわいい(アイーダ)
ミズさん クール(ランブルーズ)・セクシー(ジャンB・しましまのガイさま)

なんか、持ち味がまったく正反対ですね。


トウコさん 赤(龍星)青(雨に唄えば)
ミズさん  青(アオセトナ)白(ロミオ・オスカル)黒(バラク)

青がかぶってますが、トウコさんは青に首をひねり、御自分は白とおっしゃってたような気がします。
ミズさんは白に首をひねってられたような。御自分では透明。(色じゃないから~)

トウコさんの龍星って、ファンのかたからすると赤なんですね。私の中では1回しか見ませんでしたが、なんとなく青のイメージでした。

ファンの人がやって欲しい役に、どちらも、風と共に去りぬがあって、たしかトウコさんはスカーレットという名前があがっていたような気が(女役では、エリザベートもあった。)します。水さんはレットバトラーこれも面白いですね。



 

2006/11/10(金) 21:03:03 [その他]

こちらでは、はじめまして。れんげです。

今日からこちらで日記を綴りたいと思います。

以前の日記はこちら
れんげの日記

ブログ移転の理由は、ちょっとブログというものに興味を持ったということでしょうか。
しばらくは以前とあまり変わらないと思いますが、徐々にいろいろチャレンジしてみたいと思います。

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。