--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/09/23(木) 19:51:39 [本・雑誌]

すでに、10月号が発売になっているのに、今更ですね。

買ってすぐに、写真については書いたのですが、
あと、どうしても触れておきたいところのみ、今更ですが触れておきたいと思います。

【続きを読む】

スポンサーサイト

2010/09/22(水) 21:43:51 [本・雑誌]

ミズさんチェックをしなくても、
ミズさんでいっぱいの9月号。

水夏希サヨナラ特集



ですものね。

大劇場をバックに佇み、そのコメントが

掛け替えのない時を共に過した
すべての皆様
心より
ありがとうございました
              ミズ



心に染みます。
このメッセージを読んで、様々な思い出が頭の中を駆け巡りました。


サヨナラ対談は谷先生
印象的なことは、谷先生のことでなく植田先生のお言葉、ベルばら2001の頃のお話で、

谷先生「あの頃、植田紳爾先生とどの子がどの役のイメージかというお話をしていて、先生はミズはオスカルだって仰っていたんだよね。」



植田先生、よく分かってられますねと思いました。

また、外伝のジェローデル編のエピソードも面白いですね。あのラストシーンはとても素敵でした。


お洋服拝見の特別編でミズさん登場というのも嬉しいですね。
東京公演集合日の服装が紙面におさまっています。
室内のお写真とはいえ、入りの時のミズさんのお写真が歌劇に載っているというのが嬉しいです。

送る言葉
古い先生方、
中堅?の先生方、
若い先生方で一定の傾向があるように思います。

植田先生では「常に宝塚のことを考える得難いスター」「退団は惜しい。まだ宝塚でしなくてはならないことがあるのではないか。」というあたりが印象的でした。
柴田先生の「劇場にいると、水が舞台に出た時の観客の吐く息遣いを空気で感じるんですよ」や「宝塚で育てたスターだけれども、卒業に当たり彼女に礼を言わなくてはならないんだろうと思います」の言葉に涙したりしました。

正塚先生「精神的な、内面的な役柄の男役というものの味わいが深く出てくる人だったと感じています」「コメディタッチの作品もやってみたかったですね。非常にモチベーションの高い水、これまでよく頑張ってくれました」

コメディタッチ、どんな作品になったでしょうね。


小池先生「暫し疲れを癒した後、更に貪欲に水夏希ならではの夢を追い求めて行って欲しい」
木村先生の思い出話はとても楽しい。それは、魅力的な役の思い出話だからでしょうか。



斉藤先生「一つの組を率いるトップスターというのは正しく転職だったのではないかと思います。」
    「彼女の置き土産を宝塚の財産として、雪組だけでなく、僕らも受け継いでいかなければと思います」
大野先生「ふと、水さんとの最も幸福な出会い方は、その後輩となる事ではあるまいか、と思ったもので、つい」
稲葉先生「でも私は水さんが再確認させてくれた「集中」の言葉をこれからの人たちに伝えていく仕事をしなくてはなりません」

印象的な言葉がいっぱいつまった送る言葉でした。
生徒さんたちの言葉の数々も。あげればきりがありません。


「あの時、この時、この1年」という4ページも印象的です。
「予想外の展開」という、ハマコさんとユミコさんの卒業に関するコメントは読んで色々考えてしまいましたが。

ゆめみさんの絵と文の挿絵(ゴエさん)、ワンモアタイムが素敵です。


今月号は宝物の1冊です。

2010/09/20(月) 16:19:24 [本・雑誌]

いつも行く大きな本屋さん、タカラヅカのコーナーが半分以下のスペースになっていました。


買ってきましたのは
「宝塚イズム13 特集さよなら水夏希」
表紙に大きくこう書かれていたら買ってしまうでしょう。

実は、この特集の中に他の退団者の方の記事もあり、実質は、4人の方がこの特集でミズさんのことを書いてくださっていました。
公演評のコーナーでは、「ロジェ」「ロック・オン!」について一つ。


公演評では、まだミズさんがらみ以外読んでいませんが、リラ壁が5つと一番多かったです。

【続きを読む】

2010/08/21(土) 21:17:05 [本・雑誌]

グラフ9月号、何度も手にしています。
何度みても、盛りだくさんで幸せな本に仕上がっていますね。

でも、まだ、その様々な言葉の中には言葉にして深く心にとめたくないものもあり、読むだけです。


盛りだくさんの印象のわけは、写真のバリエーションの多彩さですね。
表紙は、グラフらしい男役さんモードのアップ。
1枚めくると、おだやかな表情の全身のミズさん。
篠山先生は、今回は最後だからちょっと笑った顔もとってみたとおっしゃってますが、この写真、いいですね。

もう1枚めくるとバリバリの男役。白いジャケットの。これまたとってもよくてお気に入りです。
もう1枚めくると、ちょっぴりベージュがかったジャケット。ねそべったポーズがまたカッコイイ。

