--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/07/15(木) 20:38:20 [新聞]

どしゃぶりの雨の中、仕事帰りにコンビニによって買ってきました。

棚に並んでいるところで、すでに、ミズさんとみなこちゃんの表紙の写真(ロックオンの白い衣装のデュエットダンスのところ)が見えました。
嬉しいような寂しいような複雑な思いで購入。

表紙は、ロジェの写真も背景に使われています。

ミズさんのインタビューページが1ページ。
ミズさんのヒストリーという名の思い出の写真のいくつか(ロミジュリから始まり、鏡開きやら退団会見やら12枚のお写真)のページが1ページ。
ロジェ1ページ、ロックオン!1ページ。
ゆみこさんのサヨナラショー1ページ。
みなこちゃん1ページ。
各組の公演写真のページとトップさんのページがそれぞれ1ページ。
タカラジェンヌの名簿のページプラス轟さんで2ページ。
OGのページが1ページ。
小林公平氏と彩音ちゃんで1ページ。

タカラヅカ検定 水夏希&雪組特別編が1ページ。


この検定はやらざるおえませんね。すぐ、やってみました。初級、中級は全問正解しましたが、上級は難しい。バレエスクールの名前が分かりませんでした。そして、過去の雪の歴史と。加茂さんとコンビを組んだという真帆しぶきさんが分からず。
全問正解だと「水夏希博士に認定」ということですが、
私はその次のランクの29問から25問ですので、「水夏希ファンに認定」というランクでした。

あとは、プレゼントのページが1ページでした。





スポンサーサイト

2010/07/13(火) 20:59:25 [新聞]

家族Aが、買ってきてくれました。
ページをめくると、21面にミズさんが。

「タカラジェンヌにスポットライト」というコーナーなのでしょうか。
見出しは、
小さめに
「雪組 水夏希」
大きな見出しは、「18年の集大成かみしめてやりたい」
その他、

退団後「旅に出たい」


サヨナラショーすごく不思議・・・

といった見出しで載っていました。
お写真は、6月27日のデイリーと同じお洋服。同じ日のインタビューだったのでしょうね。


【続きを読む】

2010/06/12(土) 19:53:03 [新聞]

もらってきました。

新しいインタビューというわけではありませんが、これまでの紙面を振り返っての記事で、

水夏希退団特別企画・TOKK紙面で振り返る 水夏希History




ミズさんの記事が載って、嬉しいような、寂しいような複雑な思いです。

1996年10月1日号、1999年8月15日号、2005年7月1日号、2007年5月1日号が虫眼鏡で見たら読める?というサイズで一部載っています。たぶん、後ろ二つはあるはず?探してみなければ・・・。整理整頓が出来てません。

本当に小さい写真ですが、1996年、可愛いですね。そう思いつつ、すぐ下にある、ロジェの公演案内の写真を見て、ああ、今は大人の男役の貫禄と迫力がなんて魅力的なのでしょうと思いました。

2010/01/16(土) 14:58:01 [新聞]

退団会見掲載新聞


各社のHPには記事が載っていたので、新聞にも載るかな?と思い、買いに行ってきました。
載ってそうだと予想をつけて、
まずは、ディリースポーツを購入『水夏希「結婚しちゃうかも?」』
記事は13.4cm×8.2cmその中に、ちょっぴりうるっとした表情の上半身のお写真が7.6×4.2cm


次にサンスポ「水夏希、結婚退団?」
10cm×8cm ちょっと右下の角がかけてますが。
お写真はマイクを持っておしゃべりしているもの。HPの3つのうち、右端のお写真。
なんか、冗談をとりあげてインパクトあるタイトルですね。

そして、スポニチ「宝塚雪組水夏希 男役やりつくした」
退団後「何するにも未知の楽しみ」
20.4cm×6cmその中に6cm×4.6cm
笑顔でしゃべっているところのお写真ですね。机のお花が明るい色を添えています。

おまけで、スポーツ報知
いつもロムさせていただいているブログで、掲載を知り、また後で買いに行きました。
「9月宝塚退団 女優に転身!!水夏希」
3.4cm×13.6cm
小さな丸いスペースにお顔のお写真です。