前髪を下ろしたやや可愛い中性的アップが2枚、きれいです。1枚目がサヨナラ特集の表紙です。
きれいなお顔だと思ってページをめくると、
和服の四季。
カッコイイ。それぞれの季節でかもしだす雰囲気が違います。じーっと見つめて楽しめます。
次をめくるとお稽古場。ミズさんらしいなあと思います。
これまたとてもいいお写真で、広い稽古場を感じ、普段のミズさんをイメージさせられます。10この表情が見れるのも嬉しいし、お稽古場が写っているのも嬉しいです。
次をめくると、妖しい。大劇場の銀橋での2枚。大劇場がうつっていることも嬉しい。
その次はサヨナラ座談会。
ミズさんが主演になってから、新人公演でミズさんの役をされた5人との対談。とてもいい対談でした。知らなかったエピソードも色々ですが、心の通った言葉の数々が心地よいです。本来は3ページの内容ですよね?字が小さい(笑)2ページでも、字が小さくても内容量は3ページと変わらないと思いますので、その分、ミズさんのお写真を増やしてくださったのかなと思って、盛りだくさんをさらに感じました。


まだまだ、続くですが、明日は遠征なのでこのへんで。

2010/07/31(土) 19:58:02 [本・雑誌]

世界文化社 1100円


買ってきました。
表紙に

独占取材 5組トップスターが勢揃い
宝塚歌劇、夢と希望

というタイトル。


写真は篠山紀信さん

【続きを読む】

2010/06/20(日) 18:54:15 [本・雑誌]

表紙は祐飛さんです。




まあ、ミズさんチェックするというほど載っていませんが(笑)

スペシャルピンナップ  水夏希



なんとも、怪しげなまなざしでこちらを見てますね。
シャープな雰囲気のお化粧ですが、この状況でのはみだしSHOTは、清楚な笑顔で、全く違った雰囲気を醸し出しています。どっちのお写真も好きです。


ゆみこさんのラストデイの記事のページにサヨナラショーのネロとエスコバルのお写真が。
「さよなら宝塚」の退団者の人たちとの写真と載っています。桂ちゃんとさゆちゃんは大笑いの雰囲気ですが、何を笑っているのところかな?

みなこちゃんのページでは、
男役さんの、どんな仕草が好き?の質問に、水さんが袖をまくってらっしゃる姿とのことですが・・・。


どの場面でしょう?
ぱっと浮かんだのは、リオ デ ブラボーのぽんぽんのところ、タランテラの朝海さんとのやりとりのところなどですが。


サイドショットセレクション
ソルフェリーノの夜明けとカルネヴァーレ睡夢

旗を持って、はまこさんの方を向いている姿、迫力あります。客席からは絶対に見れない角度ですね。
炎のダンスも迫力を感じます。
ミズさんではありませんが、兵士たちの場面もいい写真ですね。

プロローグの白い衣装のやさしげな表情も素敵、青いマントの悩ましげな表情も引き付けられます。




【続きを読む】

2010/06/12(土) 20:54:13 [本・雑誌]

ミズさんが載っている!というだけで、中も見ずに即、購入。
タカラヅカのミズさんが雑誌に載るのもあとわずかですね。


水夏希×本城直季 対談



ということですが、主には、本城さんの作品をめぐってタカラヅカの魅力を語るといった印象でしょうか。


ミズさんは本城さんの写真で、ゾロの感想を兵隊さんがダーって座っているところ、最高です。おもちゃの兵隊みたいでかわいい!と述べてられますが、

確かにそういう面でも面白いですが、私としては、ミズさんのマントのゾロがミニチュアになってもカッコイイことに感動でした。

リオ・デ・ブラボーのラインダンスのお写真もきれいです。
なんだか、別もののような気もしないでもありませんが。

退団してからも宝塚を観にいきますか?の本城さんからの問いの答えの一部が、面白いです。

私も純粋に楽しんでみたいですね。もともと宝塚は大好きなのですが、今はまだ仕事モード。違う組の公演とかすごい形相で腕組みして観ているらしくて、下級生に怖いですよ~っていわれちゃうんです。



そんな表情を見て見たいところです。いったいどの公演をそんな風にご覧になったのでしょうね。


本城さん撮影の東京宝塚劇場の階段でのミズさんのお写真、なんともいえない味わいというか、雰囲気があります。



【続きを読む】

2010/06/05(土) 21:19:29 [本・雑誌]

今月号はミズさん盛りだくさんです。

まずは、ニュースコーナーの、フレンドパークⅡ出演記事。天皇皇后両陛下、ご観劇の記事。
そして、ロジェのポスター
ゆみこさんの東京千秋楽の記事の中にもお名前がちょっぴり。

Qトップtoトップ
今月はミズさんからの質問です。
Q1.今、夢中になっている事は何ですか?
Q2.ストレスの発散方法を教えて下さい。

どちらの問いもそれぞれのお答えが興味深いですね。
ミズさんのお答え、面白いです。
それって、夢中というより、今、頑張っていることという感じですが。


以降、ネタバレ気味ですので、続きに。



【続きを読む】

2010/05/29(土) 20:51:58 [本・雑誌]

いつも、ROMさせていただいているブログで紹介されていたのでミズさん掲載の2冊の雑誌を買ってきました。
どちらの雑誌も、ソルフェリーノの公演中のインタビューですね。その時点でのミズさんの退団に対する思いがさりげなく書かれていて、たいしたことは書かれていなくても、現実を再認識して、読んでちょっぴりつらい部分もあります。

1冊目はベストステージ7月号990円
表紙の左側、市村正親さんの下に水夏希と名前がありました。


2冊目はプラスアクと7月号2010980円
表紙の右側 PLAY act.第14回 水夏希と書かれています。



【続きを読む】

2010/05/04(火) 20:22:14 [本・雑誌]

ミズさん以外のページを見て・・・

【続きを読む】

| HOME | Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。