新聞ではありませんが、演劇キック「宝塚ジャーナル」さんのブログで会見の模様が詳しく掲載されていますね。
また、読んで涙です(笑)



でも、退団イベントは今のところ予定はないのですね。スケジュールがタイトとか。
あると思いこんでいましたから、ないのは残念ですが、無理はしないで公演に集中していただきたいです。





2009/07/15(水) 21:19:03 [新聞]

はじめは年1回でしたが、この頃は年2回発行ですね。そして、200円だったのが今回は300円。

仕事帰りにコンビニで買ってきました。


表紙は、太王四神記Ver.Ⅱのれおんちゃんとねねちゃんです。
今回は、柚希 礼音 夢咲 ねね特集といった感じでしょうか。
また、宙組新トップコンビインタビューというのも見所でしょうか。

そして、速報は瀬奈じゅん退団会見速報


さて、中身は24ページから、32ページに増えた分、ちょっぴり豪華な感じがします。
印象的なところのみ続きに少々

【続きを読む】

2009/02/24(火) 20:40:46 [新聞]

2月23日の朝日の夕刊に、「ソロモンの指輪」のシネマの記事が載っていました。

見出しは

銀幕の瞳にも キュン



ファン拡大へ 手軽な料金



記事の一部引用

このデジタルシネマは、舞台をそのまま収録したライブ映像とは、まったく違う作品に仕上がっている。公演中、5台のカメラを1階客席に配置し、3回収録し編集した
(中略)
目立つのはアップの多用だ。
(中略)
さらに主演の水夏希の手だけを映し出すといった大胆なカットや群舞では脇役の下級生の細かい表情までとらえる。
(中略)
「美しいシーン、いい表情をしている人を撮っただけ。多少の制約はあったが宝塚のルールにはあまりこだわらなかった」と映画演出を担当した映画制作会社の橋本直樹代表は言う。



舞台とは全く、別物ということですね。そいういう覚悟を持って見ることにします。(劇場では見れませんが、DVDで)

西宮で上映して、評価が得られれば、東京でも上映とか。
さらには、第二弾。第三弾を制作したいとか。

ソロモンは特殊なショーなので、こういう映像にしてもきれいだろうなって思いますが、普通のショーだとどうでしょうね。あれ?もしかして、ショーに限らず、お芝居も検討されているのでしょうか?

興味深いと思ったのは、

「感心層」取り込みへの期待



年間動員数259万人を誇る宝塚には、年間20公演以上を観劇するコアファンを頂点に、中間のライトファン、さらに土台の感心層と続くピラミッド型のファン構造がある。100万~200万人ともいわれる関心層をどうファン層へ導くか。予備軍の人たちに、舞台ではなく「映画」から入ってもらおうという狙いがある。



宝塚もあらゆることにチャレンジですね。
AQUA5もそうですし。

年間20公演以上がコアファンですか・・・。
各組公演2回から3回くらい見るタイプと、贔屓組みを一気にたくさん見るタイプとか、好きな演目なら何度も見るといった人で構成されているのでしょうか。

各公演、見たり見なかったりがライトファン?


職場で、この記事が載っていたねって言ってくれた人は映画ファンの人でした。
この映画、見てくれるといいなあと思いました。

この記事のお写真は海のシーンが2枚。茶色のスーツの水さんのアップが印象的です。
そのお写真の説明がまたそのものなのです。

トップスター水夏希のアップ場面が印象的だ





2009/02/10(火) 16:38:06 [新聞]

本日発売のスポニチの宝塚特集号を、仕事帰りに買ってきました。

95周年特集号
各組トップインタビュー
安蘭けい 遠野あすかサヨナラ公演グラフ速報


これが、表紙の見出しです。お写真は轟さんと各組トップさん。轟さん以外はフィナーレの羽根を背負ったお写真です。ミズさんはマリポーサのフィナーレの赤い羽根。



またまた風邪ぎみで?頭痛のため、インフルエンザ大流行の職場なので、用心して早い目に帰ってきたのですが、帰りによったコンビににちょうど入ったばかりでした。
本日発売日なので、内容は続きに。

【続きを読む】

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。